絶対に失敗できない!付き合う前のデートで注意すべきこと

友達以上恋人未満、まだはっきりと付き合っているとは言えなくても、意中の人とデートをすることがあります。

付き合ってからのデートと違って、付き合う前のデートではどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

今回は、付き合う前のデートの頻度と、デートでの注意点について紹介していきます。

また、意中の相手と少しでも距離を縮めたいという方には、キス用美容液のヌレヌレがおすすめ。ヌレヌレは、「男性が思わずキスしたくなるような唇」を再現できるように開発されたグロスです。

付き合う前でも、男性は好きな相手とのデートでキスを意識しています。そんなときにあなたが魅力的な唇で現れたら、ドキドキすること間違いなしです。ぜひ試してみてください!

男性が思わずキスがしたくなる唇を手に入れる

デートの回数や頻度

出会ってから付き合うまでのデートの回数は、もちろん人それぞれですが、大体3~5回が平均と言われています。

付き合うために、仮に5回デートをするとして、その5回のデートはどれくらいのペースで重ねるべきなのでしょうか?ここではその頻度について紹介します。

2~3日に一回

かなりのハイペースに思えますが、相手も盛り上がっているうちに押し切るのは悪くはありません。

しかし、「交際に発展した」ということ自体がゴールになりがち。

知り合って2週間程度の人との交際では、お互い付き合い始めてから初めて知る部分が多いので、次第にすれ違いがおき、短期間の交際になりがちです。

長続きさせたいのであれば、もっと間隔を開ける方が理想かもしれません。

週に一回

出会ってから付き合うまでが、1か月程度なのがこの期間です。

この場合、「金曜日まで頑張ればあの人に会える!」というのはもちろん活力になりますが、3週目には、家でゆっくりしたいという意見も出てくるようです。

女性としても、毎週デートとなると、毎回同じお気に入りのデート服を着てしまいがち…という状況にも陥るのではないでしょうか?

男性にとっても、デートは何かとお金がかかるので、会いたい気持ちをお互い控えて、毎週というのは避けた方がベターでしょう。

2週間に一回

付き合う前にしては、結構少なめの頻度に思えますよね。

しかし、毎週に比べて女性は自分を磨く時間ができるのと、男性は週末にデートプランを練ったりデートの下見をしたりもできますし、それぞれが有意義に自分の時間を過ごすことができます。

友人に彼のことを相談したり、会えなくても彼はマメに連絡をくれるのか、など彼のマメさも見ることができますね。

1か月に一回

さすがにこの頻度で上手くいったという方はあまりいないようです。いくら好かれようと努力した結果であっても、男性もさすがに脈なしと判断してしまいます。

男性からしても、出会ってから1ヶ月に一回のデートに誘うというのは、あまり気が乗っていない証拠かもしれません。

ただ、それがデートと思われているかどうかはともかく、断られないだけまだ交際の可能性はあるということでしょう。

デートでの注意点!

付き合う前のデートは、いわば相手を見極めるオーディション期間のようなもの。なるべく大きな失敗は避けたいところです。

そこで、付き合う前のデートで気をつけたほうがいい点を紹介していくので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

気合いを入れ過ぎない服装を

初デートはついつい気合いが入ってしまいますが、気合いを入れ過ぎてしまうと失敗に繋がります。

可愛いと思われたい気持ちからいつもよりメイクが濃くなったり、露出しすぎた服装をしたり。男性は清楚な女性を好むので、メイクは濃すぎず露出した服装は控えましょう。

また、ヒールの靴なども注意が必要です。靴擦れを起こし歩くのが辛くなると、場の雰囲気も悪くなってしまいます。

履き慣れたものや、負担がかかりにくいものを選ぶのがおすすめ。

デートプランに心配りを

初デートでの行き先は特に注意しましょう。あなたのことをまだよく知らない状態なので、彼は頭を悩ませてしまいますし、決まった行き先にあなたが不満を持ったら彼は萎えてしまいます。

とくに買い物デートは注意しましょう。気になる人に、自分の興味があることを知ってもらいたいという人は少なくありません。しかしそれほど親しくなっていない段階で、趣味を押し付けるようなデートは、相手を退屈させます。

共通する趣味から仲良くなった場合をのぞいて、親しくなってから趣味を前面に出しましょう。一緒に楽しく行き先を考えることが、失敗しないコツです。

また、「次、どこに行こうか?」「ランチは何が食べたい?」と聞かれたときに、「なんでもいい」「お任せ」と返事をするのはやめましょう。大枠だけでも提案することで、一緒に楽しみたいという姿勢を見せることが大切です。

混雑するような場所には行かない

待ち時間が長くなるようなところでデートをすると、不必要なストレスが溜まってしまうもの。せっかく楽しい時間を過ごそうと思っても、イライラした記憶だけが印象として残って、関係が発展しなくなります。

待つというストレスを減らすだけでも、相手に楽しい印象を残すことができるでしょう。

おごられる前提はNG

男性はおごる価値のある女性におごりたいのであって、その価値を理解していない女性にはおごりたがりません。おごられて当たり前という態度を見せると、男性からの印象は一気に落ちてしまいます。

せめて会計のときには財布を出し、おごられたら笑顔で感謝を伝えましょう。

カラダの関係は付き合ってから

ほとんどの場合付き合う前にカラダの関係を持つと、その場限りの関係で終わります。体の関係が目的なら別ですが、きちんとした恋愛を考えているなら、カラダの関係は付き合ってからにしましょう。

精神的な結びつきを強めてからカラダの関係に進むと、愛情が持続しやすいです。

デートでの会話の注意点

初めてのデートではたくさん会話をして、相手のことをよく知ることが大切です。

しかし、緊張すると何を話したらいいかわからなくなってしまうもの。無言が続いてしまうとあなたも彼も楽しめず、次に繋げるのが困難になってしまいます。

事前に話題を用意したり、彼の趣味などをあらかじめチェックしたりするようにしましょう。

相手への興味は、質問の多さに現れる

気になる相手と過ごす時間なので、自然に相手への質問が増えるのは当然です。しかし、恥ずかしがったりめんどくさがったりして、あまり質問しないのは相手に興味を持っていないと思われます。

相手のことは、どんなことでも知りたいという姿勢を、積極的に出していきましょう。

自分の話はバランスに気を付ける

相手に自分のことを知ってもらうために、自分の話をすることも大切です。しかし一方的に話し過ぎると、相手に飽きられてしまうことがあるので、ある程度バランスに気をつけながら話すのがいいでしょう。

また、あまり自分の話をしないのは相手に距離を感じさせてしまうことになります。

話の内容は選ぶ

過去の恋愛話など、話さなくてもいい話は絶対に避けること。無言が続かないよう注意して、ついつい聞かなくても良いことを聞いてし舞うかもしれません。

気になるところではありますが、楽しいデートでそんな話をさせられてしまうと、男性も萎えてしまいます。無駄な話題を出さないように、自然で楽しい会話を心がけてください。

また、自分の詳しい話ばかりするのではなく、テレビや映画の話など、お互いがわかる話を選びましょう。

まとめ

付き合う前のデートでとくに意識しておきたいことは、相手に興味と敬意をもって接することです。これから関係を発展させていきたいので、相手の話に耳を傾け理解しようと努めることが大切。

また、デートは相手任せにせず、こちらも一緒に楽しみたいという姿勢を見せることで、相手も喜んでくれることでしょう。気になる異性がいる人は、ご紹介した点に注意しながら、ステキな恋愛を始めてみてはいかがでしょうか。

また、デートでの身だしなみに役立つ、キス用美容液のヌレヌレもぜひチェックしてみてください。ローヤルゼリーが配合されているので、普段使いにもぴったりな、潤いをキープしてくれます。

ほんのりフローラルの香りのする唇は、よりあなたを魅力的に見せてくれるので、ぜひ試してみてください!

男性が思わずキスがしたくなる唇を手に入れる

記事の著者