葬式にワンピースはあり?気をつけるべき注意点は

突然の訃報に、葬式は何を着ればいいんだろう?と慌てる方は意外と多いのではないでしょうか。

葬式の服装といえば喪服をまず思い浮かべます。男性の場合はブラックスーツが一般的ですが、女性の場合はワンピースでいいのかな?ワンピースの丈は?夏は肌色ストッキングで大丈夫?と、男性よりもさらに細やかな部分に配慮が必要になります。

そもそも喪服とは、遺族が「喪に服している」ということを表すための服装です。現代では、喪主や遺族をはじめ、通夜や葬儀・告別式の参列者も全員が着用することが一般的となっています。

そこで今回は人に聞きたくても聞けない、そんな知らないと恥ずかしい葬式の際の基本的な服装マナーをご紹介いたします。

女性は何を着るべき?

喪服は、なるべく肌の露出を控えることが大前提とされています。

基本的には黒色で襟元が詰まっている、長袖のワンピースやスーツが望ましいです。光沢のない素材で、ボタンやレース、リボンなどの装飾があまり付いていないシンプルなものを選びましょう。

また、座ったり立ったりすることが多いので、タイトなデザインのものより少し広がったフレアタイプのものの方が動きやすく、シワにもなりにくいのでおすすめです。

喪服のワンピースの注意点

葬式でワンピースを着用する際、3点気をつけることがあります。

1点目に、大きく襟が開いたデザインのものやスリットスカートなどは華やかに見えるので避けてください。

2点目に、膝が見えてしまうほど短いスカート丈のものを着てはいけません。膝が隠れていればOKですが、膝下だと動いたときに見えてしまうこともあるので、少し長さに余裕がある位の方が良いでしょう。

3点目に、ストッキングの色は黒が基本です。肌色もNGではないですが、黒のほうが無難でしょう。生足は厳禁です。

季節ごとの調整

喪服は季節によって変わるということはなく、自身で調節するのが一般的です。

真夏の場合

中のブラウス・ワンピースのみでも大丈夫ですが、基本的はジャケットを着用しましょう。ジャケットを脱いだ際もなるべく肌の露出を避けるため、袖の長さが五分や七分のものを選んでください。暑くても、半そでやノースリーブは絶対にNGです。

真冬の場合

コートに注意しましょう。喪服と同様に、黒色が基本ですが茶やグレーでも派手でなければ許容範囲です。デザインも柄があるものは避け、無地を選択しましょう。素材としては、ウールやカシミアを選ぶようにし、光沢のある素材や、華美なレースをあしらったものは避けたほう良いです。

また、毛皮など殺生をイメージさせるものは身に付けてはいけません。

まとめ

以上が女性の喪服のマナーです。葬式という場でマナー違反をしてしまうと、周囲の人を傷つけてしまったり、不愉快な気持ちにさせてしまうこともあります。そんな不本意な事態を引き起こさないためにも、きちんとを注意点を押さえておきましょう。

そして、故人との最後の時間を大切に過ごしてください。

記事の著者

冠婚葬祭の悩みをもっと見る