不倫相手を奥さんから略奪する方法5選

記事の著者:2200275

素敵だなと思った人が既婚者だったなんていうことは、女性なら一度は経験したことがあるかもしれません。

家庭を持つ男性というのは、なんだか大人の落ち着きがあったりと素敵に見えてしまうものです。

そんな既婚男性と恋に落ちてしまうと、関係を続けていくうちに自分だけをみて欲しいという欲望が溢れるかもしれません。

今回は、そんな不倫相手を奥さんから略奪する方法を紹介します。

不倫相手を略奪する方法

既婚男性が不倫をしてしまうきっかけとして、奥さんを女性としてみられなくなってしまったり、気持ちが冷めてしまったりなんてこともあるでしょう。

妊娠、出産を経験すると、母として意識が変わってしまう女性も多くいるのに対して、男性側は幾つになっても女性として相手を見ていたかったり、自分だけを見て欲しいという願望があるようです。

では、既婚男性が今の家庭を捨てて不倫相手を選ぶ決めてというのはどんなことなのでしょうか。ここでは5つの方法をみていきます。

相手にとって癒しの存在になる

もし体の関係から始まったとしても、一緒にいることで心が癒されていくと、体だけの関係だけでなく心も相手に持っていかれます。

仕事で疲れていても、奥さんでなく不倫相手に会いたいと思わせるようにしましょう。

ただ相手のためになんでもしてあげるということではなく、男性が一緒にいるだけで幸せだと感じられる関係を意識させることが重要です。

もし奥さんの愚痴などをいう男性であれば、それと反対のことをしてみましょう。

焦って相手を責めない

いくら不倫相手に離婚して一緒になって欲しいと思っていても、それを急かしてしまうようであれば、そのままの関係以上の進展は難しいかもしれません。

自分が一番にならないことを理解していたとしても、だんだんと欲が出てきて、彼に対してわがままになってしまうこともあるでしょう。

しかし、離婚を考えていたとしても、そのタイミングや手続きなど、そう簡単には進展しません。自分本意になって不倫相手に当たってしまうことなどはタブーなので、辛いかもしれませんが、相手を信じて待つことに専念しましょう。

都合のいい女にならない

男性が会いたいと思ったり、時間が取れた時にだけ会える不倫相手は、ただの都合のいい女性です。

好きな人に会いたいからといって全てに従っていると、体の関係のみで終わってしまったりと、ひと時の関係性で終わってしまうでしょう。

不倫といっても女性は弱い立場ではなく、男性と対等にいることで二人の未来が想像しやすくなります。

略奪しても都合のいい女のままでいれば、男性はいずれまた違う女性に目が向いてしまうでしょう。

今の家庭を壊してまで一緒にいたいと思わせるためには、よっぽど不倫相手に対して体だけでなく、心も許していないとそこまでのリスクを追おうとは思わないはずです。

毎回会うたびに体の関係で終わらせるのではなく、違うことをしたり、どこかに出かけたりなどと、一緒にいることを大切にすることで二人の関係性も強くなるでしょう。

自立した女性になる

「彼女は俺が守ってやらないと」と思わせることも大切ですが、男性は頼られることだけでなく、甘えられることも相手を選ぶ重要なポイントでもあります。

専業主婦の奥さんでは理解してくれない仕事の悩みなどを理解してくれる女性に惹かれることもあるのです。

まとめ

今回は、不倫相手を奥さんから略奪する方法を紹介しました。

不倫男性が離婚をするということは、簡単な決断ではないかもしれません。しかし、結婚しているからといって一生相手と添い遂げなければならないというわけではないのです。

もし今の関係性を終わらせて彼を自分だけを見て欲しいのであれば、ぜひ意識してみてはいかがでしょうか。