女子高校生のセックス事情を紹介!初セックスは痛い?

記事の著者:2206389

初めてのセックスに、不安は付き物。まして高校生のときにセックスするムードになったら、どのように対処すれば良いのかわからない人が多いです。

知識だけはあるものの、実際にセックスするとなると緊張で頭が真っ白になってしまいます。

そこで今回は、女子高校生がセックスするときの不安や、今どきの性事情などを色々な角度から紹介します。

初セックスは痛そうで心配

初体験つまり初セックスに対して抵抗を感じています。その原因として、痛くないのか?という心配から来るものが大きいです。

また、その痛みがどの程度の物か計り知れないため不安が増幅するのです。

そこで初めてセックスしたときの感想を検索すると、痛かった派とそうでは無かった派に分かれ、その時の緊張度合いにより痛みの感度は違います。

例えば医療機関で注射を打たれるときに、痛いかもしれない強く考えていれば打たれたときに痛いし、注射を打たれると覚悟を決めていればさほど痛くないと感じます。

それと同じで、初めてのセックスに対して、緊張感を抱いているのであれば、初体験のときに痛くて辛いという経験が残ってしまいます。

痛くない初体験をするには緊張しないことです。

初体験は高校の時が多い

最近は、高校一年生の時に初体験を済ませている比率が高いです。

高校生になると、学校によってはバイトが解禁されるので行動範囲が広がり、出会う人も中学時代よりも倍増し、そのため初体験のチャンスが大きくなります。

ちなみに高校3年間で、学年が上がる度に初体験経験率も下がります。

初体験は血が出る?

また、都市伝説として言われているのが初体験終了後に、出血するという話。

これについても無出血の人とそうでない人の2パターンに分かれますので、終わってみないと解らないと言うのが真実です。

あるセクシー女優のインタビューで読んだことがありますが、そのセクシー女優は性的興味が強くて幼少期からオナニーが日常茶飯事、そのためか初体験の時さほど痛みもなく終わったと語っていました。

普段からオナニーなどを経験していくと、高校生でセックスするチャンスに恵まれたとき痛みが少なく経験出来る可能性があると考えても良さそうです。

高校で初セックスをするには

相手を見つける方法やどんな場所でチャンスを作っているのか見てみましょう。

クラスメイト

学校生活をして行く中で一番近しい存在。

色々なイベントもあるので恋愛に発展する可能性が高いです。

バイト先

バイト先では年代の違う人たちが一緒に働いているため、自分の世界だけでは知らないことが会話の中で知ることができるチャンスの場所です。

そんな人生の経験値が高い先輩に憧れ、いつしか恋愛対象に変わって初体験の相手になることが充分に考えられます。流れに身を任せて初めてのセックスを経験しましょう。

バイトもクラスメイトも良い人が居ないという場合には他校の学園祭などに出掛けるのも一つの手です。

出会い系サイト

どうしても高校生のうちにセックスを経験したい場合は、出会い系サイトを利用するのも一つの手です。

ここには恋愛では無く、セックスしたいだけの人たちが集まってくるので覚悟が必要です。