[修羅場体験談~Vol.3]信頼してたママ友に裏切られた話。女同士のドロドロはママになっても変わらない?

あいりさん(仮名)は引っ越した地で仲良くなったママ友に突然裏切られた修羅場を経験しました。ママ友の間に広がる女のドロドロについて、詳しく語ってくれました。


これは私が体験した、主婦同士のドロドロの修羅場体験です。

引越し先で仲良くなったママ友

私が旦那の転勤先で知り合った、同世代の主婦の友人がいました。彼女とは話や趣味もよく合い、子供も同級生なので、急速に仲が深まりました。引越し先には誰も友達がいなかったので心強かったし、友達ができてほっとしていました。

同じ幼稚園に通わせていたので、昼間時間があるときはお茶をしたりランチをしたりと楽しんでいました。その友人はお喋りで明るい性格だったので、いつも会話は絶えませんでした。

そんな日々が続いていたときに、ある出来事がありました。

悪口ランチに参加することに

ある日、もう1人の幼稚園でのママ友も誘い、ランチをすることになりました。そこで周りのママ友の話が出た際に、ここだけの話だと女特有の嫌な噂話に花が咲いてしまいました。

私は学生時代からそういうのがとても苦手で、避けてきたタイプでした。下手にトラブルに巻き込まれたくないし、人の話をとやかく言いたくないという思いが念頭にあるからです。

しかし、ある不快なママ友の話になり、私も少なからず思い当たる節があったので、そのエピソードを少し話してしまいました。後味の悪いランチになったと後悔しながらも、女の会話なんてそんなものなのかと、思いつつ帰宅しました。

裏切りが発覚した瞬間

後日、その不快なママ友から突然の連絡が私に来ました。なんと、私が悪口を言っていることを聞いたという怒りの電話でした。

「えっ、どうして知ってるの?」と思いましたが、なんと悪口を言ったことをバラしたのは、一番仲良くしているママ友でした。自分が愚痴を言っていたのは内緒にして、私が話した嫌だったエピソードだけ本人に言ったのです。

私も愚痴を言ってしまったことは申し訳なかったですが、ママ友2人の話に少し便乗して話してしまった程度です。悪口に花を咲かせていたのは私以外の2人でした。

私の頭は一気に真っ白になりました。ドラマで見ていたようなドロドロとした恐ろしい修羅場が、主婦やママ友の世界で現実としてあるのだと実感したからです。ママ友いじめって本当にあるんだなあと実感しました。

私は返す言葉もなく、悪口を言われたと怒るママさんの話を黙って聞いていたのでした。

ママ友の世界は怖すぎる

私だけ仲間外れにするようなことを平気でやった仲のよかったママ友にはショックでした。しかし私は恐ろしくてどのママ友にも連絡や相談など出来ないと感じ、しばらくの間塞ぎこみました。

今ではどのママ友とも連絡を自然と経っています。しかし私以外のママ友たちは素知らぬ顔をして、ランチをしているようです。

明日は誰がターゲットになるのか、被害にあうのか、修羅場となるのか、全くもって分かりません。学生時代のいじめのローテーションのようなものが未だにあるママ友の世界は、本当に気味が悪いし親なのに情けないなあと感じます。

全てのSNSやママ友の世界から足を洗った今は、家族や大事なものがはっきり見えるようになり、とても幸せな私です。

記事の著者