男が考える巨根はどこから?ただ大きいだけでは意味がない!

記事の著者:2014893

男性はペニスの大きさが自信の大きさにもつながりますが、実際はどこからが「巨根」と呼ばれているのでしょうか。巨根になりたいと思う男性は少なくありません。しかし、その概念は人によって違うので、巨根と一言で言っても様々です。

今回は、男性が考える巨根とはどこから?、ということに関してまとめました。巨根の概念を統一させることで、自分のペニスの大きさや自信などについても考えることができるはずです。ぜひ参考にしてください。

巨根はどこから?

何センチから巨根?

まず、コンドームやアダルトグッズを販売している会社が計算・調査した方法では、大体日本人の平均の長さは13センチ前後であることが分かります。

大体175センチの男性を対象として計算していますので、通常の身長よりやや大きめと言えます。女性からしてみると、ペニスの理想の大きさは15センチになっていますから、少なくとも13~15センチ以上である必要があります。

そのため、男性から見ても女性の意見は無視できませんから、15センチ以上で太いペニスが巨根といえます。

AV男優のペニスの平均は16センチですから、AVを参考にしていると巨根を判断しやすいでしょう。このことを踏まえて、自分のペニスは何センチなのか測ってみると良いでしょう。

ペニスの測り方

実際にペニスの長さを測るには、勃起した状態にしなければなりません。通常のサイズのペニスを測っても意味はありません。まずは最大の興奮状態に整え、定規で測っていきましょう。

恥骨に押し当てるようにして測るとしっかりと測ることができます。

この方法で行えば、自分のペニスが何センチであるかを確認することができます。実際に測ってみた時、自分のペニスが平均以下であれば落ち込みますが、13センチ程度であれば落ち込む必要はありません。

充分女性を満足させることができる大きさです。逆に15センチ以上で会った場合は、自分に自信を持っていいでしょう。しかし、大きさだけがすべてではありません。

大きいペニスを女性に受け入れてもらえるよう、ほかのテクニックも学んでおきましょう。

巨根になるためには

巨根にあこがれている男性の中には、ペニスを増強するトレーニングを行っている人もいます。マッサージや日々の習慣、トレーニングによって、今よりもペニスを大きくすることができます。

ペニスをあと数ミリ、数センチ大きくしたい人は、トレーニングやマッサージを重点的に行っていくと良いでしょう。

器具や手術に頼らず、マッサージで大きくすれば痛みも伴わず安全に取り組めます。マッサージを毎日行う事で、ペニス周りの皮膚が柔らかくなり、勃起する際に滑らかに大きくなることが可能になります。

日々勃起のトレーニングと合わせて行っておきましょう。巨根になるためには、この方法が一番ベストと言えます。薬や手術に頼る方法もありますが、危険ですのであまりお勧めはできません。

あくまでも自然な方法で巨根になれるよう、日々の習慣から変えていきましょう。

大きいだけでは女性にもてない

ペニスが大きいことが男性にとってステータスの1つです。しかし、ただ大きいだけでは女性には魅力的には映りません。ペニスの大きさだけでなく、前戯やセックスのテクニックが高くなければ、いくらペニスが大きく手も意味がないのです。

大きいだけのペニスは挿入しても痛いだけです。そのため、痛くならないよう前戯などで女性をリラックスさせる必要があります。女性を満足させ、大きさで魅了するためにも、そういった細かな心遣いを磨いておきましょう。

そうすることで、心身ともに満足するセックスができ、さらに自分のペニスに自信を持つことができます。