彼氏が記念日を忘れる理由と対処法:ひと工夫で彼の記憶を蘇らせよう!

記事の著者:pokapoka

何度言っても彼が記念日を忘れてしまい、困っている女性は多く存在するもの。

彼だって悪意を持って忘れているのではなく、どうしても忘れっぽい性格なだけ。そこで相手を責めないで、うまく思い出してもらえるようにはどうしたらよいのでしょう。

そこで今回は、男性が記念日を忘れがちな理由に加え、彼氏に記念日を忘れさせない方法を5つ紹介していきます。

毎回記念日を忘れる彼氏を持っている方は、いつか何もしなくても彼が覚えていてくれるようになる日を目標に、ぜひ試してみてくださいね。

彼氏が記念日を忘れる理由


男性が記念日を忘れる一方、女性はきちんと記念日を覚えており、カップル間でのトラブルにつながってしまう。この男女のポジションが反転するカップルは少ないですよね。それには男女の脳の作りに秘密がありました。

なぜ忘れるの?記念日を覚えてない男性の心理とは」によると、脳には「海馬」と呼ばれる記憶を司る部位が存在します。男性は女性に比べてこの海馬の働きが弱いため、記念日や過去の出来事などを比較的すぐに忘れてしまうのだとか。

また、「『二人の記念日』を男性が忘れるのは愛が薄れたわけじゃない!?心理学が教える『男女の記憶の違い』とは」によると、男女の脳は記憶の仕方の点で大きく異なっているそうです。

というのも、女性は感情を司る「扁桃体」と海馬のつながりが強く、「楽しかった」「嬉しかった」という記憶とともに「何月何日にどんなことをした」という出来事を保存しておくことに長けています。

一方男性は、感情を記憶するのが大の苦手。かわりに数値的データを扱う能力や空間把握能力に長けているのです。

彼氏が記念日を忘れたときの本音

1.「仕事が忙しくてつい…」

仕事やテストに追われるあまり、記念日のことがすっぽり頭から抜け落ちてしまったパターンです。

女性は複数の作業を一気に行うことが得意な反面、男性はひとつのことに集中したがるという傾向が。女性がよくやる「テレビを見ながら友達からのLINEに返信し、さらにポテチをつまむ」という複合技は男性にはできません。

それと同じロジックで、仕事やテストに集中した男性は他のことが視界に入らなくなってしまいます。そのため、大切なあなたとの記念日もすっかり忘れてしまい、仕事が一段落してはじめてはっとするのです。

2.「別に記念日は特別ではないよね」

こちらは記念日に対してそもそも意味を見いだせない男性の本音です。

どうやら、記念日を祝わなくても愛していることに変わりはないというのが彼らの主張のようです。イベントごとに乗り気でない男性は数多く存在するので、彼もそのひとりなのかもしれませんよ。

3.「金欠だったから後回しに」


こちらは確信犯。本当は記念日を覚えていたのにも関わらず、金欠だったという理由で記念日を忘れたふりをしている男性です。

給料日前だったのか、突然お金が必要になったのか。とはいえ本当に彼女のことを考えているのであれば、記念日を覚えていることくらいは伝え、「金欠だから後日にしよう」とでも言ってほしいものです。

4.「毎回のことだからうんざり」

だんだんと記念日に否定的になってしまった男性の本音がこちら。

1ヶ月記念日や半年記念日、1年記念日くらいならまだ我慢できたのでしょうが、一ヶ月ごとにちょくちょく記念日を祝っているカップルの場合、男性側が記念日に辟易してしまっている場合も。

記念日を祝う回数を減らし、その1回を盛大に祝うと良いのかもしれません。

5.「趣味のイベントごととかぶっていたから」

だんだん許せない本音になってきました。こちらは、趣味のイベントと記念日がバッティングしてしまい、趣味を優先させたいがために記念日をわざと忘れたパターンです。

記念日をすっぽかしてまでも行きたいイベントなのであれば、事前にひとこと相談くらいはしてほしいものです。「レアなチケットが当たったんだ」「あと何年日本に来るかわからないんだ」といった理由であれば、笑顔で送り出せたはずなのですが。

6.「彼女にももう興味はない」

最悪のパターンがこれ。すでに彼女への興味が薄れてしまっているパターンです。

この場合は、記念日を忘れる以外にもサインが出ているはず。LINEの返信が遅くなった、デートを手抜きしはじめたなど、心当たりがある場合は破局を迎える前に対策を講じるのが良いかもしれません。

彼氏が記念日を忘れる場合の対処法

1.カレンダーに目立つように印をつける

カレンダーに、これでどうだ!と言わんばかりの目立つ色と大きな文字で記念日を書き込んでおきましょう。

しかし、祝ってほしいようなわざとらしいマークでは相手も引いてしまうので、大きく可愛らしいマークを書き込むことをおススメします。

マークだけでは何の記念日だかわからないくらい疎い男性もいますので、「1年記念♪」などの文字も一緒に書いてあげると親切ですよ。

あとは、そのカレンダーをさりげなく目につきやすい場所に置けばバッチリです。

2.去年の記憶を蘇らせる

カレンダーの書き込みに気が付かなかった彼氏の場合は、カレンダーを眺めながら「そういえば去年はさ~・・・」と記念日にまつわる思い出話をしてみてください。

あのときのプレゼントはとても嬉しかった、旅行も楽しかったね!などそういった話を持ち出すことで、たいていの男性はあと少しで記念日だということを思い出すでしょう。

あなたが予約が必要な旅行などに行きたい場合は、彼氏がギリギリに記念日に気づいては何も行動ができないので、ちょっと早めにその話題を出しておくとgood!

3.日程確認をとる

「○○日は予定いれちゃダメだよ!」と日程の確認をとることで、彼氏にその日は記念日であることを思い出させることができます。

そこで慌てた感じにさせ罪悪感をちょっと感じさせると効果も倍増!いたずらっ子のように、「あれ、忘れてたの~?」と言ってクギを刺しておくことも一つのワザですよ。

そこで慌てて「まさか忘れてないよ!」と返ってきたらこっちのもんです。覚えてたということは、お祝いをするつもりだったということなので、さりげなくリクエストを出しておきましょう。

4.友達カップルの話をする

スマホでSNSなどをチェックしながら、「あの子の彼氏、サプライズでお祝いしてくれたんだって~」など軽く話しておきましょう。

他のカップルの記念日を楽しそうに話すあなたの姿を見て、彼はきっと自分の力でこの子を笑顔にさせてあげたいと思うようになりますよ。

そこで話題に出すのは、あまりハードルの高そうなものではいけません。ちょっとだけ無理すればできるような友達のエピソードを話すことが大切なのです。

5.ストレートに「記念日どうする?」

記念日にとくにお祝いなど考えていない彼氏であれば、記念日の彼女の予定なんで気にしていません。

前々から記念日を思い出させる行動に出て、彼が記念日に気づいたとしても、記念日をそこまで大切だと思っていない人なので、当日までまた忘れてしまう人もいるのです。

そんな彼氏にイライラしてしまう前に、ストレートに記念日に何をしたいかを相手に伝えて、「一緒にどこか行って楽しもう!」と2人で予定を立ててみてはどうですか?

彼氏は、あなたと話合って予定を立てたことですから、喜んで付き合ってくれるでしょう。