バイトに電話で応募するとき基本マナー:そのまま使えるテンプレートも紹介

アルバイトに電話で応募する際、きちんとした電話対応ができているかは面接と同じくらい見られています。

言葉遣いや話し方はもちろん、緊張してしまって伝えたかったことを伝え忘れてしまったという場合もあるかもしれません。

そこで今回は、バイトを応募するときの電話の基本マナーについて、具体的な話し方や電話対応を成功させるコツを紹介します。

きちんと対策をして、最初の応募の時点から良い印象を与えましょう。

事前準備

電話を掛ける前にきちんと準備をしておくと、電話でのやり取りが無駄なく効率よく行えます。

電話の相手にも無駄な時間を費やさせることが無くなりますので、大切なマナーと言えます。

求人票

求人票を手元に置き、あらかじめその内容をよく確認して、電話で話したいことを決めておきましょう。

求人票に、応相談と書かれている項目については、電話のときに応募者の希望を相談することができます。

応相談の内容については、応募者が自分の希望を伝えるのは、マナー違反にはなりません。

電話をかける際にも、手元に求人票を確認した雑誌名やWebサイトを用意しておくと安心です。

電話で話す内容を箇条書きにしておく

電話をする前に、話す内容と順番を、求人票で確認し箇条書きでメモしてください。

そうすれば、会話が途切れたり話の順番が前後したりするのを避け、スマートに電話を終わらせることができます。

電話を掛ける時間を決める

応募する相手に合わせて、相手の業務に時間的余裕がありそうな時間を選んで電話をかけましょう。

オフィス勤務のバイトであれば10~12時または13~16時、飲食店であれば15~17時などがおすすめです。

メモと筆記用具

通話中の後で忘れてはいけい事項をメモしましょう。同じことを後から何度も聞くのは、印象が悪くなってしまいます。

メモを焦って取る必要はありません。メモを取って印象を下げることはないので、相手が早口でメモが追いつかなかった場合は、一度断りを入れて、メモする時間をもらいましょう。

電話をかける

採用担当者に繋いでもらう

最初に電話に出た人が採用担当者であるとは限りません。自己紹介をした後に事情を話し、担当者に繋いでもらいましょう。

順番としては、かけ間違いでないか、掛けた先が意図する会社であっているかをまず確認します。

その後名前を名乗り、求人票を見て電話をかけたこと、採用担当者に繋いで欲しいことを伝えましょう。

名前を名乗る際は、苗字だけでなくフルネームを伝え、相手の会社のことは御社(おんしゃ)、店の場合は貴店(きてん)と言いましょう。

実際のセリフは以下のようになります。

○○(電話の相手の会社の名前)ですね。私(わたくし)○○○○と申します。御社のアルバイト求人票を拝見して電話させていただいております。採用担当の方におつなぎ願えませんでしょうか。

採用担当者に応募の確認をする

採用担当者に代わってもらったら、話す時間があるかどうかを確認し、忙しいと言われた場合はかけ直すべき時間を聞きます。

時間があると言われたら、名前を名乗った後に時間を割いていただくことに対してお礼をし、本題に入ります。

アルバイトに応募するため電話をかけたこと、求人票を見つけた場所を伝え、応募が続いていることを確認しましょう。

下のように話すと、スムーズです。

採用担当の方でいらっしゃいますね。お忙しい所お時間をいただきありがとうございます。私○○○○と申します。A誌で御社のアルバイト求人票を拝見して応募いたしたく電話させて頂いております。応募はまだ締め切りになっておりませんでしょうか?

面接日程が決まったら電話を切る

面接日程が決まったら、「承知致しました」か「わかりました」と返事をし、日付と場所を復唱して確認します。

了解という言葉は目下の人に使うので、「了解致しました」などはふさわしい敬語のように聞こえますが、使わないようにします。

ありがとうございます。承知いたしました。XX月XX日に△△△へ面接に伺います。よろしくお願いいたします。

面接日程が決まったら確認したいこと

面接日程の他にも、確認しておくべきことがいくつかあります。事前に聞きたいことを、箇条書きにして用意しておきましょう。

履歴書の渡し方を確認する

履歴書は、郵送して面接の前に採用者の手元に渡るようにする場合と、面接の際に一緒に持参する場合があります。

どちらかを確認し、面接と一緒に持参する場合は、当日忘れないようにしましょう。

郵送する場合は、送付相手の確認も必要です。

要相談の部分の希望を伝える

勤務日程やシフトの時間などが合わないと、面接結果を待たずに不採用になる場合があります。

無駄足を防ぐために、要相談の項目で希望がある際は、電話の段階で伝えておきましょう。

それらの項目は面接で確認したいと言われたら、忘れないようにメモをし、その場では電話を切ります。

電話の切り方

一通り確認したいことを話終えたら、電話を切ります。

時間を取ってくれたことに対し再度お礼をし、折り返し用の電話番号を伝えましょう。

以上で、電話での応募は終了となりますが、電話は相手が切断するのを確認してから切るのがマナーです。

あがってしまうと、どうしても早口になりますので、心を落ち着けてはっきりとした声で、ゆっくりと話し、自分の言っていることがはっきり相手に伝わることが大切です。

必ず敬語・丁寧語を使うようにしてください。ため口、「うん」、「そうなんだ」、「へえー」、「やばい」、「あのー」、など日頃友達同士で使っているような言葉を使わないようにしましょう。

記事の著者

ビジネスマナーの悩みをもっと見る