傷つくのが怖い人の克服法:自分の良いところを見つけてみよう!

記事の著者:2071925

傷つくことは誰でも嫌なものです。しかしそれを極端に嫌がってしまうと、何かを始めようとしてもなかなか最初の一歩を踏み出すことはできないでしょう。

誰かと話をすることさえ怖くなってしまうことも。恐れ手放せれば、もっと楽に過ごしていけます。

まずは、恐れがどこからくるのかを知ることが大切です。それさえ克服できれば、傷つくのが怖いといった感情を克服できるはず。

今回は、傷つくのが怖いときの克服方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

傷つくのが怖い人の克服法

LINE占い 当たる 占い師

傷つくのが怖いと思う人の克服法を紹介します。できるものから少しずつ試していきましょう。

人と比べない

人は、生まれた時から特別な存在です。それなのに、みんな自分と他人を比べて悩みます。自分よりあの人は優れている、自分はいらない存在なんだと思うことも。しかし、そう思っているのは自分自身です。

自分で自分を差別するのはやめましょう。自分は自分ということがしっかりわかっていれば、人と比べて自分を卑下することはなくなります。

自分の人生を生きることは自分にしかできません。他人にはなれない、自分は一人しかいないことを認識しましょう。

傷つくのが怖い人は自分の良いところを見つける

人はどうしても、良い部分より悪い部分を強調して覚えてしまいます。自分の良いところは見逃し、悪い部分ばかりで評価してしまうことも。

自分の良い部分をしっかり把握していれば、多少のことでは傷つかなくなります。冷静な時に、いくつか自分の良いところをメモしておくといいでしょう。

自分を大事にできる人は、他人も大事にできます。まずは、自分を褒めることから始めてみてはいかがでしょうか。そうすることで、自分に自信が持てるようになります。

言葉に敏感にならない

何気なく言った言葉に傷ついて落ち込んでしまったりしませんか。相手はそんなつもりで言ったのではないのに、勝手に解釈をして傷ついてしまうことが多いのでしょう。

人の言葉にあまり敏感にならないことが大切です。そう思ってしまうのは、あなたの中に「嫌われたくない」という感情があるからではないでしょうか。

世界にはたくさんの人がいて、様々な人と関わって生きています。その人ひとりひとりの言った言葉に傷ついていたり、気にし過ぎていては精神が持ちません。相手の言葉を、良い意味で受け取りましょう。

それがあなたを非難する言葉だとしても、本音で自分と向き合ってくれるからこその言葉とも取れます。

自分が間違っていることが多いのに何にも言われないでいると、気づくことがないまま時間は過ぎてしまいます。

言われて初めて気づくことであなたの成長を促してくれている。そう考えれば、相手の言葉にいちいち傷つくことはなくなります。

プライドを高く持ちすぎない

プライドが高い人は、傷つくことも多いでしょう。しかし、プライドは自分を過大評価していることが多いです。

人より上に立っていないと済まないのは、人を恐れていることが理由の一つではないでしょうか。

人の評価ばかり気にすることは辞めましょう。それをやめるだけでも気持ちに余裕が生まれ、自分らしく生きることができるでしょう。

傷つくのを恐れないこと

すべてのことは必要だから起きていると考えてみましょう。嫌なことでも、人生の中で自分に必要なことです。

良いことしか起きない人生はつまらないもの。恐れさえなくせば、人生は楽しいものとなるでしょう。

チャレンジ精神をもって傷つくことなど大したことではないと、自分に言い聞かせていきましょう。

自分一人では解決できない悩みでも、人に聞いてもらうだけで前向きな気持ちになれることもあります。

電話占いピュアリなら、24時間いつでも電話で悩みを聞いてもらうことができるので、おすすめです。

初回は無料で体験できるので、ぜひ試してみてください。

初回10分間無料!誰にも言えない悩みなら電話鑑定「ピュアリ」