いじってくる男性心理とは?うざいときの対処法を紹介! 

記事の著者:1822703

ときどき、妙にいじってくる男性っていませんか?

飲み会で「女の子なんだから言わなくても取り分けてよ」といったように、いかにもダメ女みたいな扱いをされることも。

なんだこいつ?って思うことも、職場の飲み会などでは多いかもしれません。

そういういじり方をしてくる男性の心理や、うざいなって思った瞬間の対処方法を今回紹介します。ぜひチェックして、いじってくる男性を撃退してください。

いじってくる男性の心理は小学生男子

基本的にいじってくる男性の心理は、小学生男子の「こいつは俺がいじるのを本当は喜んでいるはず」といった好きな子いじめに近いものがあるようです。

そのため、本当のところとかあまり気にしていないようです。こういう時の対処法ですが、角は立てたくないなぁと思ったら「ごめん本当に落ち込んでるからそっとしておいて」とやんわり受け流してしまいましょう。

しかしただでさえ落ち込んでいるときに、他の親しくもない人の機嫌なんか取りたくないのが本音でしょう。

そこで次にいじってくる男性の対処法を、シチュエーション別で紹介します。うざいいじりをしてくる男性から逃れて、ストレスを減らしましょう。

飲み会でいじってくる男性の心理&対処法

「お前本当に女としてダメだよね~」といったふうないじり方をしてくる時の男性の心理は、あなたのことを分かっていますよと勝手に親しい気分でいます。ちょっと、いえ、かなりうざいですよね。

というのも男性としては、「お前がどんなにダメ女でも俺は女としてみててやるし、なんなら俺がちゃんとした女に教育してやるし?」くらい、上から目線の親しいつもりでいます。

料理のとりわけくらいでいいかダメかなんて判断されたくないし、そもそもお前に取り分ける義理がないよなんて思ってしまいますよね。

飲み会の場ははっきり言ってしまう

こういういじり方をされた時の対処法ですが、「あ、ごめん。あんまり仲良くない人から取り分けられるのも嫌な人いるからさ。取ってほしかったら次から言ってね」とざっくり切り捨ててしまうのがいいかもしれません。

相手に「お前と親しくなる気なんてないんだけど?」という気持ちも伝えられますし、それで怒るような男性ならなおのことお近づきにはなりたくありませんよね。

一応角が立たないように、言ってくれたら取り分けるくらいはするというポーズも見せておくことが大切です。

仕事でいじってくれる男性の心理&対処法

他にも、ちょっとうざいなと思ういじり方はありますね。

例えば、仕事中にミスをした時。落ち込むし、次の仕事もしないといけないのに気分上がらないという気持ちになってしまいます。

そんな時、「しおらしくしちゃってお前らしくないよ~」なんて、元気付けてるのかなんなのか分からないようないじり方をしてくる男性っていませんか?

これも本当のお前は俺が分かってるからなという、親しいアピールのようです。

とにかくうざいいじり方をしてくる男性は、「親しいしお前のこと分かってるからな」というアピールをしたがります。これでも男性はあなたのことを分かっているつもりです。

仕事では受け流すのがベスト

職場では、下手なことを言って機嫌悪くなられるほうがよっぽど困りますし、とにかくやんわり受け流すことが最善の方法。例えば仕事でいじってくる男性の場合、「すいません、いま一人になりたいんで」などといって、その場から逃れましょう。

そっとしておいてといってもしつこくいじってくるようだったら、はっきり「空気読んで」と言ってしまってもいいでしょう。

それで怒ってくるような相手なら、そもそもあまり仕事上でも付き合いたくないタイプなのでプライベートでは関わらなければいいだけです。一度ハッキリ言って、「あなた空気読めてない」ということを分からせましょう。

いじってくる男性の心理のまとめ

男性は「深く知ってる親しいアピール」をしたいときに、変ないじり方をしてくるようです。

うざいなと思っても、相手を怒らせるようなことはしたくないと思ったら多少我慢するしかないのがうんざりしてしまいます。

腹が立ちすぎて我慢したくないと思った時は、今後いじられないためにもはっきり言ってしまってもいいのかもしれません。