長野県民の県民性&あるある:恋愛は落ち着いていて真面目な傾向にあるみたい!

記事の著者:1437315

都道府県の面積ランキングで4位に入る長野県は、自然に囲まれた雄大なイメージを持っている人も多いでしょう。

長野県民でもよく分からない地域があると言われるほどの広さですから、地域ごとに県民性が異なるのも長野の特徴なのです。

また広大ゆえか、色々と面白いあるあるが存在するのも長野の特徴です。全体的に真面目な県民性のため、ルールに従うのが苦手な人にとっては少し窮屈に感じるかもしれません。

今回はそんな長野県民の県民性を見ていきましょう。

長野県民の特徴

長野県民は真面目で論理的な性格の人が多い傾向にあります。

そんな長野県民の県民性を掘り下げて見ていきましょう。

真面目で冗談が通じない

仕事もプライベートも真面目にこなす人が多い長野県民は、ジョークが通じない人が多いとも言われます。理屈っぽい人が多く、真剣な議論を重ねるのが好きであるようです。

長野出身の有名人を見ても、あらゆるニュースに精通している池上彰さんや、手相の鑑定で有名になった島田秀平さんなど、理屈っぽい人が目立ちます。

有名なアニメーション作家・映画監督の新海誠監督の出身地でもあり、頭のいい人が多い印象です。

生活が規則正しい

ここにも真面目さが表れています。金銭感覚もしっかりしていると言われる長野県民は、決まった日常を過ごす人が多いようです。

規則正しい生活を送る人が多いこともあってか、長寿ランキングでも1位になっています。

勢い任せのお笑いを嫌がる人も多く、酒の席で闇雲に騒ぐことも少ないのでしょう。常に落ち着いて安定した毎日を送るのが長野県民の特徴です。

長野県民の恋愛傾向

そんな落ち着きのある長野県民の恋愛傾向はどのようなものなのでしょうか。

真面目すぎて優柔不断

恋愛、ましてや結婚ともなれば真面目な長野県民は大いに悩みます。特に男性はこの女性で間違いないかと自問自答を繰り返すようで、優柔不断と取られるところがあります。

結婚してしまうと家庭を守ろうと良きパパになる男性が多いようですが、時間をかけすぎて晩婚化になる傾向があります。女性は辛抱強く待つ必要がありそうです。

女性は落ち着きがあって家庭的

そんな優柔不断な男性に合っているのか、長野の女性は出しゃばらず落ち着いた人が多いと言われています。決断の遅い男性に腹を立てているようでは長野の女性は務まらないのかもしれません。

ただし真面目なところは女性も同じで、結婚後の家庭をイメージして男性を冷静に選ぶ傾向があります。

特に経済力は重要で、意外に判断はシビアです。一途な男性を好むため、女好きの男性は敬遠されることでしょう。

長野のあるある

最後に長野県民なら共感してしまうあるあるネタを紹介します。

イナゴや蜂の子を食べる

県外の人は思わず顔をしかめるかもしれませんが、長野県民の中には酒の肴にイナゴや蜂の子を食す人もいるようです。長野県民に認めてもらうには、チャレンジ精神で食べてみる必要があるでしょう。

ゴミ袋に名前を書く

これも真面目でルールを守る長野県民らしいものです。ゴミ出しの日を間違えたり、分別できていなかった場合は犯人が誰かすぐに分かるようになっています。

ルールを守るのが苦手という人にとっては苦痛な習慣でしょう。

方言が独特

一般的には食後は「ごちそうさまでした」と言うものですが、長野の一部の地域では「いただきました」で食事を終える人も多いです。

「する、しない」を多用するのも特徴的です。「今日遊びに行くしない?」は、今日遊びに行かないかとの意味で、初めて聞いた人は少し混乱するかもしれません。

長野県と他府県の相性

真面目で堅物とのイメージのある長野にとって、最大の敵は笑いにこだわる人たちです。相性が悪い地域としては大阪府が挙げられており、とにかく笑いで攻めてくるのが肌に合わないのでしょう。

相性が良いのは山梨や富山で、落ち着いた県民性の人と合います。

理屈っぽく賢い人が多い長野県民

時に優柔不断と思えるかもしれませんが、それは物事を深く考えている証でもあります。長野の男性とは落ち着いた家庭を築ける可能性が高そうです。

ルールも厳しく、信頼できる人が多い県民性と言えるでしょう。

マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」で素敵な出会いを見つける!※無料登録