封筒の基本マナー:書き方や郵送の方法などを紹介!

最近はSNSの普及により郵便を出すことが減ってきていますが、ビジネスではまだ、郵便を使う機会があります。

いざ仕事を任された際に、きちんとした封筒の書き方や郵送時に気をつけうることなどの、一般常識を覚えておかなければなりません。

そこで今回は、封筒の宛名の書き方や、郵便を出す際の注意点を紹介したいと思います。

縦型封筒の書き方

一般的に、縦型の封筒が使われることが多いですよね。簡易的、事務的な方法として、ラベルシールを使ってしまう場合がふえてきていますが、履歴書を送る場合は、封筒の書き方もみられています。

住所

縦型の封筒の住所を書く場合は、縦書きで、丁目、番、号まで省略せず書くのが正式。また住所の書き出しは、郵便番号の枠がある封筒の場合は、一番右の枠の端に合わせて、1文字分下げて書き始めます。

建物名も省略せずに、アルファベット表記のものがあれば、1文字ずつタテに書きます。

宛名

名前は郵便番号の最初の3ケタの枠の真ん中に合わせて、住所より大きい字で、1文字分開けて書き始めます。

送る相手が個人の場合は、〇〇様、法人の場合は、〇〇御中となります。

下宿や同居などの場合、名前右上に〇〇様方と、住所と同じ大きさで書きましょう。

差出人の情報

裏側には差し出し人の住所・氏名を書きますが、封筒の真ん中に書くのが正しいです。

まず真ん中のラインの右側に、住所を略さず書き、左側に氏名を住所より大きな字で書きます。

郵便番号は、住所・氏名の上、封筒の閉じ口のちょうど真下に少しあけて書きます。

諸情報を書き終わったら

封かん日を記載する場合は、封筒の左上に書きましょう。

封筒の綴じ目には、きちんと封をしましたとわかるように、〆・封・緘などを書きますが、〆が使われることが多いです。お祝い事には、寿などが使われます。切手は、左上に貼ってください。

横型の封筒の場合

横型の封筒を使う場合は、すべて横書きで書きます。住所などは、丁目、番、号などをハイフンに置きかえても大丈夫。

住所と氏名の文字のバランスは、縦書きと一緒で、氏名を大きく書きます。

封かん日を入れる場合は左上、裏側の送り主の住所・氏名は、真ん中に書きます。

封の〆はいりませんが、書いても失礼にはなりません。切手は縦型と違い右上なので、注意しましょう。

郵便を出す際の注意点

切手を貼って出すのは当たり前ですが、切手が足りず、郵便が戻ってくると相手が切手代を負担しなければならない場合があります。

そうならないように、窓口で受付をすると、安心です。

また切手が余っているとういう理由で、何枚も切手を貼るのはあまり見栄えが良くないので、避けた方がいいでしょう。

外枠付けを書く場合

外枠付けというのは、親展、重要、至急、在中、排答など。

縦型の場合は名前の左下の方に、横型の場合は右下に書きます。親展とは、宛名主本人に開けてくださいという意味、排答は、返事をお願いする場合に使われます。

外枠付けは、赤字で書く場合が多いですが、黒でも青でも大丈夫です。

記事の著者

マナーの悩みをもっと見る