非言語コミュニケーションのメリット・デメリットを紹介!

記事の著者:1437315

非言語コミュニケーションとはノンバーバルコミュニケーションとも言い、言葉以外で相手に情報を伝えるコミュニケーションのことを指します。

非言語コミュニケーションには多くの種類があり、それを意識して行動することで相手に特別な印象を与えることが可能です。

表情や視線、身振りを交えることで相手により正確な情報を伝えることができます。

今回は非言語コミュニケーションのメリット、デメリットについて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

非言語コミュニケーションの割合

人は言葉でやり取りする生き物ですが、意外と言葉から伝わる情報量は多くありません。表情や声のトーン、相手の服装や香りなど非言語の部分から多くの情報を自然と読み取っているのです。

割合にすると対人コミュニケーションにおいて言語コミュニケーションは35%、非言語コミュニケーションは65%と言われています。非言語コミュニケーションからの方が多く情報が伝わっているのです。

例えば、派手な服装にサングラスをかけた大柄な男性に肩を組まれ、低い声で「仲良くしよう」と言われると恐怖を感じるのではないでしょうか。

言葉そのものは仲良くしようと優しいものですが、相手の見た目や声のトーンによっては恐怖を感じてしまいます。

人に悩みを聞いてもらっている時も、テレビを見ながら相槌を打たれるより、こちらの方を見て頷いてくれる方が真剣に聞いてくれているとの印象を受けるはずです。

これも視線の非言語コミュニケーションで、人は普段からこうした些細な動きから言葉以上の情報を読み取っています。

非言語コミュニケーションのメリット

これまで紹介したように、非言語コミュニケーションを上手く使うことで相手に言葉だけでは伝えられない特別な印象を与えることが可能となります。意識的に非言語コミュニケーションを取り入れることで得られるメリットも数多くあるのです。

信頼関係を深めることができる

非言語コミュニケーションの中でも最も重要なのは笑顔です。自分のことを話す時も、相手の話を聞く時も無表情だと恐怖感を与えてしまいます。

笑顔で相手の目を見て話したり、笑顔で相手の話に頷くことで楽しんでいるとの印象を相手に与えることが可能です。相手も自然と心を開いてくれるようになるでしょう。

初対面で好印象を与えられる

表情、声のトーンなども非言語コミュニケーションですが、それ以外にも匂いや身だしなみも有効な非言語コミュニケーションとなります。特に匂いは相手に強烈な印象を与えることが可能です。

良い香りがする人からは清潔感や優しさなどを感じ取ることができます。男性の中には女性らしい甘い香水の匂いから「優しそうな女性だ」との印象を感じた人も多いはずです。

一方で女性も男性の爽やかな香水から清潔さを感じ取ったことがあるでしょう。身だしなみは視覚に、匂いは相手の嗅覚に訴えかける重要な非言語コミュニケーションツールとなります。

非言語コミュニケーションのデメリット

ここまで聞くと非言語コミュニケーションは良いことばかりのように感じますが、使い方を間違えると相手の怒りを買ってしまう可能性もあります。大切なのは、状況に合わせた非言語コミュニケーションの使い分けです。

相手に間違った喜怒哀楽を伝えてしまう可能性

楽しい話題の時はいいですが、相手が怒っている時や悲しい場で笑顔を作るのは問題です。

表情は相手に伝わりやすい非言語コミュニケーションのひとつで、表情だけで相手に勘違いされてしまうこともあります。悪気がなかったとしても、表情は余計な誤解を招きかねません。

表情だけでなく、声のトーンも重要です。相手から何かお願いされた時、小さな声で返事をすると、やる気がないと判断されて相手に怒られることもあります。こうした誤解を経験した人も多いでしょう。

それほど声のトーンは相手に伝える印象が大きくなります。表情と同じく相手に間違った喜怒哀楽の印象を与える危険があるため、状況に合わせた対応が重要です。

非言語コミュニケーションを意識して円滑な関係を築こう

非言語コミュニケーションの重要性を理解すれば、相手により良い印象を与えることが可能となります。笑顔を意識的に作ったり、相手の目を見て話すように心がけることで人との関係が良い方向に変わるはずです。

また、非言語コミュニケーションのリスクも頭に入れておけば余計な誤解を招きづらくなります。口に出さなくとも、相手に印象を与えてしまうこともあるのです。

言葉だけでなく、非言語コミュニケーションを意識することでスムーズにコミュニケーションを築くことができるでしょう。