面識を深める方法:ビジネスでも恋愛でも使えるコツを紹介!

記事の著者:1437315

人との関係をどう深めていけばいいのか、これはビジネスの世界でも恋愛の世界でも大きなテーマとなります。もともと人と仲良くなるのが得意という人もいますが、距離を縮めるのが苦手で悩んでいる人も数多くいることでしょう。

良い関係を作って次の仕事に繋げたい、仲良くなって彼女をデートに誘いたいといった目標を達成するためには、まず面識を深めることが重要です。面識の浅い状態で目標達成に挑むのは困難であり、面識を深めることを最初のゴールに設定すべきでしょう。

改めて考えると面識を深めるのは難しく思えてきますが、コツも存在します。今回は面識を深める方法を紹介します。

名前を覚えて関係を深める

関係のスタートはまず初対面からです。そこから名前や職業などお互いのプロフィールを交換し、そこから関係を深めていくことになります。

まずは名前をきっちりと覚えていくことから始めましょう。名前を覚えるのが苦手という人もいると思いますが、簡単に名前を覚える方法があります。

口に出すべきではないですが、自分の頭の中で相手の名前と見た目の特徴をセットで覚えてしまうのも有効な手です。

長身の佐々木さん、赤い眼鏡をかけている中山さんなど、名前だけで覚えようとせずに特徴も含めれば覚えやすくなるでしょう。

話しかける時は名前を呼びかける

会社や学校で顔を合わせた時、人は「おはようございます」など簡単な挨拶だけで済ましてしまいます。しかし、これでは肝心な時に名前が出てこないかもしれません。

名前を覚えるためにも、挨拶の前に相手の名前を呼ぶのが有効です。また名前を呼ばれると、相手も自分のことを認知してくれていることが分かって嬉しいものです。名前を呼ばれて嫌な気分になる人は少ないでしょう。

話を広げる方法

次なるポイントは会話の広げ方です。挨拶することはできても、会話を広げるのは苦手という人は多いでしょう。

挨拶を交わすだけでは関係を深めることは難しく、相手の趣味や好みを理解することもできません。

関係を深めるためには会話の中から相手の情報を巧みに引き出していく必要があります。

事前に会話のシミュレーションをしておく

これはビジネスでもプライベートでも重要なことです。今話題のニュースや、相手の年齢層が喜びそうな話題など、事前に会話の内容を準備してシミュレーションしておきましょう。

相手がどう返答してくるかを予想し、それに合わせた切り返し方まで想定しておくのも良いです。

3つほどパターンを用意しておけば、その会話だけで相手のハートを掴むことが可能となります。

YesかNoで答えられる質問は避ける

これは会話だけでなくメールのやり取りでも同じです。はい、いいえで返されるような質問では会話がすぐに途切れてしまいます。

「昨日のあのテレビ番組見ましたか?」の質問も、「いいえ。見ていません」と返されると会話が終わってしまいます。それよりは幅を広げて「好きなテレビ番組は何ですか?」と聞いた方が、相手も答えやすくなるでしょう。

大切なのは何を話すかではなく、どれだけスムーズに話すかです。相手が話しやすいような話題を振ってあげることを意識すべきでしょう。

相手を知るためには話を聞くこと

人と関係を深める際には自分のことばかり話しがちですが、それよりも相手の話を聞くことの方が大切です。

自分の情報を詰め込もうとするのではなく、相手から情報を引き出すような会話を心がければ自然と関係を深めることができます。

話しやすい人だと認識してもらえれば、今度は相手の方から話しかけてくれるはずです。

自分を知ってもらうのではなく、まず相手を知ることを意識して会話するといいでしょう。

まずは仲良くなることを目標に

ビジネス、恋愛の両方に言えることですが、人は明確なゴールを持って相手に近づきます。しかし、ゴールを意識しすぎるのは禁物です。

ビジネスの場合は次の仕事に繋げる、恋愛の場合は食事に誘うなど、会話の先にゴールを見ている人がほとんどです。ただし、面識の浅い相手に誘われると人は拒否反応を示す傾向にあります。

ゴールばかり意識すると会話が進まないものですが、まずは面識を深めることを目標にしてコミュニケーションを取ればリラックスして会話を進めることができるでしょう。