デートにおける会計のタイミング問題:女性はどう振る舞うべき?

記事の著者:2200275

男性とデートで食事に行って、ご馳走してもらうのを当たり前に感じている女性はいませんか?

そんな女性に対して、何も言わなくても男性は、心の中で残念に思っている可能性がとても高いです。

もし恋愛に発展しそうな恋人未満の男性の場合、そんな女性に対してはそれ以上関係を深めるのも辞めてしまうこともあります。それだけ未来が変わってしまう可能性さえあるほど、デートの会計問題は男性にとってとても大切なことです。

しかし、どのタイミングでどのように振舞うのが、好印象なのか分かりませんよね。

それでは知っているようで意外とできていない、デートにおける会計の正しいタイミングや振る舞い方をみていきましょう。

素敵な男性の会計での振る舞い方とは

ここでいう「素敵な男性」とは食事を奢ってくれる男性のことではありません。会計の仕方の振る舞い方が「素敵な男性」のことです。

男性のスマートな会計の仕方は女性がお手洗いなどで席を立った際に会計を済ませておくことが素敵な男性ならではの対応でしょう。

中にはわざわざ「自分が払ってやった」と言わんばかりに、目の前で会計を済ませようとする男性もいますが、女性から見れば器の小さい人と思われてしまい、せっかく奢って貰ったのにあまりいいイメージが残りません。

席で会計が済ませるレストランなどでの会計では、スマートに支払いをしてくれる男性に女性がドキッとさせられてしまうものです。

気になる男性や彼氏にはジェントルマンでいてほしいものですよね。

女性が知っておきたい会計での振る舞い方

最初から男性側にご馳走する気はあったとしても、女性の振る舞い方ひとつで気持ちが冷めてしまったり、相手への印象を変えてしまうこともあります。

ではデートでご馳走してもらう時、女性はどんな振る舞いをすればいいのでしょうか。

笑顔で「ご馳走さまでした」とお礼をする

奢って貰った人に「ご馳走さまでした」と笑顔で伝えられる女性は、また食事に誘いたいと思わせます。

この言葉が言えない人が以外と多く、慣れてしまうと奢ってもらうのが当たり前になってしまうのです。

コーヒー一杯でも高級レストランの食事でも、同じように「ご馳走さまでした」と言える女性は間違いなくモテるでしょう。

財布は手に持って用意しておく

男性が払ってくれるといっても会計時に財布を手に持っていないのはあまりいい印象をもたれません。

それが彼氏ならまだしも、恋愛に発展する前の相手や仕事上の関係ならば、なおさら財布は手に持っていたほうがいいでしょう。

小銭が出せるようにしておく

男性が出してくれたとしても、いつでも足りない分は出しますという気持ちをもっているくらいがベストです。

現金で払ったときに小銭がない場合など、「ちょっと小銭持ってる?」と聞かれてから財布を出すようでは、奢ってもらう男性に「払ってもらって当然なのか」と幻滅されてしまうこともあるでしょう。

2軒目やカフェなどでは率先して支払う

食事を出してもらってその後、カフェやバーなど2軒目の場所に行ったときに「さっきごちそうして貰ったので、ここは私に払わせてね」などと、率先して支払いを済ませてもいいでしょう。

女性の場合、男性に払ってもらうのが当たり前に感じている女性も多いかもしれません。

しかし、すべての男性がそのタイプだとは限りません。もし払ってくれるスマートな男性でも当たり前のように思っている女性にはいい印象を持たず、次回誘われることはないかもしれないので注意しましょう。

まとめ

デートにおける会計のタイミングと、女性が知っておきたい振る舞い方をみていきました。

男性側は女性に気を使わせないようにさらりと会計を済ませるのが好ましいですし、女性は、奢られるのが当然という態度をみせないことが良い印象を残せる対応です。

ちょっとした仕草でこそ男性は意外と見ているので、もし気になる男性と食事に行く際は、意識してみてはいかがでしょうか。