アナウンサーと出会う方法5選:高値の花も地道に攻略しよう!

テレビやラジオなどのメディア番組を視聴していると私たちの生活に必要な情報をわかりやすく伝えているアナウンサー。

現代ではその清楚な容姿や高学歴の人が多い職業柄で婚活サイトなどでは結婚したい職業でも人気が集まっているのがわかります。

しかし、華やかなメディアで活躍している分、一般人では出会うのは無理かも…とあきらめてしまう人が少なくないのも事実です。

そこで今回はアナウンサーと出会うためにはどうしたら良いのか、5つに厳選し詳しく見ていきます。本気で出会いたいと思っている人は必見です。

アナウンサーと出会うには?

アナウンサーと出会う近道

まずは、アナウンサーと出会うためのきっかけを作ることからです。

しかし、普通に暮らしていてもアナウンサーと出会う機会は滅多にありません。ではどうやって出会いの場を作るのでしょうか。

それはアナウンサーがいる場所に行くことです。つまりテレビ局に勤めることが出会う確率が断然高くなります。

アナウンサーは職業柄時間が不規則なため、なかなか一般職の人との出会いの場が限られることが多いようです。

その一方で、テレビ局という同じ業界に勤めれば、顔見知りを介しての合コンや、同じ制作現場にいるメンバーとして確実に出会うことが可能になります。

また、制作現場では同じものを作り上げる同士として、普通に出会うよりも互いの距離を縮めやすいです。

メディアで注目される人になる

確かにテレビ局に勤めることが近道なのはわかりましたが、現在別の職に就いている方ですとなかなか現状を変えるのは大変なことです。

仕事先以外で出会う方法はないのでしょうか。考えてみるとアナウンサーの仕事はニュースの原稿を読むだけではなく、直接現場に出向きインタビューを介して報道する仕事があります。

報道は政治だけではなく私たちの生活に必要な情報や巷で噂の場所やアイディアを紹介したりと、意外と身近な内容も多いです。

そういった形でメディアを惹きつける仕事や情報をインタビューされるような人になれば仕事を通じて知り合うきっかけができるのです。

有名人の中ではインタビューで知り合い、交際から結婚へと進展したという人が多くいます。諦めずに地道に頑張ってみましょう。

高学歴の友人を作る

アナウンサーと言えば難関大学卒業生がほとんどです。

ご自身がその出身校であれば同窓会や顔見知りの友人を経て紹介してもらうのもひとつの手ではないでしょうか。

ご自身が出身校ではなかった場合も、会社の同僚や気が置ける仲間の知り合い、SNSでの投稿などどんどん周りに意思表示をして友達を増やす目的で卒業生や現役大学生と繋がりを作るのもいいと思います。

その繋がりから合コンの誘いや元サークルでの集まりで本人には会えなかったとしてとも、何かしら収穫できるかもしれません。

ちなみに、アナウンサーの主な出身大学は、東大、慶応、早稲田など名だたる大学が多いようです。

縁がない…と思う方でも今はネット社会なので、twitterやfacebookでアナウンサーの同級生などと知り合いになってみましょう。

各種セミナーに参加してみる

仕事や出身校も関連性ゼロ…という人も多いでしょう。

その場合は誰でも受講できるセミナーに参加してみましょう。セミナーといっても多種多様ですが例えば、身近な料理教室やワインセミナーやヨガなどです。

職業柄で普段から知識や美と健康を意識した方が多いアナウンサーの方々は隙間時間を使って日々自分磨きをしている方が多いようです。

自分の好きなアナウンサーが通っているヨガ教室が調べてわかるのであれば、その教室に通ってみましょう。わからない場合でも、共通の趣味があれば、本人と実際には会ったときに話題の材料にもなるので、おすすめです。

自分自身の魅力を高めつつ出会いを求めて受講することで環境も変わり、その場所で出会えた縁で情報がゲットできるかもしれません。

出会える確率も高くなり自分も成長できるので、一石二鳥でしょう。

自分の価値を上げる

ここまで色々な角度からアナウンサーに出会い結婚する方法をお伝えしてきましたが、最後はやはりアナウンサーに見合うように自分に自信をつけることが重要なのではないでしょうか。

彼らは日々プロ選手や芸能人を相手に仕事をしています。結婚相手にも自分以上の価値を求める人が多いでしょう。

最後はお金などと言ったりしますが、内面も外見も輝いていればきっと振り向いてくれるはずです。

高嶺の花とされているアナウンサー。合コンやお見合いサイトなども手ではありますが、一生を寄り添うパートナーになるために諦めずに努力してみましょう。

ペアーズは累計会員数が800万人を突破したマッチングアプリの最大手です。アナウンサーに出会うつてになるようなテレビ業界の人にも出会えるかもしれません。

ぜひチェックしてみてください。

無料で出会いを探す[ペアーズ]

記事の著者