変な癖をなおす5つのコツ:代わりの習慣を見つけて断ち切ろう

記事の著者:2200275

自分では無意識のうちにやっていても、他人から見たら気になる変な癖ってありませんか?

癖があればなおしたい!と思っていても、無意識であればなおすのも難しいかもしれません。

今回は、そんな気になる変な癖をなおす方法をみていきましょう。正しなおすコツをつかめれば、案外簡単になおせるかもしれません。

あまり悩みすぎず、気楽に癖をなおしていきましょう。

癖をなおすコツ

癖といっても自覚がないので、大体の癖は友人などの第三者に指摘されて、初めて自覚することが多いでしょう。

自分に癖があるのか知らない人は、自分の身近にいる人に聞いてみるのも近道です。

癖の原因を理解しよう

そもそも癖というのは、どういったことが原因でしてしまうものなのか知っていますか。

実は癖と気持ちよさの快楽は、密接につながっているのです。気持ちの良いもの、安心するもの、そして癖になる快感こそが無意識に起こす癖になっています。

安心している時だけのみならず、ストレスを抱えていたり、不安感、不快感などを感じている時にも、安心感や快楽を得ようとして同じように自分の癖をしている可能性が高いのです。

このように、癖と私たちの精神状態は大きく関係しています。

いい癖なのか悪い癖なのか見極める

人によって様々な癖の種類がありますが、大まかに分けて、良い癖と悪い癖の2種類に分かれます。

良い癖の場合は、第三者が見ても気にならない程度の癖。反対に悪い癖の場合は、人が見ていて不快になる癖になります。

不快な癖の1つの例は、クチャクチャと音を立てて食事をするという癖です。本人は長い間気にしてこなかったので、もちろん無意識で音に対しても何も感じないでしょう。

しかし、「口を閉じてお行儀よく食べなさい」と言われて育った人からすれば、口を開けて下品に食べていると認識してしまい、不快に感じてしまうことがあります。

こうした悪い癖は、様々なレベルがあります。同じ癖なのに周りの人が誰も気にならなければ、あえて治すことはしない人もいますし、指摘されないのならば気付くはずもありません。

まずは、自分の癖がどちらの分類に入るのかを知りましょう。

癖を治すためには、代わりの習慣を見つける

癖を治すためには、その癖に代わる新たな癖をすることが一番効果的な方法です。

爪を噛んでしまう癖であれば、噛まないようにネイルサロンに行って綺麗にしてもらったり、手のマッサージを受けるなど。

また、貧乏ゆすりの癖には、代わりにストレッチをして気分転換するなどの、悪い癖の代わりになる良い癖を意識して行います。

初めは意識をしていても、それがだんだんと習慣になれば悪い癖を断ち切ることができるでしょう。

他人の目を気にする

癖を治すためには、周りから見られているという意識を持つこともとても重要になってきます。

自分の癖に対して不快に感じる人がいるということを理解して、もうその癖を断ち切る!とはっきり自分に宣言しましょう。

癖が治らないと思う一番の原因は思いこみ

無自覚の癖だから治しようがないと思っていませんか。実はその「治らない」という思いこみが、自分の体に染み付いてしまうのです。

本当に癖を治したいと思うのならば、どうせ自分は変われない、諦めるしかないなんてネガティヴな考えは、一番最初に捨てるべきです。

癖をなおす方法 まとめ

変な癖をなおすコツを紹介しました。癖を治したい気持ちはあっても、長い間習慣化した癖は無意識の癖になっているため、治すのに時間がかかるかもしれません。

しかし、だからといって自分を責めたりしすぎないようにしましょう。

初めは癖を治すのに大変かもしれませんが、癖を治す癖として違うものを取り入れたりと、様々な意識の変化で上手に自分の癖と向き合っていきましょう。