葬式にふさわしい一般的な服装:タイツの色や厚さとは?

葬式にふさわしいタイツの色や厚さということですが、お通夜なのか告別式なのか、また親族なのか、友人、知人なのかによって、少し許される範囲が変わってくる場合があります。

また以前は常識ないといわれた服装でも、最近は簡略した葬式も多いので、変化してきています。今回は一般的な葬式にふさわしいタイツの色と厚さについて紹介しましょう。

葬式にふさわしいタイツの色は?

葬式にふさわしいタイツの色ということですが、そもそもタイツはだめというのが一般的な認識です。

黒の薄手のストッキングが良いとされていますが、お通夜の場合などで、知人、友人として会社帰りにかけつけた場合は、黒や紺のスーツに、ベージュのストッキングでも最近は許容範囲です。

また、パンツスーツなどの場合は、ほとんど目立たないので、あまり気にしなくても大丈夫です。

本来は、ベージュ系のストッキングやパンツスーツは、カジュアルとみなされますので、親族や、会社の取引先、上司などが出席する場合は、避けた方がいいでしょう。

葬式にふさわしいタイツの厚さは?

繰り返しになりますが、タイツではなく薄手のストッキングが良いとされています。

タイツや厚手のストッキングは、カジュアルになってしまいますので、喪服には不向きですが、お通夜で急な場合に限っては大丈夫です。

ただ、今はコンビニや駅構内などでストッキングが手軽に購入できるので、履き替えていけるようなら、そちらをおすすめします。

パンツスーツの場合は、ほとんどわかりませんので友人、知人として参列する場合は、許容範囲です。

ストッキングの注意点!

タイツは基本好ましくないのですが、ストッキングにも注意が必要。例えば、薄手の黒であっても、レースや、ラメなどの柄が入っているものは、好ましくありません。

カジュアルな印象を与えてしまいます。喪に服すのですから、無地で、薄手の地味系のものを選んでください。

最近多い家族葬の場合は?

最近では、家族葬などで身内だけで行う葬儀が多くなってきています。ごく少数の遺族だけで、簡易的に行う場合は、地味であれば、上記のように堅苦しくなく考えればいいと思われています。

あくまで、常識を理解した上で、場合によって選びましょう。家族だけの場合、親族も含めた場合、参列者もいる場合、自分が、家族として葬儀をとりおこなう立場なのか、そうでないのかなど、時と場合によって許容範囲は変わってきます。

特に気をつけなくてはいけない場合

最近は、葬儀も簡略化になり、服装も許容範囲が大きくなっているとはいえ、気をつけなくてはならない場合があります。

特に気をつけなければいけないのは、ご主人側のご親戚やご主人の職場関係の葬儀に一緒に参列する場合です。

職場関係の方がたくさんいらっしゃいますので、簡略化するのは避けた方がいいでしょう。

葬儀も今は略式が許される時代にはなってきましたので、ストッキングも本来ならば、薄手の黒のストッキングでタイツやベージュ系ははだめですが、時と場合によっては、許容範囲内とされるようになってきました。

ただ、判断が難しい場合は、無難に薄手の黒のストッキングで行くことをおすすめします。

記事の著者

マナーの悩みをもっと見る