アイコンタクトの恋愛における意味とは?相手の心をつかむ方法!

記事の著者:2200275

ふとした時に誰かに見られてる感じがして、ふと振り返ると知らない異性と目が合い、相手がニコッと笑顔になったとします。

そんな時にあなたは、どのように思いますか?

たまたま目が合ったからと何も感じないこともあれば、「目が合ったってことは、私のことを見つめていたんじゃないか」と意識し始めるのか、どちらも可能性として考えられますよね。

ここでは「アイコンタクト」が恋愛とどんな関わりがあるのか。また「アイコンタクト」を活用した、恋愛に発展させるヒントをみていきましょう。

アイコンタクトは恋愛と大きく関係している?

好きな人や、憧れの人に対して「熱い視線を送る」なんていう言葉がある通り、目線というのはその人のことを強く印象付けることができます。

アメリカの心理学者が唱えた「メラビアンの法則」によれば、コミュニケーションを通して受ける相手の印象の5割以上が視覚による情報だと言われています。

それだけアイコンタクトとは、相手との関係を親密にするコミュニケーションツールなのです。

そして、視覚から恋愛が始まるものといえば「一目惚れ」ではないでしょうか。

初対面で相手のことを何も知らないのに、一目あって「この人が運命の相手だ!」とビビッとインスピレーションが湧くこともあります。

恋人同士が何も言わずとも相手の目を見てわかるのは、アイコンタクトができている証拠なのでしょう。

アイコンタクトで気になる相手の心をつかむ方法

アイコンタクトを利用して気になる異性に、一目惚れに似た疑似恋愛体験をさせることができるのを知っていますか?その2つの方法をみていきましょう。

自分の印象を残すアイコンタクト

自分を印象付けるためには気になる相手と「5秒以上見つめ合うこと」が効果的です。それはどんなシチュエーションでも構いません。

話している最中でも、どんな時でも目をそらさずに5秒以上相手の顔をまっすぐ見ることによって、相手は自分のことに興味があると思う心理が働くのです。

人間の心理として興味のないものを、5秒以上意識して見つめることって、普通に考えていないですよね。

そうすると見つめられた相手は、今まで興味がなかった相手だとしても、段々相手のことが気になってくるようになります。

何も話をした訳でもないのに、見つめ合っただけで、お互いが意識するようになるなんて不思議に思うかもしれませんが、人間の心理としてあり得てしまうのが驚きですね。

しかし、5秒以上見つめ続けるというのは、なかなか勇気がいることです。もしかしたら、なんで私のことを見ているんだろうと不自然に感じるられるかもしれません。

もし、気になる異性に対してアプローチができずにいるのであれば、アイコンタクトで敢えて意識させるという方法もあります。

しかし、その後にどんな印象に変わるのかは、あなたの頑張り次第でしょう。

相手にその気にさせるアイコンタクト

相手に自分のことを意識させるアイコンタクトは、気になる異性をじっと目で追います。相手もふと自分のことを見ていると感じ、こちらを向くタイミングで目線を外すのです。

そんな行動を繰り返していれば、見られている相手はだんだんと意識し始めます。

実際に目が合っている訳ではないので、気持ち悪いと言われるリスクは少ないかもしれませんが、あまりにも相手を追っている目が恐ければ、ストーカーだと勘違いされる可能性があるので、目線は穏やかにしましょう。

まとめ

アイコンタクトの恋愛における心理や、その効果を見ていきましたがいかがでしたでしょうか。

「目で物を言う」というように、アイコンタクトは相手に何かしらの気持ちを送る、重要なサインです。

もし、自分のことをよく見ている人がいれば、何かのサインを送られているかもしれません。