ブライダルシャワーとは:パーティー手順・プレゼントも紹介!

記事の著者:2200275

ブライダルシャワーというイベントをご存知ですか?

このイベントはアメリカや欧米で習慣になっているもので、結婚する花嫁の前祝いパーティーのことをブライダルシャワーと呼ぶのです。

このブライダルパーティーでは、ブライズメイトと呼ばれる従姉妹や未婚の友人がメインメンバーになり、その中に男性は参加できないことが唯一の決まりごとになっています。

そんな男子禁制のブライダルパーティーについて詳しく見ていきましょう。

ブライダルシャワーをするための準備とは

ブライダルパーティーをするためにはまずどんな準備をしていけばいいのでしょうか。

手順やブライダルパーティーを楽しむためのヒントをご紹介していきましょう。

日時と場所を決めよう

まずのブライダルシャワーは新婦、もしくは新婦の一番親しい友人が取り仕切り、ブライズメイトに招待状を送ることから始まります。

しかし、中には花嫁に内緒でパーティーの企画をしておこなうブライダルパーティーもあるようで、そういったサプライズも楽しいです。

また、通常のブライダルパーティーはお昼や午後のティータイムの時間などに予定することが多く、みんなが手作りのお菓子やプレゼントを持ち寄って、友人宅か、カジュアルなレストランなどを貸し切っておこなうことが多いでしょう。

期間は結婚式の2ヶ月から1週間前までにおこなうことが多いでしょう。

テーマカラー、ドレスコード、食事などを決めよう

ブライダルシャワーといっても硬い決まりごとがあるのではなく、花嫁の好きなものをコンセプトにしたり、テーマカラーを作っておこなうことが主流になっています。

天気がいい日であれば、太陽の下でピクニック感覚でできますし、場所もガールズトークができる場所であればどこでもいいかもしれません。

ランチなどの食事を用意することもあれば、午後からティーパーティーのようにすることもあるでしょう。

みんなでおしゃべりすることがメインなので、ランチもサンドイッチなどの軽食でいいでしょう。

新婦に渡すプレゼントを用意しよう

プレゼントはこれから結婚生活を送る新婦に対して、新婚生活に使って欲しいものや、役立つものをプレゼントするのが一般的となっています。

美味しい食事を作れるようにキッチングッズだったり、いつまでも綺麗な奥さんでいられるようにスキンケアや化粧品などのものもいいでしょう。

また、大人の女性には、欠かせないセクシーなーランジェリーをプレゼントするのも盛り上がって楽しいかもしれません。

花嫁の新婚生活が楽しく素敵なものになるような、そんなプレゼントなどを用意してあげたいものです。

また、一人一人でなく、みんなで集めたお金でちょっといいものをプレゼントするのもいいかもしれません。

プレゼントを渡す風習があるのは、ご祝儀などを渡さない欧米の文化から来ているので、日本でご祝儀をあげる日本人からすると、少し金銭的に負担になるかもしれません。

そんな時はみんなで気持ち程度の金額を出し合って実用的な掃除機など、家電商品なども喜ばれること間違いなしです。

もしプレゼントがなかったとしても、気にする必要はありません。大切なのは花嫁をお祝いするという気持ちなので、無理をせずに自分たちでできるお祝いの仕方が好ましいでしょう。

まとめ

ブライダルシャワーを盛り上げるために欠かせない準備と、その楽しみ方を見ていきましたがいかがでしたでしょうか。

これから結婚して、新しい環境になるすこしナーバスな花嫁に対して、周りにいるブライズメイトの存在をより大切に思うきっかけになるでしょう。持つべきものは友達ですよね。

近々結婚する友人にブライダルパーティを企画してみてはいかがでしょうか。