一般常識とは?礼儀やマナーを身につけておいたほうが良い3つの理由

そんなの常識だ!なんて怒られても、学校で教わっていない作法を身につけていないのはしょうがないのではないかと思ってしまう人も多いでしょう。

日本は礼儀やマナーに厳しいイメージがあり、他国のように自由奔放な文化が羨ましくなってしまうときもあるかもしれません。

そこで今回は、礼儀やマナーを身につけておいたほうが良い理由を紹介します。

決まった作法やマナーは、覚えてしまえばたくさんメリットがあります。改めて礼儀を学ぼうと思っている人は、モチベーションを保つために参考にしてください。

相手に不快感を与えないため

そもそも礼儀やマナーが存在しているのは、人とお付き合いをするうえで、相手に不快感を与えないためです。

親しき中にも礼儀ありということわざにもあるように、普段どんなに仲良くても、TPOに合わせて接し方を変えなくてはいけません。

相手に無駄な時間をとらせないためなど、相手を気遣う心からきているマナーや礼儀がほとんどなので、自分の相手を思いやる気持ちを伝えるためにマナーを学ぶと考えると、少し前向きに捉えられるかもしれません。

良い印象を与えるため

第一印象が9割と言われるほど、第一印象は重要。初めて会った際に礼儀やマナーをわきまえているかで、相手の自分に対する対応が変わります。

また、所作で育ちの良さがわかると考えている人も多いため、マナーや礼儀をどれだけ知っているかで、自分だけでなく出身校や親への印象も変えてしまいます。

しかし逆に言えば、無数にあるマナーや礼儀をどれほどわきまえているかで、簡単に他の人よりも好印象を持ってもらえるということでもあります。

初対面での会話や普段の気遣いによほど自信があるという人以外は、型が決まっている礼儀の習得が、好印象を持ってもらうためのスタート地点になるかもしれません。

冠婚葬祭に気楽に参加するため

冠婚葬祭のマナーは、大人のルールです。特に結婚後は、相手のご親族とのお付き合いも増えてきます。

わからないことはいくらでも調べられますし、一般的な冠婚葬祭のマナーに準じておけば、恥をかかずに済みます。

逆に言うと、一般的なマナーに合わせておけば、気を使いすぎなくていいのです。

間違った所作をしてしまい気まずい思いをしたり、誰かに見られているときに、自分は間違ったことをしているのではないかと不安に思ったりすることがないように、基本マナーはマスターしておくことをおすすめします。

柔軟な対応が大切

理想は、小さいころから自然に身につけていくものですが、育った環境によって、礼儀作法は変わってしまいます。

日本と外国では、生活習慣が違うように、人種や文化の違いで礼儀作法は変わります。

例えば、日本は玄関で靴を脱いだ後、手でつま先の方を玄関に向けて揃えますが、そもそも外国では土足のところも多いので、靴を脱ぐ習慣がありません。

ベッドに靴を履いたまま寝転がるのも、海外では普通のことです。

そういった具合に、育った場所で礼儀作法が違うので、今いる国、地方特有のルールを知っておく必要があります。

礼儀作法は、相手とのお付き合いをスマートにするためのものなので、訪問先で自分が知っているものとは違うマナーがあるようだったら、柔軟に対応しましょう。

記事の著者

マナーの悩みをもっと見る