頬骨を引っ込める矯正方法紹介:入院なしの全身麻酔で施術可能!

記事の著者:1805659

頬骨が飛び出ているかいないかで、顔の印象は大きく異なります。

美容外科では頬骨の矯正が可能で、矯正により理想のフェイスラインを手にすることが可能です。

また、顔を若々しく見せるための施術としても親しまれています。

今回は、理想の頬骨や矯正方法、術後の影響などをまとめました。

頬骨の矯正方法と費用

頬骨の矯正方法は、全身麻酔後に口の中などから小さく切開し、専用の器具で頬骨を削ります。そして位置決めをしたところでチタン製プレートで固定します。

手術時間は、だいたい2時間~2時間半ほどかかります。

また、頬骨削りの費用の相場は100~200万円ほどです。クリニックによっては分割払いが可能だったり、会員・モニター割引制度があったりするので、自分の予算に応じたクリニックを選びましょう。

頬骨矯正の術後のダウンタイムや経過

術後3日が痛みや腫れがピークで、顔がパンパンになります。腫れによって、食事がしづらかったり、喋りにくかったりするでしょう。また、細かな制限はありませんが、頬杖をつかないように注意したり、硬いものを食べないようにするといった注意が必要です。

しかし、日数が経過すれば徐々に落ち着き、早くて1週間ほどで腫れは引いてきます。

入浴は術後翌日から可能な場合もありますが、血行促進効果があります。症状の経過を見て、腫れがひどいときは入浴を控えましょう。

また、手術の傷跡は、基本的に口の中や耳の後ろなど目立たない部位を切開するため、目立つ傷跡が残ることはほとんどありません。

3ヶ月ほど経過すると、手術の傷も落ち着き、食事などの不自由もなくなり、通常の生活に戻ることができます。

頬骨矯正でおすすめの美容外科2選

湘南美容美容外科

こちらのクリニックでは、頬骨の自然なカーブを活かしたまま内側へ移動させることができる、「アーチインフラクチャー法」を採用しています。

この方法によって、前から見たときの頬骨の突起部分や、斜めから見たときに頬が高くなる状態を改善させることができます。

料金は、モニター制度や分割制度があるため、自分に負担をかけない料金で施術を受けることが可能です。料金は、1,298,000円ですが会員価格で施術を受けるとこの価格から5%オフになります。また、1年間の保証制度も付いています。

頬骨の施術は新宿本院、湘南メディカル記念病院(両国)、横浜院のみで行っています。

無料カウンセリングやメール相談を行っているので、とりあえず相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

  • 住所新宿本院、湘南メディカル記念病院(両国)、辻堂アカデミア
  • アクセス各店舗にお問い合わせください
  • 料金頬骨骨切り:1,298,000円(税込)
  • 営業時間10:00~19:00 ※予約制
  • 定休日年中無休
  • 共通電話番号0120-489-100
  • 湘南美容外科をチェックする

    大塚美容形成外科

    知名度も高く、開業から42年間、医療事故がゼロなので、信頼できるクリニックです。

    頬骨を引っ込める方法として、骨切り術と骨削り術を採用しています。骨切り術は縮小させる骨を切除して固定する方法です。

    公式サイトの頬骨削りのページには、施術方法や料金以外にも症例写真が多く掲載されているので、術後の状態などがイメージしやすくなっています。

    口コミや症例写真などを参考にしながら、無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • 住所大塚本院(東京)、札幌、大宮、横浜、金沢、京都
  • アクセス各店舗にお問い合わせください
  • 料金頬骨削り(口腔内のみ):800,000円(税抜)
  • 営業時間月~金曜 9:00~20:00 土:9:00~19:00 日祝:9:00~17:00
  • 定休日年中無休
  • 電話番号各店舗によって異なる
  • 公式HP大塚美容形成外科
  • 削りすぎないことで理想の頬骨に

    頬骨は、突き出ていると顔が大きく見えしまいます。また笑ったときに、余計に頬骨が目立ってしまうとコンプレックスを抱いている人は多いです。

    そこで、頬骨を削ることによって、顔全体が引き締まり、鼻が高く見える効果もあります。

    施術では、左右の頬骨を均等に削ることが可能なので、頬骨の矯正によって自分の理想の小顔を手にすることが可能です。

    しかし頬骨の矯正は、あまり削りすぎると、エラの部位が下膨れに見えたり、こめかみよりもくぼんで見えたりします。

    そのため、自分の顔や頬骨の特徴に合った量を削ってもらうことが大切です。