富山県民の県民性&あるある:現実主義な恋愛傾向で堅実な男性が多い!

記事の著者:1437315

「富山県ってどこにあるの?」なんて聞かれることもあり、地図のどこに富山があるのか分からない日本人も多いと言われるほど地味なイメージが富山県にはあります。

そんな富山県民の県民性も真面目で勤勉、地味なところがあるようです。しかし男女ともに真面目だからこそ抜群の安定感があり、そこが富山県民の魅力となっています。

また昔から続く独特な文化もあり、面白いあるあるが複数存在するのも富山県の特徴なのです。今回はそんな富山県民の県民性を見ていきましょう。

富山県民の特徴

富山県民の県民性は真面目であり、現実味のないことを好まない傾向にあると言われています。

そんな富山県民の特徴を詳しくチェックしていきましょう。

真面目で勤勉な人が多い

富山県民は堅実な人が多く、男女ともに派手な人が少ないようです。落ち着いた雰囲気の人が多いので、安定感があるとも言えるでしょう。

また現実的な人が多いようで、時には現実主義すぎて退屈と思われてしまうことまであるようです。

無駄な手順は大嫌い

富山県ではマイホームを建てることが一人前の証との考えが根付いており、マイホームを建てるためにコツコツと計画的に貯蓄していくのも富山県民の特徴です。

さらにその目標に向かって効率よく物事を進めていこうとするため、時間の無駄になることを嫌います。明確な結果に繋がるかどうかが大切なのです。

富山県民の恋愛傾向

そんな現実主義な富山県民はどのような恋愛をするのでしょうか。

富山の男は読みづらい

仕事にも真面目で勤勉な富山県民は、堅実な恋愛相手を求める女性にはぴったりと言えるでしょう。しかし、富山の男性は人のことをよく観察する思慮深いところがあると言われています。

そのため何を考えているのか読みづらく、女性からしたらとっつきにくい部分もあるようです。また現実的な男性が多いため、無駄な付き合いはしません。遊びのような中途半端な恋愛をすることは少ないと言えるでしょう。

ロマンチックな恋愛を求めない

女性は誰だってロマンチックな展開が大好きと思ったら大間違いです。富山県民は女性も堅実で現実的な人が多く、男性の考えは地に足がついているかをチェックする傾向があります。

また結婚してからも共働きするのが当たり前と考えている人が多く、金銭感覚も男女ともに安定しています。離婚率が日本トップクラスで低いのが特徴的で、安定した家庭を築ける人が多いようです。

富山のあるある

そんな堅実な富山県民のあるあるネタを紹介します。

置き薬の文化がある

現代では体調を崩してから病院に行って薬を処方してもらうのが一般的ですが、富山には置き薬の文化が残っているところもあります。

定期的に薬売りが家庭を訪問し、体調に合ったお薬を出してくれます。体調が少しでもおかしいと感じた時、家にいつでも薬があるのは心強いでしょう。

弁当は忘れても傘は忘れるな

雨が多いとされる富山では、傘を忘れては一大事です。そのため弁当は忘れても傘は忘れるなとの言葉があるようで、常に雨の備えは忘れません。

派手な格好の人が少ない

富山は男女ともに流行を追わない人が多いと言われており、あまりに奇抜で派手な服装をして歩いているとすぐに浮いてしまいます。服装も地味な人が多いようです。

そのためか若者は県外に強い憧れを抱いている人が多く、進学のために富山を出てしまう人もいるようです。お洒落を楽しむなら富山を出てからということでしょうか。

富山県と他府県の相性

雪国繋がりということもあるのか、新潟県民と話が合うと言われています。

一方で派手な生活をしているイメージがある東京都民や、雑なイメージがある大阪府民とは相容れないところもあるようです。

また、埼玉県民に対して、東京に近いというだけで大物感を出しているのは許せないと考える富山県民もいます。

現実主義で信頼できる人が多いのが富山県民

現実主義で無駄を省く富山県民の性格は時に退屈かもしれませんが、マイホームの目標へ向けてコツコツと努力する富山県民は信頼できる人が多いのです。

結婚をするなら安定感のある富山県民がいいかもしれません。

マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」で素敵な出会いを見つける!※無料登録