マツエクしたままでも埋没法手術は可能?手術後いつからマツエクができる?

記事の著者:769868

プチ整形とも呼ばれる二重整形の施術の一つである埋没法は、施術にかかる時間が10分から20分と非常に短く気軽に受けやすいです。

二重整形が、メイク感覚でできる時代になってきましたが、マツエクをしている人は施術を受けることができるのでしょうか。

そこで今回は、マツエクをしたままでも埋没法を行うことができるのかどうか紹介していきます。

埋没法ってなに?

埋没法とは、メスを使わない整形の方法で医療用の細い糸を用い、まぶたとまぶたを動かす筋肉やその周辺を結ぶことでまぶたにくぼみができるようにし、二重のラインを形成する施術方法です。

施術中の痛みが少なく、施術後の腫れや内出血も出にくいと考えられています。

マツエクしたままでも埋没法手術は可能?

結論からいえば、できなくはないです。クリニックにもよりますが、マツエクをしたままでも埋没を始め目もとの手術はできると唱えるドクターもいます。

ただ、やはりマツエクがついている目元とついていない目元で言えば、ついていない目元の方が手術はしやすいようです。

という事は、仕上がりにも差が出てくる可能性があるということです。

マツエクを付けたまま施術したらどうなる?

マツエクをつけたまま埋没法の施術をした際、気になるのがマツエクのバラつきでしょう。

二重整形を受ける方なら普段から二重メイクをしているかと思いますが、必ずしも二重ノリで作った二重や二重テープでできた二重と同じにはなりません。

従って、今までと二重のラインが変わり自まつげの上がり方にも影響が出てくる可能性が高いです。

また、施術中に何本か取れてしまうかもしれません。

せっかくマツエクを付けているのなら綺麗な状態に保ちたいですよね?

手術を通してマツエクが取れてしまってもクリニック側は保証もしません。大抵のクリニックでは、受付の段階でマツエクを外してくる事を勧められるでしょう。

埋没法手術後いつからマツエクができる?

クリニック側によると、経過に問題が無ければ埋没手術後3日目以降からマツエクができるという回答が多いです。

念の為一週間前後様子を見てからを勧めているクリニックもあります。

まつ毛エクステ専門店側の意見

では、まつ毛エクステの専門店から見たらどうでしょうか。ほとんどのサロンでは埋没手術後、1~2ヵ月時間をあけるように促されるはずです。

サロン側は医者ではありません。何か問題が起きた時に責任が取れないというのも一つの理由でしょう。また、埋没手術でも3日程ではまだ大きな腫れが引いたか引いていないかという時期で今後二重の幅は変わってきます。

1ヶ月くらい経つと落ち着いてくるので、仕上がった二重のラインを確認してからマツエクのデザインを選んだ方が目元の魅力もアップするはずです。

二重に合わせて可愛らしいキュートなデザインのマツエクにしたり目尻の長いセクシーな雰囲気にしたり、アーモンドアイに見えるグラマラスなデザインにしたりと考えるだけで楽しくなりますね。

整形しても安心してマツエクはできる

まつ毛エクステのサロンではカウンセリングの段階で目元の整形の有無、整形していた場合はいつ整形したのかを確認しています。

何年も前に整形している場合を除いて整形後一年程度であれば施術スタッフ側もそれなりに気を使って施術をしてくれます。

マツエクの施術の際に、上まぶたにテープを貼ってまつ毛の根元を見えやすくしてから施術を始めますが整形後でまぶたが気になると伝えれば、ベテランのスタッフであれば上まぶたのテープは貼らずに施術してくれる方もいます。

だだ、これは技術や目元の形状によるのでサロンによってまちまちです。不安な事は相談してみてください。

埋没法をするなら湘南美容外科

埋没法を受けようと考えている方には、湘南美容外科がおすすめです。

湘南美容クリニックは年間5万49978人も二重術を受ける患者がいて実績が豊富なので、安心して施術を受けることができるでしょう。

また、湘南美容クリニック独自の極細の医療用糸を使っているため腫れずらく、体内で分解されない糸を使っているので二重が長く保たれるのも特徴です。

さらに、伸びる糸なので糸の結び目が小さくすみ糸が目立たず自然な二重にすることができます。

気になった方は、ぜひ一度カウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか。

湘南美容外科をチェックする