ネカマを見分ける方法:深いガールズトークで撤退しよう

記事の著者:1437315

ネカマと呼ばれる人たちを知っていますか。ネカマとは、ネット上で女性を装い女性に近づく男性のことです。

ネット上で女性だと思って気を許して話していたら、実は男性だったなんて被害に遭われた人も多いのではないでしょうか。

ネカマがどれほど有名な存在になったとしても、実際に見極めるのは簡単ではありません。

ネットの世界を違った側面から楽しむことを目的としたネカマは良いとしても、中にはネカマを演じて女性を巧みに騙そうとする人たちもいるのです。

そこで、今回はネカマの特徴と見分け方について紹介します。

ネカマを演じる人の心理とは

ネカマになる人の心理として、大きく分けると単純に好奇心からネカマを演じている場合と相手を騙そうと考えて動いている場合に分けられます。

例えばネカマが多く見られるオンラインゲームの世界では、純粋に女性になりきりたいとの考えからネカマになっている人がたくさんいるのです。

女のキャラクターを扱う場合は、自身も女性を演じることでゲームの世界観に入り込んだり、日常生活とゲームの世界を完全に分けて性別をコントロールしているケースもあります。

これは純粋にゲームを楽しみたいとの思いが根底にあるため、大きな問題ではありません。本当に気をつけるべきは、SNS上でネカマを演じて女性を騙そうとする人たちです。

SNS上でネカマを演じる2つの理由

SNS上でネカマを演じ、女性に接触してくる人たちは明確な目的を持って動いています。

女性を装うことで相手の警戒心を解き、話を有利に進めようとの考えがあるからです。実際にはどのようなケースがあるのでしょうか。

気になっている女性から情報を引き出す

例えばSNS上で気になる女性がいたとします。男として接触すると下心があるのではと警戒されるため、女性を装って友達として接触するのです。

そうすれば相手の女性も同性との会話だと考えて安心し、本音をこぼしてくれる可能性が高くなります。

好きな男性のタイプ、これまでの交際人数、今彼氏はいるのかなど、ネカマのアカウントを使って情報を徐々に引き出していくのです。

そこで得た情報から、別のアカウントを使って今度は男としてアタックされるケースもあります。

下ネタ話に持ち込む

男性から下ネタ話を振られると女性は誰もが警戒しますが、女性同士ならオープンになりがちです。それを利用し、ネカマを演じて性的な写真などを要求してく人もいます。

今日の下着はどんなものなのか、もっと過激なものを要求される可能性もあるでしょう。

ネカマをどうやって見分けるのか

こうした被害に遭わないためにも、ネカマかどうか冷静に見極めなければなりません。

全てのネカマを完璧に見極めるのは難しいですが、ある程度の特徴を頭に入れておくことで被害を防ぐことが可能となってきます。

ネカマは女性とばかり接触している

気になる女性から情報を引き出そうとしたり、下ネタ話をしたがるネカマはSNS上で女性にばかり接触しています。女性を演じているとはいえ、中身は男性そのもの。

男性と話すことには興味がなく、女性ばかりにアプローチするネカマが大半です。女性にばかり話しかけている場合は注意すべきでしょう。

深いガールズトークにはついていけない

表面上では女性を演じることも可能ですが、女性同士のディープな会話についていけるネカマは多くありません。

浅い知識でネカマを演じている人は、女性ならではのファッショントークや恋愛トークにはついていけないのです。

下ネタから離れると何も話さなくなったり、最新のファッションなどに全くついていけていない人はネカマの可能性があります。

絵文字やカタカナを連発する

ネカマを演じる人は女性らしさを出そうとするあまり、絵文字やカワイイといったワードを連発する傾向にあります。

特に絵文字は女性らしさを簡単に出せるツールの1つで、不自然なほど絵文字を使用してくる人は警戒すべきでしょう。

悪質なネカマに注意しよう

純粋に女性への憧れがある人は別ですが、女性から情報を引き出したり性的な写真を送ってもらおうと考えているネカマは浅い知識で動いていることがほとんどです。

今回紹介した特徴に合致する人から接触された際には、冷静に考えてから行動することをおすすめします。