顔はカミソリよりも、シェーバーでお手入れするべき!お肌に優しい脱毛方とは?

顔の産毛ケアは、化粧ノリがよくなったり、肌色がワントーン明るくったりと、様々なメリットがあります。

また、太陽光に当たった産毛はとても目立ちます。自分は気になっていなくても、周りの人はあなたの産毛に、気づいているかもしれません。

しかし、顔はデリケートな部分。正しい産毛処理をしないと、肌トラブルの原因になります。そんな顔のセルフ脱毛で、おすすめなのは、シェーバーです。

カミソリでお手入れをしている人が多いかもしれませんが、実はシェーバーが1番お肌に負担をかけない、脱毛アイテムなのです。

今回は、顔シェーバーを使用するメリット・デメリットについて詳しく紹介します。

顔用シェーバーを使うメリット

無駄毛のお手入れに、カミソリを使っている人は、約7割いると言われています。

顔の産毛処理も、「眉毛を剃ったついでに…L字カミソリでそのまま…」こんな、処理をしている女性は意外と多いでしょう。

しかし、カミソリは刃が直接肌に当たってしまうため、負担が大きいのです。それでは、より具体的にシェーバーのメリット・デメリットをみていきましょう。

お肌に優しい

顔シェーバーはカミソリと違い、肌に直接当たらないよう設計されているため、肌が敏感な方や、乾燥肌に悩んでいる女性も安心して使用することができます。

肌当たりが優しく、間違った使い方をしなければ、皮膚を切ってしまうことはありません。

水や泡がいらないタイプもある

カミソリで脱毛を行う際には、脱毛箇所に水や泡をつけてから、処理を行うのが基本です。

しかし電気シェーバーは、水が泡がいらず、直接肌にシェーバーを当てて、処理できるタイプのものが多いです。

そのため、もし外出中に、腕や脚にそり残しを発見した場合でも、トイレで簡単に処理することができるのです。

外出先でも脱毛できる

顔シェーバーは主に乾電池をエネルギー源として動くため、コンセントなしで気軽に脱毛ケアできるという点もメリットの1つです。

持ち運びに便利なコンパクトな商品も販売されており、お手持ちのポーチに入れておけば日中や夕方のメイク直しと合わせて産毛を処理することができます。

コストパフォーマンスが高い

市販の顔シェーバーの本体価格は約3,000円程度。

一度購入すれば乾電池代くらいしかかからず、半年から1年は電池が持ちます。

そのため、100円のカミソリを週に1回のペースで替えるとすると、半年間電気シェーバーを使った方がコストパフォーマンスが高いことになります。

顔用シェーバーを使うデメリット

もちろん、シェーバーでの顔脱毛にはデメリットもあります。

自分が脱毛したい箇所や理由を踏まえた上で、シェーバー脱毛が本当に最善の方法なのか、確かめましょう。

深剃りができない

シェーバーは、刃が直接肌に当たらない分、深剃りすることができません。

そのため、お手入れの頻度が増えてしまったり、剃ったあと毛が残ってしまっているような感覚を受ける人もいるでしょう。

特に、毛の伸びるペースが早い人、無駄毛が濃い方にとっては「物足りない!」と感じてしまう脱毛法かもしれません。

音がうるさい

毛を剃っているときのジーという音が気になってしまう人もいるでしょう。

メーカーによって異なりますが、65db~70db(デシベル)を超える製品も少なくありません。70dbは街中の騒音と変わらないくらいの大きな音です。

そのため、壁が薄い部屋に住んでいる人は、深夜や早朝に使用するのは難しいかもしれません。

気になる人は購入する際に、音量を確認したり、サンプルが用意してあれば実際に電源を入れて試してみると良いでしょう。

シェーバーの上手な選び方

シェーバーと言っても、今は様々な種類の商品が販売されています。数も多くどの商品を選ぶべきなのか悩む人も多いでしょう。

そこで、シェーバーの選び方も紹介します。

顔用シェーバーを選ぶ

当たり前だと感じる人もいるかもしれませんが、脱毛したい部位に合わせて、シェーバーを選ぶことはとても大切です。

その部位をお手入れしやすいサイズになっていたり、顔の場合は優しく剃れるタイプになっていたりするので、顔用シェーバーを選びましょう。

また男性用の商品も多くありますが、女性用シェーバーを選ぶことをおすすめします。

男性用のシェーバーを使用しても問題はありませんが、女性用のものの方が、お肌に優しい作りになっていることが多いです。

なるべくサイズが小さいものを選ぶ

顔脱毛では、眉間やこめかみなど、細かい部分をお手入れしたい人が多いでしょう。

また、顔は湾曲している部分が多いので、他の部位よりも、自己処理の難易度は少し上がります。

湾曲している部分や細かい部分を、上手に剃るためには、サイズが小さいシェーバーで処理する方が簡単です。

水洗いできるシェーバーの方が、衛生的に使用できる

シェーバーには、本体を含めて水洗いできるタイプと、できないタイプがあります。

顔はデリケートな部分なので、シェーバーも清潔に保っておくべきでしょう。そのため、本体ごと丸洗いできるシェーバーの方が、清潔にセルフ脱毛を行えます。

シェーバー内に毛が残ったままになっていると、雑菌が繁殖する原因になり、肌トラブルが引き起こりやすくなります。

使ったら、綺麗にお掃除するのが、理想的な使い方です。

シェーバーの上手な使い方

それでは、上手に顔脱毛する際の手順とポイントを紹介します。

①顔は洗顔を行い、清潔な状態にする。

②剃る前に蒸しタオルなどを肌に10〜30秒間のせる。この工程を入れることで、肌への負担を軽減することができます。

③毛の流れに沿って脱毛を行なっていく。

④毛を綺麗に洗い流し、なるべく早く保湿を行う。低刺激の化粧水や乳液の方が、肌への負担が軽いので、おすすめです。

シェーバーで自己処理するときの注意点・ポイント

シェーバーで自己処理するときの注意点とポイントを、3つ紹介します。

1.毛の流れに沿って処理を行うこと。万が一逆方向に沿ってしまうと、肌トラブルを引き起こす可能性があるため十分注意してください。

2.おでこ、ほほ、こめかみ、鼻下、顎の部分で、毛の流れが異なります。慎重に、ゆっくり処理をするようにしましょう。

3.泡や水がいらないタイプでも、シェービングクリームを使用しながら、自己処理を行うと、肌への負担が軽減されます。

肌への負担を減らして脱毛するなら、プロにお願いするのがおすすめ

いくら正しい使い方をしていても、丁寧なアフターケアを行なっても、セルフ脱毛で肌トラブルが怒らない可能性は0%ではありません。

これまでは何も問題なかったのに、体調によって、いきなり肌が赤くなってしまうこともあります。

顔はとても目立つ部分であり、デリケートな部位です。顔だけでも、お肌と、脱毛のプロにお願いするのをおすすめします。

顔脱毛

脱毛サロン、ジェイエステティックは、トータルビューティーサロンです。

脱毛コースはもちろんですが、フェイシェルエステコースもあります。そのため、他の脱毛サロンよりもお肌への知識は豊富です。

ちょっとしたお肌の変化やトラブルなども、きちんと見極めて正しく対応してくれるでしょう。

また、フェイス6脱毛では、顔の6部位を各2回づつを、5,000円で施術してもらえるお得なプランです。1箇所の1回あたりの料金は約400円!

脱毛サロンで、安く、より安全に顔の無駄毛ケアを行いませんか?

ジェイエステティックをチェックする

記事の著者

脱毛の悩みをもっと見る