「押してダメなら引いてみろ」で気になる相手を振り向かせる!恋愛の駆け引きテクニック

記事の著者:759280

「押してダメなら引いてみろ」とは、よく聞かれる恋愛のテクニックです。

一生懸命アプローチしても上手くいかなかったり、相手にされなかったりする場合に一歩引いてみるというテクニックですが、この「押してダメなら引いてみろ」というテクニックは果たして正しいやり方なのでしょうか。

今回は、恋愛テクニックである「押してダメなら引いてみろ」について注目してやり方や引く期間について詳しく紹介していきます。

「押してダメなら引いてみろ」のやり方

「押してダメなら引いてみろ」はよく聞かれる恋愛テクニックではありますが、実際にどのようなやり方で行うテクニックであるかを知っている人は少ないです。

そこでまずは、「押してダメなら引いてみろ」はどのようなテクニックであるか紹介していきます。

毎日していたことをやめる

好きな人にアプローチするために毎日していること(LINEなど)があれば、突然やめてみましょう。

毎日きているアプローチが突然来なくなると、相手は「今日はどうしたのかな?」と思うようになります。

この方法を成功させるためには、相手に「今日はどうしたのかな?」と思われるくらいに続けてから行うようにしましょう。

1ヶ月もの間毎日のように連絡していて、急に連絡が取れなくなるというような状況だと成功しやすいです。

向こうから連絡が来た場合、既読スルーしてみるという方法もあります。既読スルーされるとより男性はあなたのことが気になるようになるはずです。

リアクションを抑える

女性にとくに言えることですが、好きな相手の前だとリアクションが大きくなる人は多いでしょう。

いつも楽しそうに大きなリアクションをしている人が、急によそよそしい感じになると男性は気になってしまうようです。

「自分に興味がなくなったのかな?」と相手を心配させることができますので、いつもと違う反応をしてみる方法恋愛のテクニックとしておすすめします。

ほかの人と楽しそうに話してみる

好きな相手と話す時間を減らし、あえて他の男性と話す機会を設けるようにしてみて下さい。

すると男性は「あっちの男性の方がいいのかな?」と不安に感じることでしょう。

独占欲が強い男性であれば、自分に興味があるであろう女性が他の男性と楽しそうに話している姿を見るといてもたってもいられなくなるはずです。

ここまでは「押してダメなら引いてみろ」の代表的なやり方を紹介していきました。一度チャレンジしてみる価値はあると思います。

「押してダメなら引いてみろ」引く期間は

「押してダメなら引いてみろ」で大切なのは引く期間です。どのくらい引く期間を設けるのかによって、成功するしないは大きく変わってきます。

引く期間に成功はありませんが、だいたい2~3週間の期間で引く期間を設けるようにするといいのではないでしょうか。

1週間引いただけだと短いため、相手に引いていることに気付かれないケースもあります。かといって、1ヶ月も引く期間を設けるというのは長いです。

「押してダメなら引いてみろ」の期間に女性は、ただ引くだけでなくさらに魅力をアップさせるように心がけましょう。

例えば、ダイエットをしてスリムになっていたり、メイクの仕方が変わってより魅力的になったり、魅力がアップすることで、引いたあと戻ったときに「おっ!」と男性はあなたに好印象を持つようになります。

あなたのことを好きにさせるために「押してダメなら引いてみる」という恋愛テクニックを使うわけです。ただ引けばいいというものではありませんので意識するようにして下さい。

「押してダメなら引いてみろ」の効果

恋愛のテクニックとして知られる「押してダメなら引いてみろ」ですが、どれくらい効くのかは相手によります。

少しでも自分のことに興味関心がある相手に行うと良い効果を発揮することができますが、そうでない場合は良い効果を発揮することはないでしょう。

簡単そうなテクニックに見えますが、実はその前の段階(仲良くなる段階)からもうテクニックはスタートしていますので、ただ引けばいいものではありません。

確実な恋愛のテクニックはないと言っていいでしょう。しかし試してみる価値はありますので、気になる彼とうまくいかない方はチャレンジしてみましょう。