二重整形の埋没法の痛みはどれくらい?麻酔注射が痛い可能性も

埋没法で二重まぶたにしようと思っているけど、痛みが怖くて手術を受けるか迷っているという方もいるでしょう。

埋没法は医療用の針と糸を使うので、まぶたに針を刺されたら痛くないのかと不安に思う方もいるかもしれません。せっかく決意したのに、痛みがどの程度か分からないから、不安で施術を諦めるのはもったいないです。

そこで今回は、埋没法の施術手順や埋没法のさまざまな痛みの度合いなどをご紹介します。また、病院の術後の痛みに対するケアについてもまとめたので参考にしてみてください。

痛みや施術後のダウンタイムなどの不安を解消してから施術に臨みたいという方は、「湘南美容クリニック」でカウンセリングを受けてから、実際に施術を受けるかどうか決定しましょう。無理な勧誘がないため、カウンセリング時に気になることを全て解消することができます。

湘南美容外科をチェックする

そもそも埋没法とは?



埋没法とは、二重整形の中でもメスを使わない施術方法です。この施術では、医療用の細い糸を使ってまぶたとまぶたを結ぶことで二重の線を作り出します。

このまぶたとまぶたを留める方法でも、結び目をいくつにするかによって値段が変わってきます。結び目は1点留めから3点留めが主流で、もともと二重線のある方は1点留めにする人が多いようです。

切開法との大きな違いは、まぶたを切るか切らないかということで、切開法では、まぶたに深い二重のラインを入れることで半永久的に効果が持続します。

埋没法ではメスを使わないため、施術時間も10~20分のみで、施術後から回復して二重まぶたが完成するまでのダウンタイムが短いことでも人気を集めています。

埋没法が向いている人

埋没法は切開法と比較して料金が安く、ダウンタイムが短いというメリットがあるため、あまり時間やお金をかけたくないという人には埋没法があっています。

またメスを使わないため、まぶたが薄い方やもともと二重線のある方に向いているようです。

埋没法が向いていない人

埋没法はまぶたを切らずに糸で留めている状態なので、まぶたの皮膚が重たい方や厚い方は、施術後に二重が長持ちしないことがあります。

半永久的に二重まぶたを保ちたいと考えている方は、埋没法よりも値段が上がりますが、切開法を検討することをおすすめします。

埋没法の麻酔の痛みは?



では埋没法の施術前の麻酔の痛みはどのようなものなのでしょうか?

埋没法により二重手術を受ける場合の痛みはほぼないと言われています。これは施術前に麻酔をするために、無痛で施術を行えるからです。

麻酔は目の付け根とまぶたの裏の2か所に打ちますが、麻酔を打つ前に施術箇所やその周辺の皮膚には麻酔クリームを塗りますので、麻酔針をうつ時ですら痛みは少ないと言われています。

しかし、クリニックによってこの麻酔クリームがないところもありますので、麻酔クリームなしで麻酔針をすると瞬間的にチクッと痛むので覚悟してください。

瞼の裏に注射するなんて想像するだけで恐いと思う人もいるかもしれませんが、この時には麻酔が効いていますのでほぼ痛みはないと考えて問題ありません。

また目に針を刺すことを考えるだけで緊張したり痛いと感じてしまう方もいますが、クリニックによっては注射による部分的な局所麻酔ではなく、医療用の麻酔ガスを吸入する笑気麻酔や点滴から薬が入って眠ってしまう静脈麻酔を使って、全身麻酔を行ってくれるところもあります。

しかし、全身麻酔に切り替えることで、整形費用が更に高くなることや全身麻酔による副作用として麻酔が切れた後の吐き気などのリスクがあることも把握しておきましょう。

埋没法の手術中は痛みなし

基本的に手術中も麻酔が効いていますので、痛みはありません。また、局所麻酔を選択した場合周りの音やドクターの語りかけを聞いているうちに施術は終わってしまいます。

しかし、まれに麻酔の効きが悪い体質であったり、緊張から必要以上に痛いと感じてしまう方もいるのは事実です。そうした場合にはきちんとドクターに麻酔の効きが弱いことを伝えると、麻酔の量を増やしてくれたあり局所麻酔から全身麻酔へ切り替えてくれたりします。

もし麻酔の効きが悪い体質ならばきちんとカウンセリング時にドクターに言っておきましょう。同じ局所麻酔でも使う麻酔薬を変更してくれたり、量の調節も事前に行えるのでより安全に安心して施術を行えます。

理想の二重になるには局所麻酔がおすすめ

局所麻酔をしながら施術をするということは、意識がある状態で施術をするということです。実は、局所麻酔の方が二重整形も自分の理想とする目に近づきやすいのです。

理由は、局所麻酔をしながら二重整形をすることで、クリニックによっては整形途中に自分で鏡を見て、自分の希望している二重のラインになっているのかどうかをチェックすることが医師と一緒に確認できるからです。

整形途中に鏡で二重のラインをチェックすることができれば、整形が終わった後に二重のラインを修正したいと思うこともほとんどなくなるので、瞼を痛めるリスクも少なくなるというメリットにも繋がります。

埋没法は確かに整形の中ではかなり気軽に行える整形になり、修正もしやすいですが、瞼に多かれ少なかれ負担をかけるものなので、1度で自分の理想のラインを作ることができるのは嬉しいメリットですね。

埋没法の術後は麻酔が切れると痛みが出ることも?

埋没法の手術後は基本的にまだ麻酔が効いていますので、痛みよりもドーンと重い感じがします。また、手術中のまぶたを触られていた感覚や裏返された感覚が残っているでしょう。

手術後2~3時間もすれば麻酔が切れてきて痛みが出てきます。もちろん個人差がつよいですが、まぶたがジンジンする程度で特に痛み止めなどの服用を必要としない程度の痛みが続く方が多いようです。

埋没法の痛みはいつまで続く?

では、ジンジンする痛みはどれくらい続くのかというと、強い痛みを訴えている方でも2日~3日で痛みは消失すると言われています。

術後強い痛みがある場合はドクターに言って痛み止めを処方してもらうといいでしょう。冷やすことで痛みが緩和されたという報告もありますが、冷やす場合の注意点として、傷に触れないように冷やす事や痛いからといって、冷やしすぎないようにすることがあります。

万が一痛みが術後2週間たっても引かず気になるようならば必ずクリニックに連絡してみてもらってください。場合によっては抜糸を選択することもあり得ます。

病院が対応してくれる埋没法の痛みに対する処方



多くのクリニックが術後に痛みが出ることを想定しロキソニンなどの痛み止めを2日~3日分処方してくれます。また痛み止めと合わせて抗生剤や腫れを抑える点眼薬なども処方するクリニックもあります。

麻酔をどれだけ入れたかによって術後の腫れ具合に影響があるので、麻酔の量を減らしたがるクリニックや術後の処方で腫れをなくす点眼薬を出すクリニックなどさまざまですので、受けたいクリニックの方針をきちんと調べてから施術をお願いしましょう。

埋没法の痛みの感じ方は人それぞれ

痛みの感覚は人により大きく違います。埋没法で痛みがでるのは手術前に打つ麻酔針の痛みと手術後に出てくる痛みの2か所だけです。

埋没法を試した方の多くは麻酔針のさす痛みですら「痛くなかった」や「チクとした」と言っている一方で、「激痛だった」「針を刺した直後より少したってからがドーンと痛みがきた」との声もあります。

クリニックによって麻酔クリームをした後に麻酔針を刺すところと、消毒の後そのまま麻酔の針を刺すところがありますので、下調べは必要と言えるでしょう。また、痛みに敏感な方でも、事前に麻酔針が一番痛いと知っていた方は、術後思ったより痛くなかったと答える方が多くいます。

このように痛みという感覚は個人差が大きく、それに加えてクリニックがどこまで歩みよってくれるかが埋没法の痛みに大きく影響するといっても過言ではないでしょう。無理をせず痛いときにはきちんと伝え対処してもってください。

湘南美容外科の埋没法は短時間で終わる

今回は、二重整形の埋没法について紹介しました。クリニック選びに迷う場合は、湘南美容外科をおすすめします。TVCMも放映しているので、名前を聞いたことのある方も多いかもしれません。

湘南美容外科の埋没法は、二重専用のH・I針と、髪の毛よりも細い医療用の糸を使用し手術を行います。この糸は、細くてしなやかなため切れる可能性は少なく生体との反応も安定している糸です。

二重のラインとなる皮膚の部分をまぶたの内側から留めるだけなので、傷も見えず、抜糸の必要もありません。

手軽ではありますが、希望する二重のラインやまぶたの脂肪の厚みなどで糸を留める場所などが微妙に変わってくるので、事前にていねいなカウンセリングと診療を行った上で手術を行っています。

悩んでいる方はカウンセリングだけでも聞きに行ってみてはいかがでしょうか。

湘南美容外科をチェックする

記事の著者