タロット「悪魔」の意味:恋愛・仕事は今後どうなる?

占いの中でもタロットカードは知っている人も多いのではないでしょうか。タロットカードは大アルカナと呼ばれる22枚のカードと56枚の小アルカナの合計78枚のカードから成る占い用のカードです。

今回はその中でも特に使用頻度の多い大アルカナの「悪魔」のカードについて出た時の意味と象徴を紹介します。

15番目に位置する「悪魔」のカードは、あなたの内側の弱い部分を表しているカードでもあります。その出て来た意味をしっかりと受け止め、気を引き締めましょう。

タロットカードの「悪魔」の意味

悪魔のカードが表しているのは人の内側の弱い部分や、その身を滅ぼす可能性のある内面の膿のようなものです。

正位置で出た場合は自分の弱さや律しきれない欲望、もしくは悪い習慣を表しています。このままではそれらに歯止めがかからないまま悪循環に陥り、その身を滅ぼすことへの警告として出てくることが多いです。

自ら心のどこかでそうと気づいていながら、習慣となっている悪いことがあるのかもしれません。

今一度、自分の習慣や今までの行動にそう言ったことが無いか考えてみるのもいいでしょう。

逆位置で出た場合は正位置の時より厄介な状態です。自分の中の弱さを無意識のうちに正当化し、正しいと思い込んでいる可能性があります。

それが本当に正しいことなのか、どれを差しているのか、そこからじっくりと考える必要があるでしょう。

「悪魔」が恋愛で示す正位置と逆位置の意味の違い

「悪魔」がそれぞれ正位置・逆位置で出た時、恋愛面では何を意味しているのか、何に注意すればよいのかを紹介します。

恋愛においての「悪魔」の正位置

恋愛において「悪魔」が正位置の場合は相手への異常な執着や、相手に悪評があることを示していることが多いです。

また、執着のあまり恋愛の他に何も見えなくなる、それ自体におぼれてしまうなど、自身の品位を落としてしまう可能性があります。

自分にとって悪いこと、良くないことが自覚のあることを示していますので、思い当たる節があるのであればしっかり向き合いましょう。

結婚の場合は、その結婚が本当に相手への愛情があってするのかという問題提起や、自身の結婚へ対する不安や焦りを表していることもあります。

また、現在進行形の結婚生活自体に対する何かしらの不安や相手に対する裏切りなどを表しています。取り返しのつかない状態になる前に、対処しましょう。

恋愛においての「悪魔」の逆位置

恋愛や結婚について占った時に「悪魔」の逆位置の場合は更に注意が必要です。相手への執着心だけではなく、相手に気持ちがないにも関わらず、ついしつこくしてしまったり、逆に互いに依存しあって自堕落な関係に陥っていしまっていたりする状態を示しています。

また、気持ちが覚めてしまっているにも関わらず一緒にいるということ、ほかの異性に気が向いてしまっていることを表している場合もあります。

いずれにしても、一度相手から離れて頭を冷やし、周囲への相談など客観的な意見を取り入れた方がいいでしょう。

何も対策をせずにこのままの関係を続ければお互いに身の破滅が訪れる可能性があります。お互いにとって何が最も幸せか、よく考えて答えを出してください。

「悪魔」が仕事で示す正位置と逆位置の意味の違い

「悪魔」がそれぞれ正位置・逆位置で出た場合、仕事は今後どのように進むのでしょうか。また、いま注意しなければいけないことを紹介します。

仕事においての「悪魔」の正位置

仕事において占った時、「悪魔」のカードが正位置で出て来た時は、その悪魔が表しているのは誘惑であることが多いです。

例えば、遊びに夢中になってしまい仕事がおろそかになっている状況、目の前の問題から目をそらしたいという思いを始め、目先の利益のみを追い求める心から来る見栄や謝った判断を表していることがあります。

今の仕事に対する姿勢を示していることもありますし、プロジェクトや転職など大きな判断にて誤りを侵す可能性があることを示唆していることもあります。

その仕事にとって大切な何かをないがしろにしてしまってはいないか、大きな決断をするのに準備や時期は万端なのか、「悪魔」の正体がなんであるのか、よく考えてみてください。

仕事においての「悪魔」の逆位置

仕事において占って逆位置の「悪魔」が出た場合は、正位置の時より深刻です。周りにもすでにその影響が出てしまっている可能性が高く、早めに手を打った方がいいでしょう。

例えば、仕事をするにあたって、その仕事の最も重要な部分をないがしろにしたやり方を仲間内で容認してしまっていたり、それを広めてしまっていたりなどが挙げられます。

楽だからと言ってそのようなことをしていては、信用を失いそれこそ身の破滅を招きかねません。

転職においては、相手の話を鵜呑みにしすぎていて、肝心な部分が見えていない可能性があります。

上手い話は一見金塊がぶら下がっているように見えますが、それは真っ赤に焼けた石炭ではないか、よく検討してみましょう。今はまだその時期ではないのかもしれません。

まとめ

タロットカードはそれぞれの絵柄に様々な事柄が象徴されています。「悪魔」はその中でも誘惑や欲望、恐れなどを象徴しています。

恋愛においては過剰に相手に執着してはいないか、逆に相手がこちらを想ってくれているのか、本当にこのまま過ごして二人が幸せなのか考えるきっかけになるでしょう。

また、仕事においてはその仕事の根本が何で、その仕事に従事することで自分が幸せになれるのかを考えると同時に、転職が本当に適切なタイミングの上にあるのかを考えるきっかけになります。

もしそれらが出て来た時、特にシャッフルしている最中に飛びだしてきたときは気を付けましょう。貴方の中の悪魔が囁きながらも警告を口にしている可能性があります。

記事の著者