46歳の転職を成功させる方法まとめ

皆さんは転職の経験がありますでしょうか。誰にとっても転職は有りうることで、ある意味必要な場合もあります。

若いうち、二十代の転職は成功する可能性は非常に高いですし、希望どおりの会社から採用を受ける可能性も高いでしょう。やはり早いうちの転職でしたら、大いにメリットはあります。

しかし、現在増えてきているのは、40代以上の人の転職のケースです。そうそう珍しいケースではありません。では、今回は46歳での転職を成功させる方法をまとめてみたので参考にしてみてください。

46歳の転職で悩んだ時に考えるべきこと

46歳となりますと体力も気力もだんだん減退していく年代といえます。また家族の介護、育児など、色々とプライベートでも変化を迎える時期でもあります。そんな微妙な時期に、転職をするのはある意味、冒険かもしれません。

そんな時は、転職を本当に今する必要があるのか、自分に問うてみる事が重要となってきます。転職は一大イベントです。環境も、仕事も、人間関係すらも変わるのです。それなりに気力、体力がないと、乗り切れない事態でもあります。

46歳でしたら、転職をぽんとしてみる前に、本当に職を変えるべきなのか、考慮の余地があるでしょう。自分に転職をするだけの気力体力があるのか。

そして独身の場合はまた別ですが、扶養家族がいる場合などは、やはり慎重に取り組むべき問題です。転職をしたことで年収が一気に下がり、死活問題になる事もおおいにあり得ます。収入の面なども考えなくてはいけません。

46歳の転職希望者がつまずく原因3つ

46歳になってからの転職希望者がつまずく原因には、いくつかがあります。それらを見ていきましょう。

まず一つ目は、自分はまだ若いと過信し過ぎて、つまづくケースです。確かに今の日本において、40代は、そして46歳という年齢は、まだ若いと呼べる範疇かもしれません。高齢化が日々進む日本においては、40代などまだ若い、そういう認識すらあり得ます。

しかし、自分を若いと過信し過ぎるのは、つまづく要素にもなりかねません。若いと言っても20代とは違います。やはり46歳だという自覚を持ち、自分の年齢を客観視して進む必要はあるでしょう。

二つ目は、逆に自分を年よりと思い過ぎて、つまづくケースです。これは、先にのべた理由とはさかさまの理由となります。46歳ともなれば心身にもいくらか不調をきたす時期でもあり、これによって自分はもう年寄りだ、と思い過ぎてしまうケースがあるでしょう。

でも、40代はまだパワーがあります。まだできる事も、トライするチャンスも、あるのです。自分を年寄りだと思い込みすぎると、せっかくのチャンスを逃してしまいます。ある程度、自信を持つのも必要です。

三つ目は、年収にこだわりすぎるケースです。勿論年収は高い方が良いですし、扶養家族がいる場合には収入はあるに越したことはないでしょう。でも高年収ばかりにとらわれすぎると、他の大事な点を見逃してしまう可能性もあります。

46歳が転職エージェントで上手く行かなかった時の残りの全手段

46歳の転職ともなれば、一般的にはエージェントを使うこととなるでしょう。しかし、エージェントを使っても、うまく行かない場合はどうすべきでしょうか。

基本的には、初心にかえってハローワークを利用してみるのも手となります。今更ハローワークか、と思う方もいるでしょうが、ハローワークは職を探す方法のなかで、一番基本的なメソッドです。現在のハローワークでは個人的な相談も受けられますし、転職活動をするにもプラスとなるセミナー、勉強会なども開催されています。是非活用しましょう。

また、初歩ではありますが、日曜に入ってくる求人ちらしを利用する手もあります。意外と求人ちらしには地元の良い企業も載っていたりしますので、しっかりチェックしましょう。求人ちらしで転職を決め、成功にまでたどり着いた話も、決して少なくはありません。プライドは捨てて、求人ちらしの隅々まで探してみることもおすすめの方法です。

記事の著者

転職の悩みをもっと見る