豊胸・バストアップにおすすめの方法4選:マッサージやサプリなどご紹介

記事の著者:SARAS編集部

「胸が小さいせいで恥ずかしくてプールや海にも行けない」「胸が小さいことで似合わない服がたくさんある」「小さすぎて彼氏に見せたくない」など、多くの女性が抱えるバストの悩み。胸が小さいのがコンプレックスという女性もいるでしょう。

豊胸手術を行えば理想のバストを短期間で手に入れることができますし、マッサージやサプリ、ナイトブラなど、バストアップには様々な方法があります。

今回はバストアップにおすすめの方法を紹介していくので、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

バストアップマッサージ

胸が小さい人は、乳腺が発達しておらず、血液とリンパの流れが滞ている可能性があります。乳腺を発達させるケアを行うことで、バストアップを図ることが可能です。

お肉を寄せてくるマッサージや乳腺を刺激して発達させる方法を紹介します。

1.お肉を寄せてくるマッサージの方法 背中の場合

左手を曲げ胸の前に上げます。

右手を左脇下から肩甲骨の法まで持っていき、背中のお肉を集めるようにして、脇の下から胸に向かって脂肪を移動させるようにマッサージします。

反対側も同じように、20~30回程行いましょう。

2.乳腺を刺激して発達させるマッサージ

左手を右の脇の下に当てます。

右の胸の下から谷間~左のデコルテ部分まで撫でます。

反対側も同じように10回程度行いましょう。

3.リンパの流れをよくするマッサージ

肩甲骨から脇の下のリンパ節を通って胸へ流します。

デコルテを中心から外に向かって、人差し指・中指・薬指3本の指でさすってください。

左の二の腕を肩の位置まで上げ、右の手のひらで脇の下のリンパ節に向かって脂肪を流すようにさすります。

左右1分程度、痛気持ちいいくらいの力でスタートしていきましょう。

マッサージをする場合は、クリームを使うことをおすすめします。バストアップクリーム LaChouChou(ラ・シュシュ)は、バストに働きかけるボルフィリンとセサフラッシュというバスト美容成分を贅沢に配合したクリームです。この二つの成分が肌にハリと弾力をあたえ、魅力的なバストへ導きます。

ラ・シュシュをチェック

バストアップサプリ

ホルモンバランスが乱れがちになるとバストアップの妨げになります。また、血液やリンパの流れが悪いと、バストアップに必要な栄養が胸に届きません。毎日の生活習慣が何より大切なのですが、それに加えてサプリを飲むことでバストアップを助ける方法です。

バストアップサプリに含まれる成分によってメカニズムは違いますが、基本的には女性ホルモンが関係します。

生理になると胸が張るのは女性ホルモンの作用の一つで、通常よりも多くの女性ホルモンが分泌されているからです。これに似た作用で、妊娠すると胸が1~2カップ大きくなります。バストアップサプリに含まれる成分も同じようなメカニズムなのです。

女性ホルモンと似たような働きをする成分や、分泌を助ける成分を摂取することで、脳が女性ホルモンが分泌されていると判断します。脳が働くことで乳腺が刺激され大きくなり、その結果脂肪がつきやすくなってバストアップ効果が期待できるというわけです。

効果を実感できる期間は個人差もありますが、どのサプリの会社の担当者も3ヶ月は続けてほしいと言うことが多いです。最初は効果を感じなくても頑張って続けてみましょう。

バストアップサプリでおすすめなのは、ベルタプエラリアというものです。純正100%、AAAランクのプエラリアが配合されており、バストにハリをあたえます。さらに美容成分4種と、スッキリ、リフレッシュ成分5種が配合されています。

お客様サポートも徹底されており口コミもいいので、ぜひ試してみてください。

ベルタプエラリアをチェック

ナイトブラ

寝ている間に、胸の脂肪が脇や背中に移動してしまうのはよく起こる現象です。ナイトブラには、脇や背中の脂肪を胸に寄せ集める機能と、胸の脂肪が脇や背中へ移動するのを防いでくれる機能があります。

女性の胸は90%が脂肪でできており、流動性のある脂肪が寝ている間に移動することがバストダウンの原因の一つです。脇や背中の脂肪を胸に集めた状態をキープすることで、バストアップの効果が期待できます。

また、寝ている間にかかる重力から胸を守り、寝返りなどに合わせて胸が揺れないように支えるのがナイトブラの役割です。クーパー靭帯という胸を上向きに支える靭帯を守る効果もあります。

伸縮性に優れ、強い締め付け感を与えずに胸を支えるため肩こりの軽減にもなりますし、安眠促進効果も期待できるでしょう。

自分の胸のサイズに合ったサイズを選び、肌触りや機能性をしっかり確認して購入するのがおすすめです。

育乳ナイトブラのレスタリアージュボリュームアップブラは、体温を上げめぐりをよくし、発育力を上げるという方法でバストアップを促します。第二次性徴期が終わった20代〜50代の方でも、発育力が上がる工夫がされているのでぜひ試してみてください。

ボリュームアップブラをチェック

豊胸手術(シリコンバッグ挿入・脂肪注入・ヒアルロン酸注入)

豊胸術には、シリコンバッグを胸に挿入するバッグ豊胸、自分自身の余分な脂肪を吸引して胸に注入する脂肪注入、メスを使わずヒアルロン酸を注入し、バストアップさせるヒアルロン酸注入などの方法があります。

シリコンバック挿入の手術方法は、希望や体格、体質に合わせてシリコンバッグを「大胸筋下」「乳腺下」「胸筋膜下」のいずれかに挿入してバストアップする方法です。

シリコンバックとは人工乳腺のことで、インプラントの場合もあります。以前は生理食塩水などが使用されていましたが、安全面などから現在ではシリコンバッグのみが使用されている方法が一般的です。

脂肪注入とは、自分の余分な脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入する方法です。注入された脂肪の半分以上は吸収されてしまいますので多めに注入します。個人差もありますが、生着率は2~7割程度です。
生着率を上げるために、コンデンスリッチやピュアグラフト、幹細胞などの方法もあります。

ヒアルロン酸注入は、全体的なバストアップだけではなく、「デコルテ」「谷間」「外側のボリュームアップ」や左右差の修正などデザインメイクも可能な方法です。胸専用のヒアルロン酸を注入するだけなので、施術時間も15~30分ほどで終了します。

豊胸と言ってもプチ整形なので、とても気軽にチャレンジすることができるでしょう。

豊胸手術は、ただバストアップをするだけではなく、一人一人に合わせたデザインとバランスを計算するので、理想の胸になることができます。

迷っている方は、カウンセリングを受けるところからはじめたらいいかもしれません。豊胸手術に強く、店舗数も多い湘南美容外科がおすすめです。

湘南美容外科をチェックする

少しでもバストアップが叶えば、自分自身に自信が持てるようになるはずです。自分に合った方法で胸の悩みを解消しましょう。