動物に好かれる人の特徴4選:動物とスピリチュアルの関係は?

あなたの周りに、なぜか動物にとても好かれやすい人はいませんか?そしてそういう人は動物だけでなく、人も引き付けるような雰囲気であることがよくあります。

実は動物たちは無意識にではなく、人を判断して近寄ったり離れたりしているのです。今回は、そんな動物に好かれる人に共通する特徴をご紹介していきます。

動物に好かれる人のスピリチュアル的な特徴

なぜかいつも動物に好かれる人は、スピリチュアル的な特徴を持っていることがあります。その人のオーラを感じ取って動物が寄ってくるのです。

人も動物も魅力的な雰囲気の人に惹かれる

動物も人と同じで、雰囲気が魅力的な人がいると気になって、近づいて好意を示すものです。そういった人は、魅力や性格がオーラとなって現れると言われています。

それを全ての動物が感じ取れるわけではありませんが、オーラを感じ取ることが出来る動物は本能的に安心できるのです。

その波動に対して警戒することはなくむしろリラックス出来るので、動物たちは近寄ってくるのでしょう。

動物に好かれる人の特徴

オーラの有無は科学的根拠がなくスピリチュアル的な見解ですが、なんとなくオーラのある人はリーダー気質だったり頼りになるイメージがあったりします。動物もそれに気付いているのかもしれません。

では、逆に動物に嫌われる人はどのような特徴を持っているのかを性格や行動にスポットを当ててご紹介していきます。

落ち着いている人

動物に好かれない人の多くはせっかちで、早く触れ合いたいという気持ちから動物をせかしてしまう人が多いです。人間でも、突然自分の前に大きな人が近づいてきて、無作為にべたべた体を触られたら怖いですよね。

それと同じで、動物から見た人間はとても大きな生き物です。さらに動物は人間に比べてパーソナルスペースがとても広く、急に知らない人が入ってきたら警戒してしまいます。

一方で、そういう空気を発さない人には動物の方から興味を持ち始めます。近づかれたら一定の距離を保ちながら接する。そういう距離感が動物にとって心を許せるポイントになるのです。

動物の目線で話せる人

先ほど説明したとおり、動物にとって人間は大きな生き物です。大きいうえに上から見下されるので、警戒してしまうのも無理はありません。

人間同士でもいきなり上から物を言われたら、その人と良い関係を築けるとは思えませんよね。

動物に好かれる人は、動物と同じ目線になって安心感を与えられる能力を持っています。もちろんペットをしつける過程で、飼い主がペットよりも立場が上だと教えるのは家族になる上で重要なことです。しかしまずは同じ目線に合わせて接し、動物の心を開いてあげましょう。

物腰が柔らかい人

動物は人間よりも相手が抱いている気持ちを察する能力に長けています。動物と接するときにこちら側が動物を怖がっていたり、警戒していたりするとそれが動物にも伝わり、不信感を与えることになって結果的に警戒されてしまうのです。

そのため、行動やしゃべり方、物腰が柔らかい雰囲気の人の方が動物に好かれる傾向にあります。常に冷静で落ち着いている姿が動物との間の緊張感をなくし、「この人は頼れる、安心できる」と受け入れてもらえるのです。

動物に好かれる人は、どんな動物と触れ合う場面でも警戒されないような態度・表情をしているのが、特徴の一つと言えるでしょう。

まとめ

動物に好かれる人の特徴をまとめると、「安心感を与えられるオーラのある人」ということがわかりました。動物も人間と同じで、どんな人なのかをしっかりと見極めています。野生の本能が強く残っているので警戒心は人より強いですが、好かれる人の特徴を自分にも取り入れて接すれば動物も自ずと心を開いて近寄ってくるでしょう。

また、動物に好かれる人は人間関係もうまく築いていける人が多いので、人と関わる上でも活用してみてくださいね。

記事の著者