一緒にいるとホッとする!彼氏に安心感を覚える瞬間5つ

記事の著者:pokapoka

交際を長続きさせるのに大切なのは、相手に安心感があることではないでしょうか?

ドキドキするような高揚感も恋愛にとってはひとつのスパイスとなりうるのでしょうが、長い目で見るとほっこりできる安心感は大切な要素になっていきます。

そんな安心感ですが、ひとことに安心感といっても、どんな時に恋人に安心を感じているのでしょう。いつ感じているかを再確認することで、より2人の仲が深まるかもしれません。

そこで今回は、みなさんどんな時に彼氏に安心感を感じているのかをまとめていました。当たり前だと思っていたことが、実は安心につながっているのかもしれません。

彼氏に安心感があることのメリット

結婚しても長続きする

一度結婚すると、新婚のドキドキ感が持続するのはたったの2〜3年。残りの40年、50年は「日常」としての結婚生活が待ち受けています。

女性をドキドキさせてくれる、つい追いたくなるような男性は、恋愛対象としてはぴったりなのかもしれません。ですが、50年もの結婚生活の間中追わされっぱなしだと、精神的にも疲弊してしまいます。

そのため、安心感のある男性は結婚相手としてぴったりなのです。

ほっこりした家庭を作れる

のちのち結婚して家庭を築き、子どもを育てる場合、家庭の雰囲気として重要なのはやはり安心感です。

子どもにとっては、いかにスリリングでスタイリッシュな生活を送るかが大切なのではありません。安心してのびのびと育つことのできる環境こそが、子育てに最適な環境と言えます。

その点で、安心感のある彼氏は良きパパになれるはず。未来の子どもにとっても、安心感のある彼氏とつきあうことはメリットです。

親を安心させられる

やはり、一番親が娘のことで心配になるのは、娘が良き旦那とともに幸せな生活を送ることができるか否かにあると言えます。

安心感のある彼氏と結婚すると、親はあなたが何の心配事もなく笑って過ごす姿を目にすることができるでしょう。

これは親が一番安心できる将来の形。自分が安心できるだけでなく、親までも安心させられるのが安心感のある彼氏の特徴です。

彼氏に安心感を感じる瞬間

看病をしてくれる

風邪などひいてしまって心が弱っているときに彼氏にやさしく看病されると安心感を覚えるようです。そんなときに、一人では生きていけないな~と実感するんだとか。

そんな優しい彼氏には、「お互い年をとってもずっと健康でいられるように、体調管理もしっかりしていこうね」と伝えてあげると、彼も前向きに将来を考えるようになるかもしれませんね。

嫌な顔せずに愚痴を聞いてくれる

自分もいろいろとストレスも溜まっているであろうにも関わらず、彼女の愚痴を優しくきいてくれる彼氏に感動をするようです。

ときには彼女の心の疲れを思ってアドバイスをくれる彼氏。この人とずっと一緒にいたいなと思うようになるみたいですよ。

寒い冬のデートで手をつないでくれる

手をつなぐだけ?と疑問に思うかもしれませんが、手をつなぐことで心も温まってくるという意見もあるほど、女性にとって手をつなぐ行為は大切なこと。

さらに人肌恋しい寒い冬場だからこそ、彼のぬくもりと共に安心感をかんじているのだそうです。

「手をつないでくれてるから、あったかいな~」と嬉しさを口に出してあげると相手も「俺もだよ」と嬉しい答えが返ってくれるかもしれませんね!

自分の不得意なものを補ってくれる

女性はどちらかというと、電化製品に弱いですよね。新しいモノを購入して、使い方もわからずアタフタしてるところで、彼の素晴らしいサポートがあると安心感を感じます。

自分が苦手なものを華麗にやり遂げる彼氏の姿をみて感動してしまう女性もいるほど!

なんでも頼れそうな彼の姿に、一緒にいても安心だと思うようです。

落ち込みを察して励ましてくれる

友達や家族と喧嘩をしてしまうことってあると思います。そんなときに、こちらから何も言わなくても察してくれて、励ましてくれる彼氏に安心感を感じるようです。

一生懸命に励ましてくれたり、自分のことのように親身になって相談に乗ってくれる彼氏の優しさに、女性のみなさんは惚れ直してしまうことも。

彼氏の懸命な姿に、女性は絆の強さを感じます。