しゃくれの矯正方法を紹介:時間と費用がかかる!

顎のしゃくれがコンプレックスで、マスクなしでは過ごせないなどといった悩みを抱えていませんか?

しゃくれは、時間はかかるものの矯正によって治すことができます。

今回は、しゃくれの矯正方法や費用をまとめました。もう治せないと諦めかけている方も、ぜひ参考にしてみてください。

しゃくれの矯正方法3つ

まず、しゃくれには種類があります。

1つ目は「下顎前突症(かがくぜんとつしょう)」という、下顎の骨が前に突き出し、それによって咬み合わせも全体的に前へずれてしまう症状です。その中でも、骨格に原因がある症状を「顎変形症(がくへんけいしょう)」といいます。

2つ目は「反対咬合(はんたいこうごう)」という、上の前歯が内向きに生える、または下の前歯が外向きに生えることで、前歯の咬み合わせが反対になる症状です。

自分のしゃくれがどちらの症状かによって、矯正の方法が変わってきます。

下顎骨切り術

下あごの骨を一部切除し、残りの骨を正しい噛み合わせとなるように移動する方法です。

手術の前に1~2年、歯の矯正を行う必要があります。これは、手術後のあごの状態に対して、適切な歯並びにするための準備です。

手術時間は1~5時間程度で、その後約半年~1年、歯の矯正を行います。

ブラケット矯正

ブラケットとは、歯並びの矯正をするために、1つ1つの歯に取り付ける器具のことです。これにワイヤーを通して歯並びを矯正するので「ワイヤー矯正」ともいいます。

時間をかけて、徐々にきれいな歯並びになるようにワイヤーを調節してもらいながら矯正をしていきます。

小さいサイズですが、基本的に歯の表面に付けるため目立ちやすいです。

一般的な金属ブラケットと、プラスチックやセラミック製の審美ブラケットというものがあります。審美ブラケットは白色・透明なので、金属アレルギーの方や、あまり目立たせたくないという方におすすめです。

下顎前突症の原因が歯の生え方にあるときに用います。

リンガルアーチ

こちらはアーチ状にしたワイヤーを、歯の裏側に沿わせるように、左右の奥歯に引っ掛けて矯正を行う方法です。目立ちにくいので、矯正をしていると気付かれたくない方におすすめです。

徐々に、きれいな歯並びになるようにワイヤーを調節してもらいながら矯正をしていきます。ワイヤーしか使用していないため、ブラケット矯正に比べて微調整がしやすいです。

上の前歯が内側に傾いている、反対咬合が原因の方向けの矯正方法で、歯の軸を改善して傾斜を正すために用います。

しゃくれを矯正するための費用とダウンタイム

下顎骨切り術

顎変形症であれば、外科手術と歯の矯正は保険が適用されるため、3割負担で約30〜50万円です。

しかし、自分の都合などで途中で治療をやめてしまった場合は、全額自分の負担となります。

治療期間は長期間のため、治療を始める前に、保険が適用されるのか、治療が終わるまでの見通し、などをしっかりと理解しておく必要があります。

また、口の中を切除するため、傷跡が見えることはありません。

術後は口の中を固定するため会話や食事がしづらく、口を開けられるようになるには4〜5日ほどかかります。そのため、しばらくの間は流動食で、約2~3か月後から普通食に戻ります。

ブラケット矯正

費用は約80万~100万円で、全額自己負担です。金属のブラケットは比較的安いですが、目立ちにくい審美ブラケットは少し高くなります。さらに、毎回の通院費で数千円かかるため、そうした費用の積み重ねで意外とコストはかかるかもしれません。

ブラケットが取れた後も、後戻りしないようにするためにリテーナーという器具を使います。この費用は、5千〜6万円程度です。

治療後は、1~2か月に1回、経過の確認のため通院する必要があります。

痛みは、装置を付けた後や、通院後にワイヤーをきつくした後1週間は痛みが続きます。痛みのピーク時は、何もしなくても痛みが生じますが、基本的にはものを噛むときです。

その場合、おかゆや豆腐などといった、なるべく柔らかいものを食べるようにしましょう。

リンガルアーチ

費用は約15万円~39万円で、全額自己負担です。どのくらいの期間で終了するかといった歯の状況によっても変わります。

治療後は痛みを感じる場合があります。また、最初は食事や発音がしにくいですが、1週間ほどで馴れてくるでしょう。

病院によっては、痛み止めを処方してくれる場合もあるので安心です。

しゃくれ矯正でおすすめのクリニック2選

湘南美容外科

全国に76院を展開する大手の美容整形外科です。店舗によっては美容歯科を併設している場合があるので、ワイヤー矯正を受けることもできます。

おすすめの施術は、受け口修正コンビネーション・セットです。歯を抜いてそのスペースに口元を下げる施術で、しゃくれを治せるだけではなく、小顔にもなり、美しいEラインを手に入れることができます。

全身麻酔を使いますが、入院する必要はないので比較的気軽に受けられる施術です。料金は、1,098,000円~となっていて、自分の顎の形によって異なります。

そのため、無料カウンセリングでよく相談することが大切です。

受け口修正コンビネーション・セットは、新宿本院、湘南メディカル記念病院(両国)、辻堂アカデミア限定となります。

  • 住所新宿本院、湘南メディカル記念病院(両国)、辻堂アカデミア 限定
  • アクセス店舗によって異なる
  • 料金受け口修正コンビネーション・セット 1,098,000円~
  • 営業時間AM10:00~PM7:00
  • 定休日年中無休
  • 電話番号店舗によって異なる
  • 湘南美容外科をチェックする

    大塚美容形成外科・歯科

    開業から42年間、医療事故が0のクリニックです。部分的に施術をするのではなく、顔全体のバランスや美しさを考慮した施術を行ってくれます。

    そのため、施術後は自然な仕上がりになります。全体的な美を手に入れたいという方におすすめのクリニックです。

    下顎枝矢状分割法は、ワイヤー矯正をしたくない方やワイヤー矯正だけでしゃくれが治らなかった方におすすめの施術です。

    抜歯をせずに、下あごの付け根近くの骨を切り、下あご全体を引っ込めることができます。全身麻酔下・入院7日をともなう治療となりますが、傷跡はほぼ残りません。

  • 住所大塚医院(東京)、札幌院、大宮院、横浜院、金沢院、京都院
  • アクセス店舗によって異なる
  • 料金下顎枝矢状分割法(下顎骨切り術):56万2,600円(税抜)
  • 営業時間月~金曜 9:00~20:00 土:9:00~19:00 日祝:9:00~17:00
  • 定休日年中無休
  • 電話番号店舗によって異なる
  • 公式HP審美歯科・美容歯科なら大塚美容形成外科・歯科
  • 記事の著者