葬儀で親族に対するマナーとは:参列者として気をつけるべき注意点

故人との最後の別れの場となるのが葬儀では親族や故人と関係があった人にとって、とても大切な場ということになります。参列者側として、遺族の方々に失礼のないようにしなくてはいけません。

悲しみの中にいる親族は葬儀や告別式で憔悴している場合もあるので、気を遣うことも大切です。マナーを知らないと迷惑をかけてしまうということもあります。

きちんとマナーに気を付けて故人との最後の別れを大切にしましょう。

通夜に弔問する場合

通夜に駆けつけたら、親族の方に「この度はご愁傷様です」と一言お悔やみの言葉をかけましょう。

また、通夜の場合は受付がないのが一般的なので、香典は祭壇に表書きか自分側を正面にして供えます。

通夜に限らず、死因を聞くのはマナー違反なので絶対にやめましょう。

親族の方は、葬儀や告別式の準備などで忙しく、悲しみに暮れている時なので長居をしないのがマナーです。

通夜ぶるまいに関して

通夜ぶるまいに呼ばれたら、あまり親しくないからなどという理由で断らず、なるべく参加するようにしましょう。誘われたら参加するのがマナーです。

また、準備や悲しみで大変な思いをしている親族のことを考え、大きい声を出して騒いだり、飲みすぎたりなどしないようにしましょう。

通夜ぶるまいも長居をすると親族の方に迷惑になってしまうので気を付けるようにしてください。

葬儀の挨拶

葬儀などの弔事で、もっとも気をつけなくてはいけないと言われているものが挨拶です。

通夜、告別式、葬儀などで大切な方を失った親族に対して、お悔やみの言葉と元気づけるような言葉をあげるときにも使ってはいけない言葉があるので注意してください。

忌み言葉を避けるというのがマナーです。忌み言葉というのは不幸が続くことを連想させる言葉のことで、親族に対する配慮で絶対に使ってはいけません。

焼香のマナー

宗派や地域によって焼香の本数や抹香の回数は多少違いますが、無理に喪家の宗派に合わせる必要はないとされています。

基本の作法をしっかりと踏まえていれば、一般の弔問や会葬者はあまり作法にこだわる必要はありません。また、最近では係りの人が指示をだしてくれるのでそれに従うようにしましょう。

葬儀中に関して

読経を僧侶にしてもらう際に絶対に居眠りをしてはいけません。これは当たり前のことですが、親族や故人に対してかなり失礼です。きちんとマナーを守りましょう。

また、携帯電話はきちんとマナーモードにしておきましょう。葬儀という静粛な場で携帯電話が鳴ってしまったら、かなり迷惑をかけてしまいます。

心配な人は車に置いておくなどして、絶対に鳴らないように心がけましょう。

記事の著者

冠婚葬祭の悩みをもっと見る