豆腐ダイエットって本当に痩せる?:成功させるためのポイントを紹介

ダイエットをする際に、食事をどうすればいいのか気になりますよね。バナナダイエット、リンゴダイエット、酵素ダイエットなど様々な食事のダイエット方法がありますが、ここでは豆腐ダイエットを紹介します。

そもそも豆腐ダイエットは、主食をお米やパン、麺類などの代わりに豆腐にするというダイエット方法。

お米やパン、麺類の主成分は炭水化物ですが、これを豆腐にすることにより糖質とカロリーを大幅カットし、豆腐に含まれる大豆レシチンやビタミンB群などの働きにより脂肪を効率よく減少させる方法です。

豆腐ダイエットのやり方や効果、注意点などを紹介します。

豆腐ダイエットの正しいやり方

豆腐ダイエットのやり方はとても簡単です。朝・昼・夕食のいずれかの主食を豆腐半丁(約200g)に換えるだけ。

おかずは、今まで通り食べて構いません。無理な食事制限が無いから続けやすいですよね。

では、どの時間に豆腐に換えたら効果が出やすいのでしょうか。おすすめは、夕食時です。

夕食は、一日のうちで最も摂取カロリーが多く、時間や量も不規則になりがち。しかも、体は、カロリー消費量が減り、運動量も減ってしまいます。

まさに一番太りやすい時間帯なので、この時間に豆腐ダイエットに換えれば、効果が出やすいのです。

また、、豆腐にも木綿と絹がありますが、どちらが効果的なのでしょうか。

どちらを選んでも大きな差はありませんが、気になる方は、糖質が低く栄養価が高い木綿豆腐を選べば良いでしょう。おかずやレシピによって変えても良いかもしれません。

ここで注意するのは、一日一食だけ主食を豆腐にするという事。

早くダイエット効果を期待して三食とも豆腐ダイエットにするのは、栄養も偏り、代謝も悪く、かえってダイエットしにくい体になりますし、長続きしません。一日一食ルールを守りましょう。

豆腐ダイエットが効果的な理由

豆腐ダイエットが効果的と言われている理由は、まず、摂取カロリーを抑えられるからです。

ご飯一杯分だと270kcalのところが、豆腐半丁では100kcalで、約3分の1に摂取カロリーを抑えられます。さらに、糖質も大幅にカットできるのがポイント。

次に、主成分である大豆レシチンやビタミンB群などの働きにより脂肪を減らすことができるということも理由の一つです。

そして豆腐は、植物性たんぱく質を多く含んでいるので、脂肪が付きにくく筋肉をつくり、代謝を高めます。

さらに大豆オリゴ糖が、腸内環境も良くし、便秘も防ぎ、痩せやすい体にしてくれるのです。

これだけダイエットに優れた効果を生む豆腐なので、豆腐ダイエットで実際に痩せた人も多くいます。

これをすると豆腐ダイエットに失敗するNGポイント

いくら主食を豆腐に替えたからといって、おかずの量を増やしたり、糖分や脂分の多い料理にしてはいけません。ちゃんとダイエットに適したメニューにしましょう。

また、糖質や脂質の少ないレシピにすることもポイント。先にも述べましたが、豆腐ダイエットは、一日一食です。

豆腐ダイエットを成功させるためのポイント

豆腐ダイエットを成功させるためのポイントは、一日一食で夕食時の主食を豆腐に替え、おかずもダイエットに適したメニューにし、適度な運動もすることです。

摂取カロリーは抑えて代謝を上げ、脂肪を燃やすことで痩せやすい体をつくりましょう。

ダイエットは、とにかく続けることが一番大切です。1日、2日でやめてしまっては、元の体に戻るというより、リバウンドの可能性があります。

自分で続けられるよう、おかずやレシピに工夫して、飽きが来ないようにしましょう。

ちなみに、豆腐は美容にも良く、美肌効果や髪のツヤ・ハリ、バストアップにも効果があるので、豆腐ダイエットはとてもおすすめです。

記事の著者

ダイエットの悩みをもっと見る