女性がリードしてSEXへ導く方法:恥ずかしくて言えない!という人必見

いつもは男性が女性をSEXに誘い込むのですが、女性だって気分が盛り上がって自分からSEXに誘いたい時だってあります。

しかし、自分から誘うのは恥ずかしい…という女性も多いようです。

そこで今回は、女性が上手く男性にSEXを誘う方法をいくつか紹介していきます。ぜひ試してみてください。

スキンシップをとる

女性から男性をSEXに誘い込むのは、なかなかストレートには伝えづらいもの。そんな時には、さりげなくスキンシップを増やしていってみるのが効果的です。

男性の隣に座り、まずは手を優しく触ってみたり、握ってみたりしてみましょう。男性が嫌そうにしてなければ、少しずつ肩にもたれかかってみたり、抱きついてみたりします。

徐々にスキンシップを増やしていくことで、男性の方も気分が盛り上がってきて、自然にSEXへと持ち込むことができるでしょう。

甘えてみる

男性は、好きな女性から甘えられると自分に心を許してくれていると感じ、良い気分になります。

そのタイミングで、甘えるような口調でSEXに誘うことができれば、スムーズにいくはずです。

自分からベッドへ行く

女性が男性をSEXへの誘い方として、自分からベッドへ行くという方法があります。

はじめは、ベッドに腰掛けてみたり寝転んだりしてみましょう。そして、男性の方をずっと見つめたりしていれば、男性の方もベッドへ誘われていることに気付くはずです。

食べ物をサインにしておく

女性が男性をSEXに直接誘うのが恥ずかしいという場合には、食事でこれを食べたらSEXをするという決まり事をしておくのも一つの誘い方です。

例えば、オムライスにかけるケチャップがハートマークになっていたらSEXしたいサインなど、お互いの中でルールを先に決めておけば、直接口で言わなくても相手がわかってくれます。

自分から脱ぐ

もっとも分かりやすい方法は、自分から服を脱ぐことです。もちろん、男性の家やホテルなどへ行っていきなり脱いだりすると引かれてしまうでしょう。

少しいい雰囲気になってきた時に、女性の方から服を脱いでしまえば、男性の方も放っておくことはできないはずです。

明日の予定がないことを教える

彼とのデートも終盤、普段ならもう解散という時間帯になったら、さりげなく明日の予定がないことを独り言のように伝えましょう。

もし彼もSEXしたいなと考えていたならすぐに意味を察するはずです。中には本当にただ単に明日のスケジュールについての話をしていると思ってしまう男性もいるかもしれません。

そんな時にはダメ押しで、「この後どうするの?」も付け加えてあげてください。鈍感な彼でもこれにはさすがに気がついてくれるはずです。

電気を消す

お部屋デートも定番ですよね。まだ寝る時間でもない絶妙なタイミングで電気を消してみましょう。すぐにあなたのOKサイン、SEXの誘いだと理解してくれるはずです。

より分かりやすく伝えるために、彼の方を向いて横になるのがポイント。電気を消して背中を向けてしまうと、彼も迷ってしまいます。

暗くても、あなたの視線に気がつけばベッドに潜り込んできてくれるでしょう。

終電をあえて逃す

電車の時間を気にしつつ、終電をわざと逃すというのもSEXへ誘う方法としては有効です。もちろん、二人きりのタイミング限定になります。

「あ、終電過ぎちゃったね」と言ってあげるだけでOK。終電がなくなっても慌てず怒っていないあなたを見れば、それがどういう意味なのかはピンと来るでしょう。

終電の時間を気にする、という前フリも効いているため、思わぬお誘いに彼もきっと普段より喜んでくれるのではないでしょうか。

部屋についていく

古典的な手段ではありますが、彼の部屋についていく、というのは最も効果的な方法の一つでしょう。

基本的に男性は、自分の部屋に来る=OKの合図 だと考えています。もちろん女性がものすごく天然な場合は、男性も判断に迷ってしまうケースはあるかもしれません。

ポイントは部屋に行く前にコンビニに寄ること。ここでアルコール類を買っておくというのがオススメ。カクテル一本で構いません。あなたの部屋でゆっくりしたいという意思表示になります。

あとは、「メイク落とし買ったほうがいいかな」とか聞こえるような独り言で決定打を与えましょう。一発でSEXの誘いだとわかってくれます。

あなたの悩みは解決しましたか?もし解決していない場合は、下記のQ&Aから相談してみてください。ユーザーがあなたの恋愛の悩みに向き合ってくれます。 Q&A掲示板で悩みを匿名相談

記事の著者

セックスの悩みをもっと見る