社長が不倫しやすい理由:社長との不倫で起こる問題は?

社長は会社を経営しており、自分の家族だけでなく従業員そして従業員の家族も守っていかなくてはならない立場です。

そんな責任ある社長ですが、実は不倫をしている人はたくさんいます。愛人がいる社長の数はとても数えきれません。

そこで今回は、社長が不倫しやすい理由について紹介していきます。なぜ社長は不倫をしてしまうのでしょうか。また社長との不倫で起こる問題についても紹介していきます。

社長が不倫しやすい理由

なぜ社長に不倫が多いのか、ここでは社長が不倫しやすい理由について見ていきます。

お金があるから

社長が不倫をしやすい理由、それはお金があるからです。

社長はお金を持っているため、デート代はすべて社長が払ってくれるのは当たり前になります。デートではなかなか行くことができないような高級な場所に行ったり、高級なものを食べさせてくれたりすることもあるでしょう。

また、自分では買えないようなブランドものをプレゼントしてくれることも少なくありません。

社長の不倫相手は、キャバクラなど夜のお店で働く女性が多い傾向にあります。

そういった女性は「社長」という肩書き目当てに近づいてくる女性が多いですが、社長もきれいな女性と身体の関係を持てるということで、互いに納得の関係ができあがります。

相手がお金を持っている社長なので、妻子がいる男性に高いお金を出させることに対しても罪悪感が少なく、不倫関係を続けてしまう女性が多いのです。

自由に時間を使えるから

社長が不倫をしやすい理由として、自由に時間を使うことができることも挙げられます。

社長は会社のトップの人間です。そのため、自分が働く時間は自分で自由に決めることができるケースがほとんどです。(しかし中には秘書など、社長以外の人が決めているところもあります。)

基本的に社長は会社員と比べて自由に時間を使うことができるため、どのような職業の女性とも不倫関係を作りやすいと言えます。そのため不倫してしまう人が多いのでしょう。

奥さんに嘘がばれにくいから

不倫をして奥さんにバレてしまったという人は少なくありません。奥さんに不倫がバレてしまうと最悪の場合、離婚に至ってしまうこともあります。

社長が不倫で離婚となると世間体は一気に悪くなり、会社の業績が落ちることも考えられます。

そのため社長が不倫を行うことはとてもリスクがあることです。それなのになぜ社長に不倫が多いのか、それは奥さんが社長の仕事を理解していないことが多いからです。

もちろん中には社長である夫の仕事のスケジュールをすべて把握している人もいるでしょう。

しかし多くの奥さんは夫が普段どのようなスケジュールで仕事をしているか知らないため、急な泊まりとなっても怪しまれにくく不倫しやすいというわけです。

社長との不倫で起こる問題点について

社長と不倫をすると、女性にとって不都合なことが多いのも事実です。ここでは3つの問題点をご紹介します。

社内で不倫をしていた場合

先ほど、社長の不倫相手として多いのはキャバクラなど夜のお店で働く女性が多いと言いましたが、同じ会社で働く女性が不倫相手となるケースも同じくらい多いのも事実です。

このケースで最も多い相手が秘書です。社長と美人秘書が愛人関係にあることは、ドラマの中だけでなく現実にも少なくありません。

社長が同じ会社の女性と不倫関係となった場合、不倫がバレて会社と辞めることになるのは女性の方となります。

男も仕事も同時に失ってしまうこととなるのが問題として挙げられるでしょう。

金銭感覚が狂う

お金を持っている社長と不倫関係になると、金銭感覚が狂うという問題が生じます。

社長と不倫関係のときに高級なお店で高級な食事をするのが当たり前、プレゼントは高級ブランドが当たり前だった場合、不倫後一般男性と付き合ったときに苦労します。

人は一度贅沢な生活をしてしまうと、質素な生活をすることが困難になるでしょう。

金銭感覚は簡単に元に戻るものではないため、不倫関係が終わったあとに苦労する人が多いというところが問題です。

時間を無駄にする

社長とだけではありませんが、不倫をして幸せになることができる女性はごくごくわずかです。

不倫にメリットはありません。そのため不倫をしている時間が無駄となり、多くの女性が自分の時間を無駄にしてしまうのです。

そのときは幸せでも、終わってしまうと不倫で何も得られなかったことに気づき、あとから後悔する女性も少なくありません。

記事の著者