埼玉のおすすめパワースポット4選:恋愛成就に必勝祈願、宝くじ当選も

東京からほど近い埼玉県には自然豊かなパワースポットが数多くあります。東京から日帰りでパワースポット巡りができることから、埼玉県内のパワースポットは最近注目度が高いです。

そこで今回は埼玉県にある多くのパワースポットの中から、人気がありおすすめしたいパワースポットを紹介していきます。

埼玉県内でパワースポット巡りをしようかなと思っている方は、ぜひ今回紹介する場所をチェックしてみて下さい。

三峯神社

関東屈指のパワースポットとして知られる三峰神社は、凛々しい狼がいることで有名です。狼には付き物を払ってくれる効果あり、悪運を断ち切ることができると言われています。

三峰神社は曇りがかって霧が出ている日に行くのがおすすめです。霧が出ている日には狼の神様が表れやすくなるという言い伝えがあります。

社殿に上がる階段の両脇には大きな木があり、強いパワーを感じることができます。三峰神社は、強い意思を持ったものでなければ参拝してはいけないと言われるほど強いパワーを持つ神社です。

三峰神社では毎月1日に白い氣守というお守りを販売しています。1日にしか購入できないレアなもので、あの浅田真央さんがこのお守りを買って効果があったことから、毎月1日にはお守りを買いに来る人でいっぱいになるようです。

住所:埼玉県秩父市三峰298-1
アクセス情報:西武秩父駅から車で約70分
料金:無料
営業時間:8:00~17:00
定休日:無休
電話番号:0494-55-0241

公式サイト:三峯神社

聖神社

聖神社といえば、社殿の横にある大きな昔のお金が有名です。このお金は日本で最初に使用された通貨である和同開珎で、聖神社は和同開珎が発行された由緒正しい場所となっています。

そのため金運のパワースポットであることで知られており、地元では銭神様の愛称で呼ばれています。

和同開珎をモチーフにして作られたお守りも多く販売されており、こちらも人気です。基本的にセルフになっているので自分でお金を入れてお守りを購入するシステムですね。

聖神社で参拝して宝くじに実際に当たったという人が多いことでも有名で、購入した宝くじを持って参拝に来る人がとても多いとか。

本殿の横には宝くじに当たったという喜びの声が寄せられ見ることができるのですが、サマージャンボ一等2,000万円が当たったという喜びの声もありました。宝くじを持って参拝に来る価値があると言えるでしょう。

住所:埼玉県秩父市黒谷2191番地
アクセス情報:黒谷駅から徒歩約5分
料金:無料
営業時間:24時間(社務所はセルフ)
定休日:無休
電話番号:0494-23-5631
公式サイト:聖神社

秩父今宮神社

埼玉県内で有名な恋愛成就のパワースポットです。境内には樹齢1000年にもなる埼玉県指定天然記念物の龍神木があります。

この龍神木の根本にハートの形をした空洞があり、それを待ち受け写真に設定すると恋愛が成就すると言われています。

通常、龍神木には触れることはできません。しかし社務所に言えば触れることができるので社務所へ行き確認し、ぜひ直接触れて大地の強いパワーを貰って行きましょう。

境内にある龍神池は平成の水百選にも選ばれており、きれいな湧水のでるパワースポットとしても知られています。

龍神池の水は清龍の滝で飲むことができるので、飲むことでパワーをもらうのもいいですね。社務所にある銭洗いの袋にお金を入れて洗うことで金運をアップさせる効果もあります。

住所:埼玉県秩父市中町16-10
アクセス情報:秩父駅から徒歩約10分
料金:無料
営業時間:9:00~17:00
定休日:無休
電話番号:0754910082
公式サイト:秩父今宮神社

調神社

つきのみやさまの愛称で親しまれている調神社は、月に住むウサギが居ると言われているパワースポットです。

入口に居るのは狛犬ではなく狛兎、手水のところにもウサギがいます。境内に居るウサギを数えて見るといいでしょう。ウサギは池の中や社殿の彫刻など境内の至るところに居るため探すのも楽しいですよ。

調神社は埼玉県浦和を拠点として活動しているサッカーチーム、浦和レッズが毎年必勝祈願に来ることでも知られているスポットです。

そのためファンが訪れるのはもちろん、勝負事に勝ちたいという人が参拝にやってきます。調神社(ツキ)という名前が付いていることからツキを取り戻すこともできるようです。

この神社ならではの御朱印長はかわいらしいウサギなので、ウサギ年の方やウサギ好きな方にプレゼントすると喜ばれるでしょう。

住所:埼玉県さいたま市浦和区岸町3-17-25
アクセス情報:浦和駅から徒歩約10分
料金:無料
営業時間:9:00~16:00
定休日:無休
電話番号:048-822-2254
公式サイト:調神社

記事の著者

旅行・お出かけの悩みをもっと見る