鹿児島県民の県民性&あるある:恋愛傾向は女性が優しく男性は浮気性!

記事の著者:1437315

大河ドラマ「西郷どん」の影響もあって、鹿児島は今注目されている県の1つです。西郷隆盛からは厳格さが感じられますが、鹿児島県民の県民性も同じく大胆で豪快なところがあります。

また、プロ野球選手の福留孝介さん、プロサッカー選手の大迫勇也さん、歌手の長渕剛さんなど、無駄口を叩かず自分の仕事をきっちりする有名人が多く輩出されているのも特徴的です。

やや古臭い考えの持ち主も多い傾向にあるようですが、今回はそんな鹿児島の県民性を見ていきましょう。

鹿児島県民の特徴

鹿児島県民はサバサバしていてマイペースである傾向にありますが、上下関係が厳しいという側面もあるようです。

そんな鹿児島県民の県民性は一体どのようなものなのでしょうか。

大胆で細かいことは気にしない

鹿児島県民は仕事もプライベートも大胆で豪快です。いいことばかりではないですが、細かいことまで気にせず適当に流せてしまいます。

仕事でもマイペースなところは変わらず、出世のために仕事一筋といった考えの人は少ないようです。流れに身を任せて思い切り人生を謳歌するのが鹿児島県民の生き方なのでしょう。

保守的で上下関係が厳しい

今でも亭主関白の男性が多いと言われているように、鹿児島の人は昔気質な部分があります。新しい考え方を取り入れることはあまり好まず、上下関係も厳しいままなのだとか。

また男性は寡黙な人が多いため、不愛想との印象を持たれてしまうことも少なくありません。鹿児島県民は優しい県民性ですが、それを表に出すことはあまり得意ではないのです。

マイペースすぎて協調性に欠ける

細かいことは気にせず大胆に過ごす鹿児島県民は、ビジネスの世界でもその姿勢が変わりません。マイペースすぎると集団の中で浮いてしまうことがあり、我が道を突き進みます。

鹿児島県民の恋愛傾向

そんなマイペースな鹿児島県民の恋愛傾向について詳しく見ていきましょう。

恋愛はストレートだけど浮気性

鹿児島の男性は熱しやすい性格で、恋愛に関してはストレートに思いを伝えるようです。

しかし亭主関白の人が多く、男女の関係は男性がリードするものと考えられています。そのため浮気をする男性も多く、そのことを女性が咎めるのはご法度のようです。

女性は優しくて気立てがいい

そんな鹿児島県民を上手にサポートするのが鹿児島の女性で、「薩摩おごじょ」と呼ばれるように優しく気立てがいいのが特徴です。

真面目で芯が強く、恋愛に関しては受け身で男性を立ててくれます。鹿児島男児にはぴったりと言えるでしょう。

鹿児島のあるある

鹿児島県民なら「あるある!」と思ってしまうようなネタを集めました。

西郷隆盛のイメージが強すぎる

西郷隆盛といえば方言の強い鹿児島独特の話し方が特徴的です。

そのため日本人の中には今でも鹿児島の人が「おいどん」や「ごわす」を日常的に使っていると考えている人がいます。しかしこれは少し鹿児島県民にとっては迷惑なようです。

他人の冷蔵庫は自分のもの

田舎では近所の人たちとかなり深い絆で結ばれていることが多く、鍵を閉めないところもあるようです。そのため主人が留守の際には家に入ってくつろいでいたり、冷蔵庫の中の物を少し頂戴したりなんてこともあるとか。

冬は意外に寒い

鹿児島を沖縄と同じような気候と考えている人も多いですが、鹿児島の冬は雪が降ることもあって寒いです。南国のイメージで冬の鹿児島を訪れる人は注意した方がいいでしょう。

鹿児島県と他府県の相性

やや昔気質なところがある鹿児島県民は、クールに物事を片付ける神奈川県民や愛知県民とは相性が悪いと言われています。

また福岡に次ぐ九州2番目の県であることにプライドを持っているようで、福岡のことを密かにライバル視しています。鹿児島県民の前で福岡との比較は避けた方が無難でしょう。

相性のいい県としてはお酒好きで知られる高知とは良い関係を結べるようです。

寡黙で隠れた優しさを持つ昔気質な鹿児島県民

口数が少なく勘違いされやすいところもありますが、芯の強さと優しさを併せ持っているのが鹿児島県民の魅力です。

じっくり付き合っていけば良い関係を結べることでしょう。

マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」で素敵な出会いを見つける!※無料登録