二重にするプチ整形について:埋没法の施術方法や費用などを紹介

女性として生きていく上で切っては切れないものの1つにメイクがあります。

目を少しでも大きく見せるためにアイプチやアイテープで二重を作っている方もたくさんいます。

そんな毎朝の苦労は、日帰りであっという間に二重になれるプチ整形によって簡単に取り払うことが可能です。

一般的に「埋没法」という手術が1番手術時間も短く費用も手ごろなので、今回はプチ整形の王道と言われる埋没法の二重手術について紹介します。

二重にするプチ整形の施術方法

まずはカウンセリングでどんな二重にするのかを決めます。

理想の二重がある人は写真を持っていったり、芸能人の○○みたいな目にしたいなど自分の希望を伝えてください。実際にシュミレーションをしてみて納得したら手術です。

ここでうやむやのまま手術に向かうと、「思っていた目と違う。」「手術しなければ良かった。」と後悔するかもしれないのでドクターとしっかりと話し合うことが大切です。

埋没法の手術は、まぶたの裏側に透明な糸を通し結び目を作ります。この結び目がまぶたの食い込みになり二重となります。

結び目の数によって一点留め、二点留めなどと呼ばれており、結び目の数が多くなるほど費用も高くなりますが、その分二重の強度も増していきます。

手術は部分麻酔や笑気麻酔を付けて行われるので痛みはありません。

埋没手術に使われる糸は髪の毛よりも細く、術中も引っ張られる感じはありますが目の中に異物が入っている時のような違和感を感じることはありません。だいたい10分~15分で手術は終了です。

プチ整形全般に言える事ですが一切メスを使わないのであっという間に理想の自分に生まれ変わることができます。

二重にするプチ整形の費用

何点留めで二重を作るかによって費用が変わります。

2点留めなら20,000~30,000円。3点留めなら30,000~40,000円が相場ではないでしょうか。

もっと安いクリニックもありますが、麻酔が別料金だったり糸を通す針の種類で値段が変わったりします。そして、なんだかんだと上乗せされていくので上記の費用くらいは考えていた方が無難です。

プチ整形は気軽に行えるため美容クリニックの中でも特に人気のある手術です。そのためたくさんのクリニックが学生割引やモニター割引などお得なキャンペーンをしています。

そういった情報もあらかじめ調べておくことをおすすめします。

二重にするプチ整形の術後の腫れ

身体に糸を通すのでいくらかの腫れは確実にあります。

腫れの大きさは体質にもよるので一概には言えませんが、二重の幅をそれほど広く作らなければまぶたの負担も少ないのでメイクで誤魔化せる程度の腫れです。

腫れや内出血が出た場合も1週間程で落ち着きます。その間はメイクをした上で眼鏡をかけたり帽子をかぶったりして誤魔化している人が多いです。

二重にするプチ整形の病院選びのポイント

いざ埋没手術を受けようと思っても、たくさんのクリニックがあるのでどこを選べば良いか分からないと困ってしまいます。

プチ整形とはいえ自分の顔に対して真摯に向き合ってくれるクリニックでないと不安です。

そのような時はインターネットの口コミサイトを調べましょう。クリニックの名前を出して術後の写真と共に経過ブログを書いている方もいます。

それを踏まえて、HPに料金が明確に記載されてるか、HPのモニター写真を見て二重に左右差がある出来上がりの患者はいないか、カウンセリングを受けたとき、信頼できるドクターかどうかの3つが大事なポイントになります。

カウンセリングは無料のクリニックも多いので自分が納得できるクリニックが見つかるまで何件かまわってみるのも一つの手ではないでしょうか。

湘南二重術が人気!

プチ整形のメリットでありデメリットでもありますが、埋没手術は永久的な二重の手術ではありません。結んだ糸が切れたりほどけたりすると元の目に戻ってしまいます。

そのため気に入らない二重になった場合もやり直す事ができますし、自分の似合う二重幅が分からない場合も実際に色んな二重を試す事ができます。

気に入った二重幅が見つかればまたその幅で手術を行うか、切開手術にステップアップする人もいます。

プチ整形とは言っても信頼できるところで安心して、施術したいという方には湘南美容外科がおすすめです。TVCMでも話題の湘南二重術は、腫れにくく、美しい仕上がりになります。

初めて埋没法を受ける方や過去に他院で施術を受けて糸が取れてしまった方、ナチュラルに仕上げたい方に向いています。価格は両目2点留めで29,800円と挑戦しやすい価格になっています。

店舗は、東京だけで35院、関西で12院もあり、身近な店舗を見つけやすいです。

何年もアイプチやアイテープを使い続ける事を考えたら、一度気軽にカウンセリングを受けてみるのはいかがでしょうか。無料カウンセリングは、電話かWebサイトから簡単に簡単に予約できます。

湘南美容外科をチェックする

記事の著者