葬式には靴下は履いてはいけない?:マナー違反にならないために知っておこう

葬式で意外と目につくのが足元です。あまり見えないところだから気にしないのではなく、足元こそきちんと気を遣って、マナーを守りましょう。

女性の場合は喪服で、ワンピースなどを着用しスカートを履くことが多いです。ストッキングの色や靴下のことなど知っておき、きちんと準備しておくと困らずに済みます。

急に葬式に参列することになった時にマナー違反にならないよう、お通夜や葬式での正しい服装をきちんと確認しておきましょう。

ストッキングのマナーとタイツについて

基本的には黒色のストッキングを着用するのがマナー。しかし、冬場の葬式のときは黒タイツを着用しても大丈夫です。

喪服を着る時は、遺族は黒ストッキング、参列者は黒または肌色のストッキングを着用し、地域によっては肌色のストキングが良いとされているところもあるので確認しておきましょう。

ストッキングに対してカジュアルな印象のある黒タイツは避けた方がいいという意見もありますが、ストッキングは戦後に普及したもので着用マナーも新しいものとされているので、決まりが確立しているというわけではありません。

なので葬式で黒タイツを履いている人も少なくなく、特にマナー違反というわけではないです。

またパンツスーツで参列する時は、パンツの下に黒または、肌色のストッキングを着用します。靴は、スカートと同様に黒のシンプルなパンプスを履きましょう。

靴下は好ましくない?

葬式では夏場であっても露出を控えるのがマナー。なので、靴下を履くのはマナー違反になってしまいます。

黒のストッキングを必ず用意しましょう。喪服には季節問わず、黒のストッキングを合わせます。

ストッキングのマナー

通夜にはあえて肌色のストッキングを選び、急いで駆け付けたということを意味する人もいるようですが、黒が基本。

ストッキングの種類についてですが、喪服に合わせるストッキングで大切なのは厚みと言われています。ストッキングとは、一般的に30デニール以下の厚さを示していて、目安はうっすらと肌が透けるくらいがベストです。

網タイツやラメ入りはもちろんですが、控えておきましょう。喪服を着る時は、ファッション性よりも、その場に合っているかどうかを考えてアイテムを選びましょう。

また、女性でよくありがちなのが、ペディキュアです。弔事では靴を脱ぐ機会もあり、ストッキングから派手なネイルが透けてしまうということもあります。

ナチュラルなものなら構いませんが、派手なカラーは注意が必要です。事前に落としておくことがベスト。

葬式は正座や立ち座りなど足の動きが多いです。伝線しやすい薄手のストッキングを履く場合は、一組予備を用意しておくと良いでしょう。

記事の著者

冠婚葬祭の悩みをもっと見る