花嫁修業6選:結婚そして自分の成長のために身につけておこう!

記事の著者:2071925

花嫁修業というと料理、生け花、裁縫、着付けなど昔は外に出しても恥ずかしくないようにと、女に生まれたら出来なくてはいけないことがたくさんありました。

現在では、家事なども必ずしも女性がやらなくてはいけないという定義が無くなってきています。

現在の花嫁修業とは、どんなことをするのか興味ありますよね。昔とは違うもの、または同じものもあるのでしょうか。これから結婚をする女性ならこれだけはやっておきたい花嫁修業を知っておいた方が良いでしょう。

花嫁修業とは?

結婚して妻となった時に必要なことを事前に学んでおくものを花嫁修行と呼んでいます。文明が進化する中で一番変化が大きかったのは、家事をする際に必要な道具ではないでしょうか。

洗濯板は洗濯機に変化し、飯炊き釜は炊飯器になり、ホウキは掃除機にと便利で楽なものへと変わってきました。

そのために、家事という重労働が楽になったことは歴史の上でも大きな転換期になったのです。花嫁修業の形もそれらの変化に伴い変わってきているのは当たり前のことですよね。女性の結婚適齢期もだいぶ変わってきているので、花嫁修業自体やらない女性も増え続けています。

現代の花嫁修業6選

昔言われていた花嫁修業とは大きく異なってしまったのが花嫁修業の内容です。今や女性も働く時代になり結婚する前にやっておくことの必要事項も様変わりしています。では、現代においての花嫁修業を6選挙げていきましょう。

花嫁修業1:料理

人が生きていくために必要な物の中に「食」があります。健康面にも大きく関わってくる食事、それが出来ないようでは一人前とは言えないでしょう。家族の健康管理をすることは重要なことです。また、外食ばかりでは健康だけでなく、家計の問題にも関わってきます。

自炊することで、この両方が効率よくなることでしょう。その為にも料理が出来ることは重要な花嫁修業といえるでしょう。

花嫁修業2:掃除

きれいな部屋で過ごすことは、心身において大切なことです。最近、汚部屋で暮らす若者が増えているようです。掃除も基本を知っていればそんなに大変なことではありません。また、家庭の大切な空間を汚しておくことは結婚前であっても良いことではありません。

花嫁修業3:家計管理

結婚したら独身のような気分でお金を使っていたら、生活が成り立たなくなってしまいます。収入と支出がきちんとできている必要があります。赤字にならないようにする、貯金をするなどのやりくりの仕方を知っていれば、結婚後もしっかりと生活を支えていけるでしょう。

花嫁修業4:洗濯

洗濯をするときに気を付けるポイントがあります。色落ちをするものは他のものと一緒に洗わないとか、洗濯機で洗えないもの等は手荒いかクリーニングに出すなどをしなくてはいけません。また、取り込んだ洗濯物の畳み方も覚えておくと役に立ちます。

花嫁修業5:裁縫

ボタン付けぐらいは出来ないといざという時に困ってしまいます。ボタンもつけ方が様々ありますので、それにあった縫い付け方を覚えておきましょう。また、子供が出来るとミシンを使った裁縫が必要になってくることもあります。

幼稚園などでは、父兄の方にいろいろなイベントのお手伝いをしてもらう事が多くなります。その時に裁縫が必要になることもありますからせめてミシンも基本ぐらいは使えるようにしておくと良いです。

花嫁修業6:常識的なマナー

結婚を機に親から独立して生活が始まります。ご近所づきあいも大切なことの一つです。最低限のマナーは持っていないと恥ずかしいことになりかねません。挨拶が出来る、コミュニケーションが取れる、言葉遣いを正しく話せる、地域のルールを守れるなどは出来ないといけません。

趣味教養は花嫁修業だけでなく自分のスキルアップ

昔の花嫁修業の中には、生け花や作法、着付けなどがありましたが現代では自分のスキルアップとして、花嫁修業とは別に考えた方が良いでしょう。生け花にしても着付けにしても、出来なくても妻として恥ずかしい時代ではなくなっています。

そういうことをしたいのであれば、結婚修行という名目ではなくても自分のためになるのなら習っておくことも悪くはありません。

花嫁修業も自分スタイルで

嫁ぐ前に覚えておかなくてはならないことが花嫁修業です。現代の人の生活スタイルは個々に違っていて必ずこれをしましょうというものではなくなっています。結婚相手が海外の人の場合もあります。その時に必要だと感じたことをやることが一番、利に叶っているのではないでしょう

マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」で素敵な出会いを見つける!※無料登録