ボトックス整形をしている芸能人は多い?ボトックスをやりすぎて不自然さを感じる芸能人も

ボトックス整形とは、筋肉のバランスをコントロールしシワのできにくい肌にするだけでなく、エラをなくしたり、顎を細くする小顔効果が得られると芸能界でも人気の美容施術です。

ボトックス注射は、筋肉と神経の結合部に作用し、一時的に筋肉の動きを弱めることで、シワなどをできにくくすることで有名です。

しかし、その効果は永遠ではないため、定期接種が必要なのですが、ボトックス注射をやりすぎて不自然な顔になってしまっているがっかり芸能人もいます。

貪欲に美を追いかけるのはいいのですが、不自然では意味がありません。そこで今回は、ボトックス注射の注意点と悲しい結果になってしまっている可能性のある芸能人を紹介します。

ボトックスやりすぎ?な顔の芸能人

芸能人は顔が大切なので手軽にしわ取り・エラとりができるボトックス注射が芸能界でも流行しているようです。今と昔の顔写真を比べてみればいじっているのがはっきり分かるのに、美の追求がやめられないのは芸能界の性でしょうか。

公言している代表はIKKOさんやはるな愛さんです。元男性だからこそ美意識は普通の女性よりあるのでしょう。そして女性代表は女医の西川先生です。女医さんだけあって最新医療を試してみたかったのかもしれません。

しかし、公言している彼女らは失敗しているようには見受けられませんが、あくまでボトックスしているのでは?と噂されている有名人の方は写真を比べると明らかに変わっています。

エラ取りボトックスを受けたであろうと噂されているのは、前田敦子さんや深田恭子さん栗山千秋さんです。みなさん今を時めく女優さんですから、やはり顔には興味が尽きないようです。

また、しわ取りボトックスを受けていると噂されているのは、浜崎あゆみさん、釈由美子さん、工藤静香さんなどです。一世を風靡した美女にとってシワは許せないものなのでしょう。

ボトックス注射の注意点

メスを使わず特殊な薬品を用いて筋肉のバランスをコントロールするボトックス注射の施術自体はさほど難しいものではありません。

しかし、経験の浅いドクターによる施術だと失敗の可能性が高くなる施術でもありますので注意が必要です。

施術後は、とにかく患部を乱暴に扱わないということが大切です。注射をした部分を強く擦る、マッサージをするなどの行為はしないようにしましょう。また、飲酒やサウナは、体温を高めてしまうため、腫れや出血の原因に繋がる可能性があります。

ボトックス注射、失敗するとどうなる?

手軽でメスも使わず時の流れに逆らえるボトックス注射は芸能界でも大人気です。しかし、やりすぎるとどんな顔になるのでしょか。

実はボトックス注射は失敗すると笑えなくなると言われています。それどころか表情が固まっているかのように、固定してしまい、他人からみると怖いという印象になりかねません。

釈さんや浜崎さんなど噂されている美女たちもまた、表情がとぼしく笑顔がうまく作れていないような、固まった表情に写るため、ボトックス疑惑が出ています。

自然に身をゆだねましょう

いつの時代も美を追いかけることに一生懸命な方はいます。女優やモデル歌手など見た目が大切な仕事ならばなおさら美の探求に熱心でしょう。

しかし、人は時の流れには逆らうことはできません。少し美容整形の力を借りるだけならば、美しさを保つ手助けになりますが、安易に頼りすぎると大きなしっぺ返しを食らう羽目になります。

顔の美しさももちろん大切ですが、年とともに増えるシワとうまく付き合い、表情豊かな顔の方が断然美しく映るのではないでしょうか。

湘南美容外科なら手軽にボトックス注射が可能

それでもシワやエラが気になるが、ボトックス注射で失敗したくないという方は、湘南美容外科をおすすめします。東京だけで25院、関西には12院も展開している大手のクリニックです。

ボトックス注射は、手軽に短時間で終わる治療なので、傷跡が目立たずダウンタイムも少ないです。また、ボツリヌストキシン製剤という安全性の高い薬品を使っており、認められる後遺症がない点でもおすすめします。

両側エラ全体で9,720円という挑戦しやすい価格になっています。小顔になりたい方やシワが気になる方はチェックしてみてください。

無料カウンセリングは、Webサイトか電話で予約可能です。

湘南美容外科をチェックする

記事の著者