葬儀の化粧はどの濃さが適切?片化粧に使いたいカラーや注意点を紹介

葬儀に招かれた際の化粧。華美にしてはいけないと言われても、実際どのようにしたらいいかわからないですよね。

葬儀の際の化粧は、片化粧と呼ばれ、本来は紅をしてはいけないと言われています。しかし最近では、落ち着いた色のベージュなどならばいいとされています。

このように、本来のマナーと最近使われている略式のマナーは違うこともあり、ややこしいです。

そこで今回は、葬儀の際に適切な化粧をするためのポイントを紹介します。おすすめの色や注意点を教えるので、参考にしてください。

片化粧の場合のベースメイク

悲しみのあまり紅もできないという意味の片化粧ですが、華美な印象を与えないために、ベースメイクにも、パールやラメが入っているものは、避けましょう。

肌に近い色のベースメイクを薄塗りにします。

チークは薄めのオレンジ系またはベージュ

チークはつけない方が望ましいですが、毛色が悪いということであれば、ピンク系は避けた方がいいです。

肌に近い薄めのオレンジ色で、あまりシャープな印象にならないように、薄く、ぼかすように塗ります。

口紅はベージュ系の肌に近い色

片化粧は、本来でしたら口紅はしないものですが、最近では、ベージュ系か薄いピンクなどであれば、大丈夫。

ただし、グロスなど透明でもつやつやしたものなどは、華美な印象を与えるため、避けた方がよいでしょう。

アイブロウはおとなしめに

アイブロウは整える程度で大丈夫ですが、普段、剃ったりしてアイブロウを書かないとダメな方は、シャープなかたちにはせず、ナチュラルな感じを目指します。

具体的には、少し太めで髪の毛の色に近い色にすると、落ち着いた印象になります。

アイメイクはブラウン系

アイメイクはしなくても大丈夫ですが、もしするとなれば、大人し目なブラウン系にしましょう。

片化粧では、紅をささないメイクなので、口紅以外でも、ピンク系を使うのは避けた方がよいでしょう。

まつ毛は特に何もしない

ビューラーやマスカラは、あまりしない方がよいでしょう。

涙でにじんでくる場合もありますので、控えることをおすすめします。ただし、マツエクの場合は、わざわざ外したりせず、そのままで大丈夫です。

フェイスパウダーはパールなどキラキラしないもの

フェイスパウダーをつける際は、ベースメイクを落ち着かせるようなもので、キラキラしていないものでしたら大丈夫です。

パール感があるものは、キラキラしてつややかな印象を与えますので、葬儀の際は避けましょう。

急なお通夜の場合には?

仕事帰りのお通夜などの場合など、その場で片化粧にメイクをすべて直すことできない場合は、ティッシュオフして、全体を大人しくしたのち、薄くファンデ―ションを全体に塗りましょう。全体が、落ち着いた印象になります。

ネイルはどうする?

急な場合は、ネイルを取ることができないため、黒のレースの手袋を購入するか、ドラッグストアーで、ベージュ系のマニュキアを買って上から塗るなどで対応しましょう。

葬儀の際は、服装、バック、靴、アクセサリ、片化粧で華美にならないように、控えめにして故人とのお別れを偲びましょう。

記事の著者

マナーの悩みをもっと見る