ギャンブル運のない人の特徴:運気を上昇させる方法も紹介!

記事の著者:2071925

ギャンブルが好きな人は勝負事が好きで、勝つか負けるかの単純な結果を楽しんでいるところがあります。しかし、お金が関わってくると単に勝負の勝ち負けだけでは済まされないものがあります。

ギャンブル運がない人は、大体同じような特徴を持っていると言われることも。性格からくるものが、ギャンブルに合わない人もいます。

今回は、ギャンブル運のない人の特徴や運気を上昇させる方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ギャンブル運のない人の特徴

実はギャンブルをする人で運があると言われている人は運だけで勝負をしているわけではありません。ギャンブル運がないという人は、運がないのではなく、性格的な問題が隠されていることも。

ギャンブル運がないのは感情的な人

冷静さを欠いたときに、人は失敗をしてしまうもの。そのため、ギャンブルで熱くなりすぎる人は要注意です。

冷静な判断にかけているため、負けることがわかっているような勝負にまで首を突っ込んでしまいます。その結果、大損をして落ち込んでしまうというパターンが多いでしょう。

ギャンブル運がない人は引き際が悪い

ギャンブルで勝ち続けるということはありません。必ず負けるときが来ます。

ギャンブルでは、勝ちを大きくして負けを少なくすることがポイントです。そのためには、引き際が重要な鍵を握ることになるでしょう。

つまり、損が大きくなる前に辞めることができるかにかかっています。

勝ち逃げという言葉があるように、勝ち続けているときに辞めることができればいい結果のままです。しかし、初めに勝っていても引き際が悪ければ、最後の最後に負けに変わってしまい、運がなかったと思うようになります。

自己責任の感覚がない

ギャンブルで負けたことを自己責任と感じないままでいる人は、進歩がないために同じことを繰り返してしまいます。

すべてを他人のせいにするか運のなさに嘆くだけで、自分の責任においてギャンブルをしているとは思っていないといえるでしょう。

ギャンブル運を上昇させることはできる

ギャンブルは、運だけで勝てるものではありません。どんなギャンブルにもそれなりの確率が存在し、分析をすることができます。

勝ち負けのデータを分析していくと、どのような時にどんな勝負の結果になったかを調べれば、確率を求めることも可能です。

それらをもとにより勝ちやすい方法を考えます。競馬などもどの馬がどんな調子なのかを見たりするように、パチンコなども台のデータを集めて出やすい台を推測していくと勝ちやすくなるでしょう。

このような努力をしてこそ、ギャンブルに勝つことができます。

バイオリズムの関係を分析する

バイオリズムというのは、生まれた日から人間は3つのリズムが一定周期で繰り返されているというものです。

この3つのリズムとは「感情」「知性」「身体」。これらが上昇する期間にギャンブルをやることで勝ちやすくなります。つまり、自分の運気が好調か不調かでギャンブルをやる日とやらない方がいい日に分けるということです。

この3つの数値の総合力が高い日ほど、自分の運が高まっている日と考えます。体調が悪かったり、落ち込んでいるときにギャンブルをしても勝てないという考えともいえるでしょう。

ギャンブルに強い手相はある

月丘

手相には「ギャンブル線」というものがあります。

この線がある人は、カンやひらめきが鋭い人です。この線は手のひらの月丘(小指側の手首に近くの盛りあがりの部分)という場所に、縦に孤形に刻まれている線のこと。

この線がある人はギャンブルに強い人と言われています。

巷で有名な金運上昇の画像

携帯などの待ち受けに縁起の良い画像を待ち受けにすると、運がよくなるといわれています。ギャンブル運というよりは、金運上昇の画像があるのでぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

・ひげじいさん

・ビリケン

・招き猫

この他にも「白へび」「お札の画像」「赤富士」などの画像を待ち受けのすると金運アップにつながるといわれています。