脱毛は大学生のうちに通うのがおすすめ:親の同意書についても紹介

大学生になり、ファッションはもちろんですが、体のケアが気になり始める年齢で、ムダ毛処理に関して調べ始めた人もいるかもしれません。

脱毛をするなら大学生の時期がもっとも狙い目です。

今回は、大学生で脱毛を始めようと思っている人のために、大学生のうちに脱毛をする上で重要なことを紹介していきたいと思います。

大学生のうちに脱毛に通っている人は多い

大学生の方は一番心配しているのが費用に関してだと思いますが、大学生のうちに脱毛をすることで学割を使用することができます。

学割の適用により金額が5~10%割引されるので、大学生のうちに脱毛に通っておいた方がお得でしょう。

大学生のうちに脱毛に通うメリット

大学生のうちに脱毛をする方が多いですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

学割が使える

冒頭の説明文でも書きましたが、学割を使用できるサロン・クリニックがあるため、大学生のうちに脱毛をすれば費用を抑えることが可能です。

時間があるため予約が取りやすい

大学生の間であれば社会人になってからよりも予約が取りやすいと思います。大学は自分でカリキュラムを組むことができるので、うまくカリキュラムを組めば平日に休みや空き時間を作ることができると思います。

また大学生のうちなら、特に予約が取りにくくなる夏でも、夏休みを利用することで平日に予約が取りやすいです。

脱毛自体にも時間がかかるため、社会人に比べて時間を取りやすい大学生のうちに脱毛してしまった方が良いでしょう。

早めに自己処理から卒業できる

自己処理は実は肌に負担をかけてしまう場合が多く、ひどくなってしまった場合は炎症や色素沈着、赤みが出る、乾燥しやすくなるなどの症状が出てしまうこともあります。

一度脱毛をしてしまえば、自己処理を続ける必要がなくなるため、肌への負担を抑えることができます。

大学生のうちに脱毛に通うデメリット

一番のデメリットは、学割を使用するにしても高い費用がかかってしまうということです。

自己処理の負担も減るため、脱毛はコストをかける価値があると思いますが、脱毛するための費用を大学生のうちに稼ぐことは大変だと思います。

また、大学生のうちに脱毛をする場合は親の同意書が必要になる場合もあり、大学生で一人暮らしなどをしている場合は、実家の親に同意書を書いてもらうのは大変だと思います。

加えて、親に知られたくない場合もあると思います。次に同意書に関して、紹介していきたいと思います。

同意書について

20歳未満の未成年が脱毛をする場合は親権者の同意書が必要な場合と、親権者の同伴が必要な場合があります。ほとんどのサロンやクリニックは同意書が必要です。

学生でも20歳以上になれば成人扱いになるので、親の同意書は必要ないため、親に知られることなく、脱毛をすることができます。

今後法律が変わり、18歳以上から成人として扱われる場合、サロンやクリニックによっては18歳以上から同意書が必要ないという所も増えてくる可能性があります。

記事の著者

脱毛の悩みをもっと見る