平安美人とは?時代背景や当時の流行りについても詳しく紹介!

記事の著者:2071925

平安美人という言葉からどんな想像をするでしょうか。美人という言葉が入っているものの、そこまで美人ではないというイメージを持つ方も多いでしょう。

平安美人といわれて喜べないという方もいるかもしれません。平安の美人画が現在の美人の定義に沿わないことがそう思う原因でしょう。

しかし、本当に平安時代の美人はあのような顔をしていたのかは不確かです。美人画というものが存在しますが、その時代にモテた女性の顔形というよりも、美人画という描き方の流行があったという説もあります。

今回は、平安美人の特徴について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

平安絵巻の女性は顔を隠していた

平安絵巻を見ると、ものすごく豪華絢爛な平安時代の貴族たちの姿やその時の住まい、庭などを目にすることができます。

いわゆる「雅」といったもので、雅は顔だけで判断されたものではないようです。当時の貴族の姫君たちは、男性に顔を見せてはいけない習わしでした。

つまり、顔をみられた人は極少数で、万人の意見が一致して美人だといったものではありません。

今のようにコンテストや人気投票なども無く、本当の美人がどんな顔なのかはわからないといった方が確かでしょう。

よく目にする美人画は、異国の国の絵から来ているのではないかといわれています。

平安美人の絵は、当時の中国で人気があった美人画の手法を取り入れているといえるでしょう。そのため、平安時代の絵に出てくる女性の顔は皆似ているのでしょう。

平安美人の特徴

平安美人は

・しもぶくれ
・白い肌
・細い目
・長いふくよかな髪
・小さな口
・教養

というような女性を指しています。しかし、これをうのみにし過ぎてはいけません。

現在の女性の顔も化粧の仕方で印象がだいぶ変わります。当時の平安美人も、化粧は必須でした。真っ白なおしろいを塗るのが常識だった平安時代の女性は、そのせいでのっぺりした顔に見えたともいえるでしょう。

また、貴族の女性は口元は隠しているのが常識です。あまり話さないために口は大きく見えることはないでしょうし、白いおしろいの粉で目は細く見えていた可能性があります。

平安美人の特徴は、当時の流行りの化粧だったのでしょう。

平安時代の背景

平安時代は、電気のない時代です。昼でも部屋の中は薄暗かったといわれています。暗い部屋に閉じ込められた貴族の女性たちは、暗い中でも顔立ちがわかるような工夫をしていました。

顔を白く塗るのは、暗い中でも良く見えるためです。暗さの中で見る美人と昼間の明るい中で見る美人は違って見えるでしょう。

貴族の娘は、外に出ることはありません。そのために薄暗い中でも見栄えのする化粧の仕方があの美人顔を生んだのではないでしょうか。

平安美人がしもぶくれなのは、当時の女性の結婚年齢は今よりも低い年齢だったために幼顔だったという面もあるようです。

ふっくらした面影が残る幼顔のまま嫁がされるわけですから、しもぶくれではなく幼さの残る顔をイメージしたのかもしれません。