脱毛するときの化粧について:パウダールームのあるサロンが多い

脱毛コースの中でも意外と人気が高いと言われている顔脱毛。ドラッグストアにも脱毛化粧品が様々用意されていますがお肌は一生ものだからこそ、市販の脱毛化粧品ではなく、サロンに在籍しているプロのスタッフさんの手によってケアしていきたいところですよね。

ただ、いざ顔脱毛をしにサロンへ足を運ぼうと思っても「すっぴんで行かなきゃダメなの?」と疑問に感じている女性も多いことでしょう。

そこで今回は、顔脱毛をするときにすっぴんでサロンに行くべきかどうかについて紹介します。

顔脱毛に化粧をして行っても大丈夫?

メイクは女性にとって身だしなみの1つ。たとえマスクをしていたとしても、すっぴんのままバスや電車に乗るなんてハードルが高すぎる!と気が引けてしまうものです。

顔脱毛をするさい、メイクをしたまま光を照射してしまうと毛穴まで上手く光が行き届かず、脱毛効果が軽減してしまう可能性が考えられます。

ただ、必ずすっぴんのままサロンに行かなければいけないかと言うと、答えはNOです。その理由は下記にて詳しくチェックしていきましょう。

顔脱毛の直前に化粧を落とすことが可能

基本的に顔脱毛前に化粧をしていたとしても施術を断れることはありません。なぜならどこのサロンにもメイクオフできるブースが用意されており、洗顔料やクレンジングのほか、化粧水や乳液といったスキンケアアイテムも備え付けられているからです。ただ、脱毛化粧水や脱毛シート等はありません。

顔脱毛前にこれらを使用してメイクをオフしても良いですし、自分の使い慣れたクレンジングオイルなどを持ち込んでもOKです。

また、お店によっては施術前にスタッフの方がメイクをきれいに落としてくれる場合もあります。

がっつりメイクはNG

しかし、いくらメイクをしたままサロンに通えると言ってもがっつりと濃いメイクは控えるようにしましょう。

施術前にはしっかりとメイクを落とさなければいけないので、メイクが濃い程クレンジングに時間がかかってしまいますし、何よりメイクの落とし残りがあれば満足のいく脱毛効果は感じることはできません。顔脱毛当日はできるだけナチュラルメイクにて出かけるよう心がけましょう。

また、脱毛後は非常に皮膚が敏感になっているので刺激を与えると毛穴が赤くプツプツと腫れてしまうことがあります。サロンから帰宅する際もなるべく刺激を与えないよう薄めのメイクがおすすめです。

その他、光脱毛は黒色に反応しながら脱毛していくため、予約前日or当日に根元から脱毛できる脱毛化粧品を使ったセルフケアは控えるようにしましょう。

顔脱毛でどうしても化粧を落としたくない場合は?

普段からアイプチをしているなど、目元にコンプレックスがある方にとっては顔脱毛をするとしてもスタッフさんにすっぴんを見られるのは絶対に嫌だと感じている女性もいることでしょう。

つけまつげにアイライン、シャドウ、マスカラとアイメイクは他のパーツに比べて時間がかかる分、約数十分間のために全部落としてしまうのは少し面倒ですよね。

その場合、カウンセリング時や施術当日にアイメイクを落とさない状態で顔脱毛ができるか担当のスタッフさんに一度相談するようにしましょう。

おでこや眉間脱毛など、目元に近い部分は難しいようですが、口元の産毛など場所によってはアイメイクを落とさないまま施術を受けられると判断される場合もあります。

ただ、対応はサロンによって異なりますので気になる方は契約前にお店に問い合わせることをおすすめします。

銀座カラーにはパウダールームがあるのでおすすめ!

脱毛ローションなどの脱毛化粧品は自宅でケアできるというメリットがある一方、かえって時間や手間がかかってしまうものです。現在、脱毛化粧品でケアをしている方はこの機会に脱毛サロンへ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

脱毛のクリニックに悩んでいる方には、銀座カラーをおすすめします。銀座カラーでは、直前に自分でメイク落としが出来るパウダールームを備えており、完全に落とせるようにスタッフさんも手伝ってくれます。

また、帰りもパウダールームで化粧ができるので、すっぴんで外を歩く心配はありません。

全国に店舗を展開している大手なので技術にも信用できます。気になる方は銀座カラーをチェックしてみてください。

銀座カラーの全身脱毛をチェックする

記事の著者

脱毛の悩みをもっと見る