無気力彼氏の原因と対処法:心身ともに疲れているのかも

記事の著者:2200275

何を話しても、デートに誘ってもなんだか無気力な彼氏にイライラしたことはありませんか?

もしかしたら、その無気力は何か理由があるのかもしれません。

今回は、そんな無気力彼氏の原因とその対処法を見ていきましょう。

彼氏が無気力の原因とは?

彼氏の無気力の原因の1つに、今まで大きな挫折を味わってこなかった人が初めて味わう挫折がきっかけになることがあるでしょう。

小さい頃から何度も転んだことのある人は、起き上がり方が上手になり、段々と転ばないようにバランスをとって、歩けるようになります。

しかし、転んだことのない人は起き上がるということを知らないので、どうしていいか分からずにしばらくそのままでいるのです。

これと同じように、大人になっても挫折を味わったことのない人は、挫折から立ち直る方法が分からずに、無気力状態が長い間続いてしまいます。

無気力彼氏の対処法とは?

無気力の原因は精神的なことだけでなく、体力的なこととも関係があります。

例えば、目標に掲げて頑張ってきたプロジェクトが終わって、力尽きてしまい、新しい生きがいを見つけることができなくなってしまった。

また自分を追い詰めて心身ともに疲れ切ってしまったなど、様々な理由があるでしょう。

そんなときは、崩れていた生活を元に戻すことが大切です。しっかり睡眠をとって、栄養のある食事を摂る。当たり前のことこそ、心身ともに健康でいられる秘訣なのです。

ほっといてみる

周りが何をさせようとしても、本人がやる気にならなければ何も始まりません。

もし、相手がイライラしていたり、デートにドタキャンしてきたりするようなことがあれば、相手を責めるのは逆効果になってしまいます。

そんなときは放って置いてみてはどうでしょうか。

1人になりたいのであれば放置してみるのもよし。メールの返信がなければ、必要なときは返信不要のメッセージを送るなど、相手にプレッシャーを与えないようにしてみましょう。

その他の対処法

また、人によってはハグなどのスキンシップで安心感生まれたり、癒される人もいます。

何も話したくないけれど、1人でいるのは嫌な人も近くに誰かがいるだけで心が休まることもあるので、なにも言わずにぎゅっとハグしてみましょう。

また、運動して無気力状態を脱することもできます。この場合も、相手に無理にやらせようとせずに、本人が少し興味を示し始めてから行うようにしてくださいね。

あまりにも彼の無気力が長引く場合

もし、彼氏の無気力の症状があまりにと長引いてしまう場合、もしかしたら「無気力症候群」かもしれません。

無気力症候群の症状は若い男性になりやすく、性格は完璧主義で挫折経験がなく、今まで自分の理想通りに生活して来た人に多く見られる症状です。

そのため、1度挫折で大きなダメージを受けることで、なかなか立ち直ることができなくなり、無気力症候群になってしまうケースもあるのです。

女性より男性に多いのは、男性の方が生活の中で、競走意識を植え付けられる環境が多くあるためだと言われています。

無気力症候群は、仕事や学業対して興味ややる気が起きなくなってしまう症状で、その他に大きな症状がなく、それ以外に大きな症状が見られないのが特徴です。

そのため、ただ自分に甘えてるだけなどと勘違いされてしまうことがあり、余計に本人を苦しめてしまうこともあるので注意が必要です。

もし、無気力状態が長引いている場合、きっかけの1つとして病院を受診させてみるのもいいでしょう。

まとめ

無気力な彼氏の原因と対処法を見ていきました。誰にだって無気力になってしまうことはあります。

無気力な相手に対して何をさせようとしても、効果はなく、仕事で疲れているときはとにかくゆっくり時間をかけて休ませてあげることが、回復のきっかけになる可能性が高いです。

急かさずに相手のペースに合わせてみてはいかがでしょう。